北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

今月に入り建物が解体され、更地に。
すっかり面影も無くなってしまいました💦
IMG_0765[1]
IMG_0766[1]

ちなみに解体以前
20210706_31IP
建物は雨漏りやら、限界に来ていたとは思いますが。
さて跡地がどうなることやら。。。

うーん💦💦💦

菊花賞の時点で、有馬はこれしかない、全額単勝で、とタカ括っていたら・・・あらら、タイトルホルダーが大外になってる。これねー、馬の力信じたいけど、過去データ↓(2019年の再掲)6、7から、ほぼ目がなくなったと言ってよい。応援で少しだけは買うけれど、正直、予想する気力もないw
一応、過去データの再掲と、展望を記載します。

今年のこれまでのGⅠ内容から、3歳世代のレベルが高い
(エフフォーリア、タイトルホルダー、アサマノイタズラ、ステラヴェローチェ)
点も考慮に入れる必要があるだろう。ただし、エフフォーリアのレースを観ていて、ダービー2400mはギリギリ、小回り2500mの中山は微妙に距離が長い気がする。菊花賞を回避して天皇賞(秋)に向かったことからも本来は2000~2200mまでじゃないかと思う。
鞍上、横山典弘・和生・武史の親子兄弟対決も見もの。横山武は昨日の中山でゴール前気を抜いて来春早々騎乗停止が決まっている。そう、この親子、一発あるけど、ムラがあるんよね💦

(過去データからの展望)
1・これはオグリキャップの昔から変わってない(偶にオルフェーブルみたいな例外があるが、例外には例外たる理由がある)JCで激走した馬は余力がなくいかに余力があるかを見極。また、12月に出走した馬は割り引くが、勝った上に強い内容、目 一杯元気というコメントあれば注意。後は「夏競馬に出走」、「すでに秋3走」は割引
今年のJC組は着外、二桁着順ばなりなので疲れは気にしない。秋3走はモズベッロだがすべて二桁着順凡走なので、余力はあるか?また奇しくも1枠2頭が12月出走、福島記念勝ちのパンサラッサが好枠引いて前残り可能性あるので、抑え。

2・過去33年で菊花賞を勝った33頭中17頭が有馬記念へ。直行組は16頭(有馬記念で6勝・2着2回・3着2回・着外6回)。その6勝のメンバーは、ゴールドシップ、オルフェーブル、マンハッタンカフェ、マヤノトップガン、ナリタブライアン、サトノダイヤモンド。1番人気で菊花賞を勝った馬6頭の有馬記念成績は4勝2着2回3着以下なし(!)また5頭が菊で3人気番以内。有馬記念ではマヤノトップガン(6番人気)以外は5頭が3番人気以内。かなり相性は良い。
→菊花賞4番人気ながら圧勝、皐月賞2着のタイトルホルダー・・・なんだけどなぁ💦

3・年内未勝利は連対少ない(休養明け初戦除く)
→△モズベッロ、ペルシアンナイト、シャドウディーヴァ、キセキが該当

4・3歳4勝、4歳以上は5勝していることを一応の目安。
→微妙だけど、まあ、アサマノイタズラ以外はレース内容からクリアと見る

5・G1勝ち経験があれば前走着順にあまりこだわらない。今の状態で判断。忘れられた実績馬の激走注意。
→キセキが該当するが、馬齢からもう無理なような。

6・過去33年、馬番5と16の優勝がない。5は2着3着あるが、16に至っては4着が最高。ちなみに、1勝しかない馬番は、12,14,15。12は2着なく3着4回。14は1-1-3。15はイナリワンが勝っただけで、後は2018年のシュヴァルグランが3着に入ったのみ。逆にラッキーナンバーは4番と6番。
→△5ディープボンド(連あり) 14アサマノイタズラ 15キセキ
→✕
16タイトルホルダー(着外?) 

7・関連するが一般的に中山2500mは内枠有利。小回りでコーナー6つ通過。外に入った先行馬は不利。
→✕タイトルホルダー   

8・6歳以上は大幅割引(ただし1・3に該当すれば再考)。中心は3歳~5歳。天皇賞(秋)では、古馬の壁が厚く、ほぼ無視して良い3歳馬(菊花賞を回避、もしくは出走できず天皇賞へ向かった馬)だが、有馬記念では逆転例が目につく。
→✕ペルシアンナイト、ユーキャンスマイル、キセキ

結論) ※最終的にはパドック気配と馬体重で判断
◎エフフォーリア   正直、2500mは微妙とみているが強い3歳世代の勢いで僅かの差で。
〇クロノジェネシス  ◎でも良い。中山巧者。臨戦過程が微妙だが宝塚連覇同様、有馬も。 
▲タイトルホルダー  馬番16以外は状態も距離も臨戦過程も文句ない。ココロの◎
△パンサラッサ    内側好枠、逃げ先行で粘り込み。調子も良さそう。連下の筆頭
✕ステラヴェローチェ 追い込みなので勝ち身に遅いのが気になるが、力とキレがある。
✕アリストテレス   減点材料が少なくて残った感じ。距離に問題がないのが強み 

(結果)
エフフォーリア(1着) なんとか粘りましたね。距離はこれがギリギリなんでしょう。
クロノジェネシス(3着)本調子でなかったと思うのですが中山得意と地力で 
タイトルホルダー(5着)控える競馬はよくないのかな~。直線で伸びなかったのと馬番16は鬼門
パンサラッサ(13着) 4角まで先頭、粘れなかったですね。相手が強かったか。。。
ステラヴェローチェ(4着)クロノジェネシスと伸びてきたけど及ばず
アリストテレス(6着)道中15番手から追い込むも、届かず

終わってみれば、6着以内に予想5頭。言い訳ですが(笑)2着、ディープボンドを新聞には印付けてたのに、7番手評価だったので ここに書いてなくて。すみません、エフフォーリアとの連、抑えてました。当たったけど赤字。負け覚悟でタイトルホルダーに入れたので💦天皇賞春2着、阪神大賞典勝ち、秋は海外のフォア賞勝ちと春秋GⅡ2勝してたのに、人気がなかったですね。有馬記念は内枠の人気薄に目が行きますが、実力馬をちゃんとみてないといけないですね、

ロクに本旨である「食べもの」をサボって単純なSNSに流れている昨今。。。
思い出したので、競馬。明日は仕事で買えない(苦笑)し、じっくりと馬柱みる時間もない。でもね、実のところ先週の菊花賞も終了間際に思い出し、予習もせぬまま本馬場入場の画面見ながら買ったら単が当たったという。うれしいけど、こうして予想するのが虚しい(爆)

<難解ですね・・・>
面倒なので予想のファクターは二年前の投稿を引っ張ってきました。
1.東京2000mは今も外枠(7・8枠)不利。11番から外
 (あのメジロマックイーンが7枠13番から大斜行して1着⇒15着に降着したのも。ただし、この時は7枠14番のカリブソングは2着に。馬場が悪くて有利だったのか隣が斜行走りやすかったのかな?笑)
2.1600m~2000mの重賞で好走実績があること。特に2000mスペシャリストに注意。
3.前走、毎日王冠で1着。または1着から0.6秒以内で好走
4.東京の直線は長い。長くいい脚が使えるタイプの脚質
 目安は過去の前半3Fと上り3Fの通過タイム・・・差がないような同じような淀みないペースのレースでも対応し、乱ペースでも自在性があること。勿論、上り3Fだけの一瞬の切れ味が活きるタイプも展開になれば良いけれど・・・
5.左回りの好走実績。もちろん東京、さらに2000mであればよりベスト。

で、適当に見てみると。
まず、上記にかなり該当することで人気が予想された、カレンブーケドールが見事に外になったのでバッサリ除外。いくら強いと言われる今年の3歳馬でも古馬の壁は厚いとみて東京得意のエフフォーリアは連下まで。来年だったらねぇ。。。世情的にはコントレイルとグランアレグリアの一騎打ちムード。前者は4月の大阪杯GⅠ・3着以来、久々の競馬(前走の3着は重馬場がネックだったという話だが)。後者は、6月以来だが、なにかの手術をしたとか。どちらも、減点材料があるが、好走例のある1600mでかなりに強い後者か。
しかーし、明日の東京競馬場の天気予報は、午後から雨。雨の状況次第では、両馬とも裏切るシーンも(グランアレグリアも大阪杯で4着だが重馬場GⅠ高松宮杯2着の実績あり)。馬場状態に注意かな。乾燥した馬場が、容易く荒れるほどの雨になるのか?重馬場で2着内と好走した馬は、グランの他はカレンブーケドール、モズベッロ、ユーキャンスマイル、サンレイポケットだが、人気と枠から買えそうな感じがない。馬場が荒れそうなら、かつて臨戦過程では王道であった、毎日王冠GⅡ・3着のポタジェが何かやってくれないかな。なにせ2000m成績4-4-1-0のスペシャリスト。戦った相手が強くないし、重賞未勝利ではるが、ガチガチで決まったら面白くないし、参加で5枚くらい単勝買ってみるかなw酷暑が急に晩秋になったし、温かいポタージュ(ポタジェ)スープでも・・・お粗末www

3頭) グランアレグリア コントレイル ポタジェ

結果)はい、↑蛍光マーカーの部分に集約されます。やはり今年の3歳は強いですね。
   菊に続いて横山武の2週連続勝ち・・・
   でもエフフォーリアが有馬記念、となると、距離がねぇ。
   3歳ならば菊花賞からのタイトルホルダーなのかな。鞍上はどうなる?

↑このページのトップヘ