北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

新年のご挨拶も、まだですが。

ここんとこ、ブログに多数のアクセスがあり。
原因は、今日、開店らしい?あの店だと思うけど💦
日本語は難しいですね💦
とある飲食グループの支援する新店舗が開店、なのかな。そのグループに、正式な権利関係の譲渡はあったとしても、です(個人の見解です)
他の記事にあるように、ワタシの中では既に終わった話であり、興味もなく、当面、行く予定もないので、特に情報はありません。
せっかくブログに来ていただいたのにゴメンナサイm(_ _)m

ただ、残念でならないのは。
クラウドファンディングもされたようですが、そのページにあるメニュー写真の中に、見覚えのある画像が↓(同じことをしたくないので、元画像の方を載せますw)
このブログから写真を使用されているようですが、使用の申し入れがあったわけではなく、そこには悲しいというか怒りを禁じえません。
ある意味、このブログの数少ない読者のひとり?コメントくれた方の中に居たりして?まあ、良いのですが、マナーは守って欲しいですね。
対応をどうするかは、考えてみたい気持ちはありますが、ヒマはないかな💦
今回の画像だけでなく、以前にも、別の某ネット配信業者が、そこの取材ではなく、ここの内容をまるパクりしたと思われる文面を見たこともあります。プロならご自分で調べましょう。

ひとこと。
本ブログの画像や記事については、著作権で保護されています。無断での使用や転載は禁止します。
なお、記事まるごとのシェア・リンク貼りについては妨げるものではありませんが、出典を明記していただくとか、せめて、ご連絡はいただきたいものです。
20191105_03IP

天皇賞秋の反省と東京食べ歩きをUPできないまま年末を迎えました💦有馬記念です。
写真は天皇賞秋、残り200mのイクイノックス(さらに前にパンサラッサ居ます💦)
20221030_99CN
当初の読みは、ディープボンド本命、穴はワールドカップの年=優勝した「アルゼンチン」共和国杯を勝ったブレークアップをいわゆるサイン馬券wでとか思っていて、枠順見て「・・・」。二頭とも大外枠に入っている!どちらかと言えば先行脚質だし、これはアカンと。
雪で関西馬の多くが足止め食らって輸送が遅れたとの報道も。ジェラルディーナとボッケリーニは難を逃れたらしいが。アラさがしをしてたら、満点の馬が居ない💦押し出されたのは2頭+パドック気配や馬体重で取捨したい5頭は最終判断で。

例年書いてる<過去の傾向>から
・JC組。ほぼ当時の世界レコードでJCを走ったオグリキャップの頃から変わってない(偶にオルフェーブルみたいな例外があるが、例外には例外たる理由がある)JCで1着など「激走」した馬は、捨ててよさそう。あとは余力があるのか?を見極める。
→×1着ヴェラズール △17着ボッケリーニ
・12月に出走した馬は割り引くが、勝った上に強い内容、目一杯元気というコメントあれば注意(ダイユウサク→当時、単勝130倍。予想で◎にしたのに2着のメジロマックイーンを連から外した💦)→該当なし
・「夏競馬に出走」、「すでに秋3走」は割引。
→小倉記念等、ずっと走っている牝馬・ジェラルディーナ△ 
・過去34年で菊花賞を勝った34頭中18頭が有馬記念へ。直行組は17頭(有馬記念で6勝・2着2回・3着2回・着外7回)。その6勝のメンバーは、ゴールドシップ、オルフェーブル、マンハッタンカフェ、マヤノトップガン、ナリタブライアン、サトノダイヤモンド。「1番人気」で菊花賞を勝った馬6頭の有馬記念成績は4勝2着2回3着以下なし(!)また菊を勝った5頭が3番人気以内だった。その後の有馬記念ではマヤノトップガン(6番人気)以外は5頭が3番人気以内。かなり相性は良い。昨年のタイトルホルダーは魔の馬番16に泣いたか。
→今年の勝ち馬アスクビクターモアは回避。2着ボルドグフーシュと3着ジャスティンパレスをどう見るかな・・・
・「年内未勝利」は連対少ない=休養明けで有馬が年内初戦、を除く
△→アカイイト、アリストテレス、エフフォーリア(ただし、昨年の有馬優勝)、ラストドラフトが該当
・3歳4勝、4歳以上は5勝していることを一応の目安。
△→今年の3歳馬はすべて3勝💦ボルドグフーシュ、イクイノックス、ジャスティンパレス
4歳以上ではアリストテレス、ウインマイティー、ラストドラフトが該当
・G1勝ち経験があれば前走着順にあまりこだわらない。今の状態で判断。忘れられた実績馬の激走注意。
〇→エフフォーリア(昨年有馬)、ポタジェ(今年の大阪杯)
・過去34年、馬番5と16の優勝がない。5は2着4回あるが、16に至っては4着が最高。ちなみに、1勝しかない馬番は、12,14,15。12は2着なく3着4回。14は1-1-3。15はイナリワンが勝っただけで、後は2018年のシュヴァルグランが3着に入ったのみ。逆にラッキーナンバーは4番と6番。
一般的に中山2500mは内枠有利。小回りでコーナー6つ通過。外に入った先行馬は不利。
→〇4アリストテレス 6ヴェラズール
→△5ジェラルディーナ(昨年のディープボンドのように連はあるので注意)12ポタジェ(複勝) 14ボッケリーニ(連・複勝) 15ブレークアップ(複勝)
→×16ディープボンド
・6歳以上は大幅割引(ただし1・3に該当すれば再考)。中心は3歳~5歳。天皇賞(秋)では、古馬の壁が厚く、あまり重視してない3歳馬(菊花賞を回避、もしくは出走できず天皇賞へ向かった馬)だが、近年、有馬記念では逆転例が目につく。斤量も2キロ有利
→〇イクイノックス ×ラストドラフト ボッケリーニ
・4番人気が激走し優勝 過去オグリキャップ、トウカイテイオー、マーベラスサンデー、グラスワンダー、ジェンティルドンナ
・引退(ラストラン)のワードに注意

予想
◎タイトルホルダー 減点材料が少ない。ちょっと外目に入ったが、昨年よりマシ。凱旋門賞の大敗は少し気になるがそもそも馬場が違う上に不良馬場。今年は単騎でのマイペース逃げを打てるし、現役最強を証明?
〇イクイノックス 天皇賞(秋)の末脚はすごかったし、そこからさらに成長充実しているとか。直線の短い中山での立ち回りがどうかな。斤量有利だけど東京向きの感あり。
×ボルドグフーシュ 雪の足止め影響なければ。福永騎手の引退レース。
×ジェラルディーナ 良血でタフな牝馬も、そろそろ疲れが心配だが・・・
×エフフォーリア 事前情報では太め、と。馬体重とパドック気配、4番人気になれば要注意。
×ジャスティンパレス  雪の足止め影響注意だが、実績は同じ菊花賞組のボルドより上。
×ポタジェ 大穴3着候補。3連複等は注意。

IMG20221029123901
実は、昨日から現地です。初の開催日での東京競馬場訪問。広さやスタンドのデカさに圧倒されました。今日はお客が多いだろうけど、昨日はのんびりと楽しめました。
IMG20221029124644
IMG20221029124647
IMG20221029125606
IMG20221029123437
こっそりとw秋華賞・菊花賞と単勝を当てましたが、今回のこのレース、まだ迷ってます。
予想ファクターはこれまでと同じ

さて、気になるのは、すでに公表されている調教後馬体重。
長距離輸送のある関西馬に比べ(輸送減あり)、美浦所属の有力馬の馬体重が結構な太目残りなのが気になる。レース前の馬体重に要注意ということを踏まえたうえで仮の予想とご理解いただきたい。
◎シャフリヤール 
◎ジャックドール
ここは決めかねている。昨年のダービー馬で、今年はドバイでのGⅠを勝っているシャフリヤールは、6月以来の競馬で、ここよりも次のジャパンカップ狙いとの噂もあり、馬体重とパドックに注目。ジャックドールは2000m専門で得意としている。2000m(7-2-0-2)の距離実績、東京も82勝。8月の札幌記念勝ち以来の出走で間隔が開いている。これもパドックと馬体重に注意。
▲イクイノックス 逆転候補。ダービー以来の競馬。体質が弱いのが気になるが、仕上がっているだろう。今日の馬体重が気になる。
△マリアエレーナ 大穴。夏の小倉記念の勝ちっぷりと距離実績、内枠を引いたことで好勝負と見た。これも馬体重注意。
×ポタジェ 距離実績と、最近はサッパリだが毎日王冠組で着差0,5秒で走ったことで。
×パンサラッサ マイペースで逃げれたら距離実績がモノを言う。ただ、昨日の東京2000mを見る限り必ずしも前が有利とは言えないが。

さてどうなりますやら。
IMG20221029132204
結果編は大量の写真もあるので別稿にて。。。

↑このページのトップヘ