北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

051119_115702 砂津のバス営業所(旧電車通り)と国道3号線という動脈路線からチョット入り込んだわかりにくいところにある穴場的なお店・・・というか、実は結構有名ということを知ったのはここ数年。存在は十数年以上前から知っていて一時期、毎日チャリで店の前を通っていたが、もう少し早くに訪れてればと、口惜しい(笑)かやくうどんが主流で、味の方も、小倉・魚町の老舗「はるや」に良く似ているとは思っていたが・・・くーぱーさんの情報で、自分でも確認したが、「はるや」に似ているのではなく、今の「神田うどん」が、昔魚町で「はるや」をやっていたらしい。その店舗は譲って、今は砂津で「神田うどん」と、製麺業(鍛治町のラーメン店「太陽軒」等に卸している)をやっているそうだ。ウチの母親は、その大昔(笑)「はるや」は室町にあった・・・と言っている。なんらかの関係があるみたいだが詳細はわからない。

今日は子供と行った。ここの甘辛い出汁には、そばが合うと思うのは、母親譲りかも(笑)で、久しぶりだったので迷わず「そば」、子供は1杯は多すぎるので「大盛」。小さめの器ながら、麺の量はさすが大盛。珍しく子供の食べが悪くて、おかげでしっかり食べた。普段は、はるや同様、定番の「普通」+「いなり」だが、やはり後者の方が食べ飽きないような気がする。子供の世話しながらで、少しのびてしまったのもあるが(笑)「はるや」のかやく一本とは違い、丸天をはじめメニューが多く、だいたいのものは食べてみたが、やはりここは「かやく」かなあ。変り種は、「和風チャンポン」だが、これはまた別の機会に・・・支払い時に、子供には、いつも煎餅など頂く。子供にやさしくあたたかい。そんなに混雑しないので、親もゆっくりできるのが何より。

神田うどん かやくそば大盛 480円

<データ>北九州市小倉北区砂津1-10-15 (西鉄バス砂津営業所ウラ・奈良崎産科近く) /定休・水曜 /P・約3台 <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Aランク(↓) /訪問履歴・B /子供連れ◎(座敷)

051119_124701 言わずと知れた小倉名物。平和会館のそれと同じく、料理を出す店舗は撤退してしまったが点心のテイクアウトは健在。いつもは馬借の本店工場の店頭で蒸したものを買って、そのまま車の中でかぶりつくことが多いのだが、もともと、魚町のSABOビルで営業していたお店。今日はその1階にある売店に行ってみた。12時少し前だったが、蒸した豚まんはまだ用意されていなかった。店員のおすすめに従い、「蒸す前」の饅頭を買って帰ることした。

といっても蒸すのは面倒だから、電子レンジを使うことにする。豚まんがちょうど入り絞りがあって底には着かないくらいの器(陶器の味噌汁お椀等)を用意し、ほんの少し水を入れる。豚まんを入れ、濡れ手で少し表面にも水分を振り、ラップをして600Wレンジで加熱(2個で2分半程度)してみた。蒸すほどではないけれど、なかなかの出来栄え。ここの豚まんの特長である、かぶりつくと肉汁が溢れジューシーさは体験できる(ただし店頭で買ってすぐ食べる時のようなヤケドするような熱さはないけど)。ここと同じくらい好きな大阪の「551の蓬莱」とは違い、皮に甘味はあまりないが、具の玉ねぎの甘さがなんとも言えない。な~んだ、蒸したものを持って帰って暖めなおすより、よっぽど旨いじゃないか~と当たり前のことに気がつく(笑)

揚子江の豚まん SABOビル売店  豚まん 180円

<データ>北九州市小倉北区魚町・旧電車通り沿い  <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・「殿堂」 /訪問履歴・A(本店工場含め)

051119_012801 小倉で飲んだ後の食事処として有名なお店のひとつで老舗。ところが、よく話は聞くし、お店の場所も知っているのに、いままで未体験だった。自分の飲み仲間で、宴会後にカレーを食べようという人間がいなかった、というのもあるけれど。うどんを食べた後であったけど、ブログ開設記念と納得させて、思い切って突入した(笑)なかなか歴史を感じさせるような店内である。芸能人のサインなんかも貼ってある。意外だったのはてっきりカレーのお店と思い込んでいたが、どうも台湾料理のお店らしい(アセ)

カレーは、辛さで何段階かに分かれている。標準が3倍、マイルド1。他のお客さんと店員(マスター?)の話を聞いていると、5倍が良く出て、8倍も今からの季節人気だとか。最高は32倍くらいだったかな・・・激辛という噂を聞いていたので恐る恐る(笑)「標準」を注文した。煮込まれてソースだけのタイプ。時折ピリッと引き締めるような辛さを感じるが全体的にそれほどではない。玉子焼きが乗っかっているので一緒に食べると結構マイルド。う~ん、これなら5でも8でも良かったかなあ。ご飯はカナリ固め・・・というか「芯」を感じたんだけど、酔っているのでよく覚えていないっす(笑)これはいずれ再食せねば・・・


天竺 カレー(名称は「天竺飯」との情報あり^^;) 辛さ標準=3倍   620円

<データ>北九州市小倉北区紺屋町5-16(紺屋町のメイン通り沿い・花屋とたこ焼き北九堂の間) /定休・日? <メモ> 今回・B’(なかなか) /リピート・Cランク /訪問履歴・1回目 

↑このページのトップヘ