(10月28日)
食事の後は、平尾台へ一走り。走行の様子はこの日最初の記事に掲載。
まずはケパサさんの案内で広谷湿原へ。
こーんなとこあるなんていままで全然知らなかった。なんか、浮世離れした景色。
さらに自然歩道を奥にすすみ、今度は窪地を降りていく(どうもドリーネらしい)
その底辺には小さいながらも存在感のある不動滝があり、修験道の道場ってのは
頷ける。その袂には田代の岩屋という洞窟があり、青龍窟に続いているとか。
都市の近くにこんな景色が・・・
さて、その後はトンマニさんの先導で登山となる。貫山って某高校では登山行事が
あるらしくて曽根側から登るものという印象だったが、そのウラが平尾台であり、
そこから登るとは正直しらなかった。結構な勾配を息も絶え絶え登って頂上へ。
小倉から行橋、いやその先までを一望でき海も見える。メモリアルクロスから小文
字山へは何度か登っていて、そこは八幡から門司下関まで見渡せるのだが、こちら
の方が高さもあり、いい眺めである。いい経験をさせていただいた。