さらに(笑)今度はいい感じで黄昏てる赤坂門市場の「ふきや」へ。
ここの全盛は、それこそニューオータニ近くにあった清川名天街で「ふきや」をされてたご夫婦がこちらに移転された頃。その後がいまひとつだったが・・ある時、ふらり寄ってみたら、なかなかいい感じで。その後はたま~に利用している。

お好み焼きに目が行くけど、やはり焼きそば(500円)を。

ふきやは、鉄板で豚肉、ゲソを炒めて麺を載せ、ラードをかけ、ほぐしながら軽く炒めて、大量のキャベツもやしを載せ、独特のソースで仕上げて行く・・・のではなく、まず、麺をラードでしっかり炒めだした。
なるほど。仕上がりはスルスル、ツルツルって食べることができる、ライトな感じ。

が、かつての「ふきや」の、少し野菜の水分で蒸れ、ソースが染み込んだ感じではなく、タメにソースのカドが立ったような塩辛いような・・・

もっとも2時間半たらずで4軒目。
悪いのはボク?(笑)