職場で珍しくラーメンの話題。
 
テレビ見たようで。「豆ごはん」ってヤツ。
「圭順」でてたからねー。
 
その時点で、私は観てなかった(録画してたけど)
 
言われたのが「すごくコッテリなんでしょう?」と。
「?」
 
放送2日後に拝見しました。
ハッキリ申しまして、ツッコミ満載でしたね。
 
まず、「港町情熱・・・」と謳っていたが、門司港は一切、出てない。
大里も、港はあるけど、ちょいとイメージ違うし。最初の海辺のロケは間違いなく
門司港の岸壁。
 
MCの「もじ」のイントネーションが、変(笑)
 
さて、その「圭順」
いきなり「魅惑のギドギドラーメン」と、MC (苦笑)
 
ああ、これね。この印象と、髄がしっかり入った釜の画像で、見た人は勘違いしたのね。
番組中、レポーターが、後味スッキリ感を言ってたけど、知らない人にはイメージ、植付
けちゃった感じ。
このスッキリ感は使ってる材料に起因してるんだけどね。
多くの、北九州老舗系ラーメンがそうであるように。東洋軒もしかり。
 
取材後に食べに行って、大将から、だいたいの話は聞いていたけど、ディレクターの
直撃と、何回か足を運んでくれた「情熱」に負けたらしいけれど、編集が、ねぇ。
 
その後の、「大勝」の方が、ギドギドのイメージに近いんじゃないの?材料的にも。
私は、合わないけど(笑)先代の時とは別物と思ってるし。
 
「楊楊」は気になってたけど、普通に中華を食べに行きたいなぁ。しばらくは、多いのかな。
 
この記事、一般公開しようかとも思ったけど、とりあえずファン限定で→公開しました。