似て非なる、2店の「特製ラーメン」
 
まずは1店目(先週の土曜日)
 
c9cbb023.jpg


274d7226.jpg


7b3b69b4.jpg

 
力ラーメン  特製ラーメン780円
 
今も昼と夜の値段が違うのかどうか、近年は、全く昼間に行かないので不明だが。いや、夜も
超久しぶり。何年ぶりだろう・・・
普通ラーメンは、15年から25年前の期間、職場が近かった時代。もっぱら昼間。月2食以上だか
ら軽く200杯以上は食べてると思う。
かつては本業であった米店が隣にあったり、一時期はうどん店も経営してた、頃の話。冷夏で、
米不足になって輸入米を緊急輸入してた年から、そう経たない内に米屋を廃業してラーメン店が
拡張された記憶がある。しかし、その頃でも、「特製」は、ほんの1,2回しか食べた記憶が無い。
 
本題。巷に、あの偉大なお店と似ているなんて話があったけど、普通ラーメンすら全く違うのだか
ら、やはりというか、全く別物という感想。ニンニクと蜂蜜入り?というパターンは同じかもしれない
が、こちらは、どちらかというと熊本ラーメンのような揚げニンニク系の風味がある。あと、全体的
に脂っこいかな。麺は若干のちじれが入った、ややもっちり系。足しげく通っていた頃の麺とは、
少し印象が違うのだけど、気のせいかな。今年に入って、ワリと下関麺を食べているから、以前
ほど違和感はないのだけど、小倉ではあまりお目にかかれないタイプの麺。
 
さて、数日後(の、今日)
 
2257309f.jpg


b85ff42d.jpg


cdde0124.jpg

 
特製ラーメン 730円
 
この1年は、月3回以上のペースで食べていたのだが、直近に限れば、ここ3ヶ月ぐらい、食べていな
かったので、久しぶり。
大将は椅子に座りっぱなしで女将さんの作成。
女将さんが作る時は塩加減が外れたことが無かったのだが、一目見て、その印象通り。今日は久々
に塩辛いラーメンだった。塩加減は「懐かしい」感じ。というのも、昨年あたりから、塩加減に関しては
「はずれ」がなくなっていた。
ただねー、それと同時に、ワイルドさや、肝心の旨みすらだんだん薄れていった。
以前はお客や替玉時に変えていた麺の配合も、最近はブレンドしているのを見たことが無い。
高齢だからねー。仕込みも大変かと思う。
食べなくなったのは、良いときの「みんず」の再現は、たぶん、もう無理なんだろうな、と感じてきた
から。食べる度に、どんどん、薄くなってきて、春先に、ふと、良い時のイメージを壊したくない、と思っ
てしまって。
でもねー、この近辺を歩くと。やっぱり「みんず」が気になる。また、食べに来よう。
 
あ、肝心の比較だけど(笑)今日のは塩加減が強くて、あまり参考にならないが、少なくとも、これまで
の印象通り、揚げニンニクの香りではなく、心地よいニンニクの香りがするラーメン。脂分は、スープの
薄さに比例して、ずいぶん少なくなった感じ。ただね、チャーシューは肉質、食感、塩加減とも抜群に
良かった。
 
私の感想は「別物」
あくまで、個人的感想につき、この2店の繋がりとか「真相」は不明です。
 
追伸) そーいや、みんずの定休日って、意味ないかも。一応、店内に貼紙はあるけれど、
    その「曜日」に普通に開いていて食べたことが3度ほどあるが(笑) 
追伸の追伸)その後、力ラーメンの親戚の方と職場が同じになるという幸運?で。
    門司のみんずに習いに行ったそうですが、独自色を出しているそうなので、
    別物というのは正しい感覚と思います。