少年自然の家周辺で、ウォーキングトレーニングの後、昼食。
結構な評判のお店なのに、八幡時代含め初訪麺。
 
270a4e27.jpg

 
駐車場が一杯とかお昼と夕方の営業時間の狭間とかで、4回目にしてようやく入れた。
というか、開店が11時からではなく、11時半だったので、15分ほど待った。開店時には7組の
お客が待つ状態。事前にメニューを配られて注文を済ませる。
 
bca73041.jpg

 
なかなか足が向かなかったのは、理由が2つある。1つ目は八幡西区にあったこと。あそこまで
行けば「満月」とか「うどん屋まさ」とかのお気に入り店があるわけで、どうしてもそちらに行って
しまうから。2つ目は、メニューのわかりにくさ(種類の多さ)。このお店のデフォって一体何?
みたいな。じっくり見てみたら、豚骨のみ1系統と、魚介と豚骨のブレンド具合で3系統。
あとはトッピングの違いのようなので、濃そうな豚骨のみは対象から外し、豚6魚4ぐらい?
の「魚介豚骨赤マー油」煮玉子トッピングと、豚3魚7ぐらい?の「魚介豚骨」を注文。玉子は後で
息子とシェアした。
 
「魚介豚骨赤マー油」煮玉子トッピング  770円
 
d66245e1.jpg

 

 
魚介の風味と言うのか、あまり強くも無く、トンコツの濃さもコレぐらいが食べやすい。これ以上
豚骨が多い2種は、自分的には濃すぎるだろう。この選択は良かったのだが、マー油は無くても
いいような気がする。 
 
息子の「魚介豚骨」 660円
 
f5516a13.jpg

 
レンゲで一口、啜ると、ふわっと口の中に出汁が広がる。鰹だろうか鯖だろうか?豚骨は完全に
脇役であり、とても食べやすい。 豚骨ラーメンとしてのこだわりがある方は、違和感があるかもし
れないと思うほどに出汁が強い。実際、自分もこれって途中で飽きるかもしれない、と思ったのだ
がスープまで完食した息子が美味しかったといっていた。息子がスープまですべて完食するのは
珍しいのだが。
 
チャーシューは軟らかくよく煮込まれて、炭火で炙っているためか、脂身多めの部位なのに、脂っ
こくなくて良かった(ただし、チャーシュー麺は個人的にはちょっと無理)。
煮玉子のトロトロ加減も、すごくいい。
全体的に値段は高めで、仕事でよくこの周辺に行っていた2年前なら兎も角、場所的にも頻繁に、
という訳にはいかないけど、また寄ってみたい。
 
北九州市小倉南区長行2-3-8 /不定休 /P・あり