この近辺に春先からしばらくの間、用事があり、こちらには短期間で3度ほど出かけた。その前が
ずいぶん開いていたが、ついでがあるときに偶に訪れていた。「用事」はなくなったが、先日、急に
思い立って約2ヶ月振りの訪問。
 
2ea0c3de.jpg

 
店舗写真は、前々回4月訪問時撮影。今は「冷麺」の幟が立っています。
 
91d54d42.jpg

 
メニュー。4月以降も、このお値段というのは、ありがたい。
ここんとこ、こちらでは、もっぱらワンタンメン(600円)なので、先日もヤッパリワンタンメン。
 
ad288616.jpg

 

  

 
この日は、ご主人(2代目)がお一人でした。夕方であるからか、これまでの中では一番濃いスープ。
濃いと言っても、恐らくは北九州イニシエ系の定番、鶏ガラも少なからず入っているから、見た目ほど、
くどくもなく、キレもあり、たとえ毎日食べても飽きない味かと思う。一部にあるような、決して脂コテコ
テではない。むしろ、ここんとこすべてがあっさり目で、スープ単体の出来は良くても多加水?細めの
ツルツル麺との一体感がイマイチで、とても惜しいと感じていたところで。やわ麺オーダーしてみよう
かとも思っていただけに、デフォで満足な1杯。やや塩分強めだけど、全くの許容範囲。
以前、本館の方で書いた7年前(http://beyan.tea-nifty.com/log/2007/07/post_c7d1.html
より、いい味出してる感じ。付近の用事は、なくなってしまったけど、また来たいなぁ、と。
 
北九州市八幡東区春の町5-8-3 /定休・日曜と連休の祝祭日
営)11:30-22:30

後記)
前々回訪れた時に奥さんから「テレビをご覧になられたのですか?」と聞かれたが、その件は知りま
せんが、何回か来たことがありますよ。と答え、以前使っていた小倉時代の電話番号が載った「丼」
のことを尋ねてみました。古くなってしまい、更新したとのこと。まあ、そうだよね。小倉営業は、かなり
前のことでしょうし(汗)。ちなみに場所は現・小倉駅前であり、室町ではありません。
同行した我が母も交えて話し込んだが、今のご主人は2代目で、先代はお父さん。先代が小倉で店を
されていた時に、別の仕事をされていた先代の弟さんが習って、その後独立開店したのが三萩野(黄
金町)の東洋軒。つまり、今の店主とは、叔父・甥という関係。
 
ずいぶん前に東洋軒のご主人に伺った話の「裏」をようやく取った形(笑)