先に、食べ物の方を書きましたが(苦笑)
 
目的は「ピークらしい秋の久住を満喫したい」「が、娘が足の故障から完治していない」
「せっかくだから温泉も入りたい」「他の方がレポしてないような食事を(笑・アップ済み)」
 
2014年10月27日。
気候と季節が良いのに子どもが、それぞれ、土曜、日曜と学校行事で通常の出校。
レジャーに行けない。そして、月曜に代休となり。それではと、私も、無理矢理休んで・・・
平日でも、そこそこ混み合うらしいが、そこは土日に行くよりはいいかな、と。
嫁は仕事(汗)
 
この日で良かったです。もう、そろそろ、紅葉も終わり、初氷、初雪の頼りも聞こえてくる
ころでしょう・・・・
 
我が家、普通なら、登山は全く平気なのですが、娘の足のことがあるので、今回は負担が
少ない、ハイキングコースで検討です。
 
事前に「長者原ビジターセンター」 http://kyushu.env.go.jp/nature/tyojyabaru/
     「法華院温泉山荘」 http://hokkein.co.jp/
         「親子で楽しむ山登り 登山おすすめコース」 http://www.jac.or.jp/oyako/index.html
     「九重登山のページ」 http://www005.upp.so-net.ne.jp/firth/outdoorspot.htm
    以前、長者原ビジターセンターや久住・牧ノ戸峠売店で買った地図
 
それに、職場の経験者の話。総合すると「平坦なハイキングでは決してなくて、岩場もあるが、
いくつか登山を経験していれば、難しいコースではない」・・・ということ。
我が家は、地元「足立・小文字」「福智山」を何度も経験しているので、決行することに。
 
気候も良いし、難しくないと言っても、そこは標高1000m越えの高地。最低限の準備は必要
です。
非常食(固形)、途中のコンビニで買ったおにぎり、チョコレートなどの菓子類、お茶、雨具、
笛、ウィンドブレーカー、最小限のシップ類、軍手(滑り止め付)、スティック(1本だけ)、
登山靴、ヘッドランプ+小型LED電灯、ビニール袋、山の地図、スマホ(山関係アプリ)&携帯
等等・・・この時代、GPS付きの通信手段は必携でしょうか。
 
携帯はdocomoです。坊かツルでも4本立って全く大丈夫でした。法華院山荘温泉は微妙に
エリア外みたいですが2~3本立ってました。特に山地はキャリア・場所によって入る入らない
が混在しています。各社のエリアマップなんかを見比べたら、それはよくわかりますね。例え
ば、坊がツルと今回のルートをエリアとしているのはdocomoのみ。久住山の山頂付近はソフ
トバンクのみ。星生山頂はauとソフトバンク。大船山頂は各社。同じ山でも山頂と山の陰、入
る入らないは、これまた微妙なので、可能であればいろんな携帯キャリアを持つ人と行動す
るほうが良いですな。。。
(※注 2015年10月に久住山頂で、docomoで通話可能でした。確かauも何本か立っていた様な
 →未確認)
ドライブ途中で急に思いついて牧ノ戸から沓掛山まで登ったことはありますが、そこは、ほぼ
舗装路で迷うことはまずないので良いかとは思いましたが、山を舐めては絶対にいけません。
ある程度の準備は必要です。
 
平日とはいえ、車が置けないと困るし、夕方には用事があるので、早朝に家を出ます。
日帰り広島スキー並みの体制です。
途中、朝食メニューをアテして「資さん」に立ち寄りますが、早すぎて通常メニュー(笑)
空が白み始めた耶馬溪は霧の中。そして、長者原の駐車場に着いたのは、朝7時。
何台かは車が居ますが、さすがに、空いていました。
 
トイレや、準備をする間、ちょいと散策。ガイド犬の平治像。初めて見ました(汗)
超・有名な犬なので、検索したら、わんさかと出てきます。が、このすぐ横にあるという、お墓に
は気がつきませんでした。
 
2dd57797.jpg

 
42e7fbf0.jpg

8a1fa667.jpg

 
さて、出発です。
 
2014秋・久住ハイキング
http://blogs.yahoo.co.jp/beyan39/35078911.html (坊がつる、法華院温泉)
 
 
法華院温泉山荘でランチ編