深耶馬溪から玖珠町へ抜ける県道28号線。私は久住方面へのメインストリートとして
利用している。耶馬渓が紅葉に染まる11月ごろからは渋滞するが、少し紅葉が早い
久住に行くのには便利。深耶馬溪の先の渓流部分に、ほんの一部、車のすれ違いに
注意を要する区間があるが、基本的には快適なルート。
 
トンネルを抜け、づづら折の峠を過ぎ、下っていくと、左側に、勢いよく蒸気を上げる、
平屋の建物が見える。。。いや、今回は、帰路なので、玖珠から国道387号線、玖珠
インターを過ぎ、県道28号線に入って、しばらく走ると右側に見えてくる。
 
5d7cafd2.jpg

 
ここを通ると(営業していれば)必ず立ち寄っている。
ちょうどの休憩にもなるし、ここの「そば饅頭」は超・おススメ。
耶馬渓や、この辺りのそば饅頭の元祖だとかいう噂も聞くが・・・一度聞いて見なきゃいけないなぁ。
 


パッケージは10個入りからで、あらかじめ詰めて置いているのは10個入りみたいだなぁ。あとは、
要望があってから詰めている感じ。で、だいたい10個入りを買うのだが、これは持ち帰り用で。
蒸し立てをその場で食べるのが一番、美味しいわけで。当然、バラOKです。バラは数が少なけ
れば、ざるの上に載せて出されるので、そのまま饅頭をつまんで受け取ります。10個パックの上に
バラ売りの蒸し立てを載せて「記念撮影」
 

 
別名、「がんこじいさんのそば饅頭」らしいが、がんこじいさんは引退して、今は女将さんが経営
者です。じいさんの居る時は遠慮していたが、今は私が経営者です、と大見得切ってました(笑)
自販機でお茶を買い、車の中で戴きました。そうそう・・・沢山買ったら、「おまけ」があることも。
女将の「権限」だそうです(笑)
 
家に帰ってから、また、いただきます。
 
d98b2d1a.jpg


 
ラップしてレンジで軽く暖めてあげたら、かなり蒸したてに近い味わいになります。
つぶあんで、甘さも程々。皮の風味が良いです。店頭にもある自然薯を惜しげもなく使っている
(女将・談)皮は、ふんわりと「かるかん」ちっくであり、確かに、そばの香りと相まって独特の風味
を醸し出します。卵も1個いくらだかする高いものを使っているそうで。。。ここの、そば饅頭はヤミ
つきなります。
 
不定休。確か以前、こちらで「冬期休業」と聞いたことがあります。詳しく聞いておけば良かった。
12月頃から2月頃まではお休みかもしれません。紅葉の深耶馬見物の後、ちょっと足を延ばして
みては・・・?
 
大分県玖珠郡玖珠町大字森5124-1