うーん、これもUPしてなかったかー(汗)
門司港のお店一気UPのための画像整理中、発見(苦笑)
この店をUPしないと「広島お好み焼」が書けないので、いまさらUPです(汗)
  
37957f01.jpg


元々の赤のれん「八昌」で修行して広島市中心部の薬研堀に、いわゆる青のれん「八昌」
を作り、名をとどろかせた大将が、その店(薬研堀)を弟子に譲り、自らは、郊外の佐伯区
五日市に店を構え、若手の育成をされていた・・・のが、2014年春まで。
広島市中心部に近い幟町に新店を作り、大将はそちらに移った模様。
五日市店には恐らく5、6回は出かけた。実は薬研堀は一度もなく。いや、1度機会があっ
たがあまりの行列に諦めてしまった事が。。。
五日市店で一度だけ、その大将に作っていただいたことがあるが、あとはすべて弟子。
が、これまで広島で食べてきた、どのお好み焼よりも美味しくて、ここ数年の我が家のお
気に入りとなった。「ミシュランガイド広島」にも掲載されているお店だ。
 
9120100a.jpg

e703c20e.jpg

基本は、そば肉玉(810円) →ほとんどコレしか食べてないけど。
 
手順ウォ;ッチは省くが、出来上がったものは、下から生地、キャベツ、モヤシ、肉、そば、
卵の層となる。天玉とつなぎの粉は省略(笑)
押さえに重石や、蓋は使わず、ヘラで抑えながら蒸し焼きにする。そばは、半生めんを
ゆでて、ギャバンの胡椒等を振りかけて軽く炒める。うどんの場合は袋から出してその
ま炒めて使う。卵は、黄身が2個入った二黄卵を使っているが、見ていると偶に黄身が1つ
の場合もある。黄身をヘラでちょんと潰すお店もあったり、鉄板上でかるく延ばす店もある
が、こちらは「目玉焼き」のように、原型をとどめた状態で、その上にお好み焼を乗っけて、
返してフィニッシュ。ソースはオタフク。
マヨネーズは、備付けはなく依頼すれば出してくれるが、やはり、広島ならば、マヨなしで
味わいたい。
999f03f9.jpg

 
d52c211b.jpg

9632e029.jpg

 
8515e56e.jpg

0e1de7dc.jpg

cd6002b3.jpg

 
こちらのお好焼きは、非常にボリュームがある。1つ食べると、もう要りませんって感じ
なのに子どもが食べきれないものが回ってくる。必死に食べる(笑)
押さえてはいるが、ふんわりとした仕上がりで、蒸し焼きにされたキャベツの甘味を感
じ、二黄卵の半熟具合を目で見て楽しみながら、追加のソースに付けていただく。
最後に行ったのは、すでに、お弟子さんに引継いだ後だったはず。どすんとした感じは、
ややなくなった感じはしたが、それでも、十分に旨い。
スキー帰りだと、中心街より、山陽道から近いこちらの方が寄りやすいのもあったのだが、
大将が移ったとなると、今後は悩むところ。また、こちらは店外の行列はさほどないように
見受けられるが、店内で椅子に座って順番待ちする。1枚焼くのに20-30分はかかるので、
あまり回転は早くはない。気長に、時間にゆとりを持ってお出かけを。
 
広島市佐伯区五日市中央1-3-33 /定休・月 /P・店舗前と裏手にあり