道の駅山内「なな菜」は大人には良かったが、物足りなさそうな息子。私も、せっかくだから
宿題の佐賀ラーメンを食べたい。幸い、店をすんなり見つけて駐車場に1台空きがあり、停
めることが出来た。そのまま3人を残して、息子とピークが過ぎた短い列に並ぶ。
 
2e997e1c.jpg

e0bd5270.jpg

 
実は、10数年前、まだ一休軒鍋島店と言ってた頃、ここを探して、かなりの時間ウロウロ
して見つけられず。当時のナビも、完全に筋が違う付近を指したりで。諦めて「いちげん」
に行ったなぁ。それから10数年来の宿題だったりする。
その割には、事前勉強が足りなかったのだが、昨年3月に訪問した「幸陽閣」と修行先が
同じだという情報がある。
c143166e.jpg

 
潔いメニュー。眺めていると餃子の注文も多いようだが、バイキング食べるので、ここは
ラーメン570円。ホントは玉子ラーメンってとこなんだろうけど、相変わらず馴れない(汗)
 
e6a4177f.jpg

 

5b324a1c.jpg

 
すっかり「幸陽閣」的な濃厚スッキリが、佐賀ラーメンというイメージでもあり、一口啜った
スープは、ちょいと予想を覆すものだった。いや、軽いショックだったかもしれない。脂は浮
いているが透明感がある完全なる「滋味系」。幸陽閣と全くの別物。頭の中で何気に濃厚
なるラーメンを描いていたため、最初は物足りないスープと思ったが、あっさりながらも、し
みじみと染みてくるスープ、慣れると、決して薄いわけではなく、味の深みと旨みが拡がり、
ああ、美味しい、と言う感じになった。一気に啜って、完食。
 
d9772587.jpg

 
修行先が同じでも、こうも違うラーメンになるのね。骨の使用部位とかも違うのだろうね。
ラーメンって、奥深いなぁ。
 
佐賀市鍋島町八戸1144-1 /定休・水 /P・あり