2月の広島お好み焼は、こちらで終了。「八昌@幟町店」が残ってるが、実は3月も広島に出
かけてるので、そちらにまとめます。
宿を10時過ぎに出て広島駅へ。お土産を買うためと、お昼だ。父母は広島のお好み焼と言
えば広島駅の新幹線にある「みっちゃん」であり、そこが良いとのこと。宿のすぐ近くに、創
始者が指揮始動する「みっちゃん総本店」の総本店があり、そごうには「みっちゃん雅」と言
う系列の店もあったのだが・・・が、こちらも、直営店なので、ここは譲歩(笑)
3e2d62ad.jpg

 
果たして、まだ開店まで30分以上時間があるのに、すでに行列になっていた。開店時間に
なり、我々の前までが店内に吸い込まれる。が、先に注文をとって調理開始されていたので、
入ったお客から食べ始める感じで、割とすぐに案内された。テーブル席だったので、鉄板上
の製造工程が見れなかったのが、残念。
 
並んでいるうちにメニュー拝見。見るまでもないが・・・何せ判を押したように「そば肉玉」
e4afc0f7.jpg

f6858283.jpg

 
テーブル上。本店もこんな感じだったが、地元民以外の要望も取り入れているのが「みっちゃ
ん」的。というか、やはり観光客が多いためか、効率の為か。マヨネーズが各テーブルにどんと
置いてるのは、今のトコ、みっちゃん総本店でしか見たことがない。要望すれば出してくれたり、
端っこにご自由にどうぞとばかりに置いていたり、有料で袋入りを出してくれたりというのが、
大半?私は広島系では使わないけど。
645102fc.jpg

そば肉玉子 750円
17c109e5.jpg

048a733e.jpg

鉄板のないテーブル席であり、皿での提供と言うことで、お店側で切って提供される。
麺がパリっパリっに焼かれている。この辺は好みかなぁ。ソースはオタフクだが、みっちゃんオリ
ジナル。お好み焼自体の大きさも、厚みも標準的。強烈な個性はないが、オーソドックスでクセ
のない仕上がりは、さすが。火加減も焦げ付かず、キャベツの甘味も引き出している。人気店ら
しい大勢の焼き手が、分業のように焼いていくイメージだが、直営店のためか、仕上がりはいい。
途切れることのない行列さえ気にしなければ、広島お好み焼はこーゆーものだ、という、意味では
押さえておきたいところ。時間があれば(私はしばらく行ってないし、その後改装されたらしいから、
今はどうかはわからないが)レジのところから厳しく作り手を見つめ、しかし、お客には気を配り声
をかけてくれる店主がいる八丁堀本店へ是非。
 
買物する合間時間を利用してお持ち帰りをオーダー。今回、同行できなかった家族へと、勿論、
自分のビールのお供に用も含めて。コチラ、容器代は無料だった。
dedd949d.jpg

b048f20d.jpg

こちらもマヨネーズは付いてくるのね。
まあ、どうしても水蒸気でふやけてしまうので店の味そのもの、って感じではないけど。若干高い
冷凍品も扱っているようだから、そちらの方が無難かもしれない。
 
広島市南区松原町1-2 /定休・年4回(名店街の休みに準ずる)
 
「みっちゃん」の系譜については、なかなか複雑なので、ネットで見てくださいね(笑)
総本店系、新天地、いせや系があるようです。