広島駅に戻り、再び在来線側の駅ビル「ASSE(アッセ)」。今朝のUCCカフェプラザと同じ2階の
フロアにお好み焼店が数軒連なっている。エスカレーターから進み一番手前が「麗ちゃん」。
広島のガイドブックに、必ずと言っていいほど登場する人気店。少し前は同じフロアに「第二麗
ちゃん」(現在は「いっちゃん」が営業)まであったらしい。 
b9506cef.jpg

 
夕ご飯には早い時間なのだが、祝日と言う事もあってか、すでに満席で、待ちが2人いた。早速
並んで、注文をとられたが、まもなくカウンターへ案内された。ああ、テーブル席に案内されるか
もと、注文の際に「皿でいいですか?」と聞かれて、どちらでもなんて答えるんじゃなかったかな。
どうせなら鉄板のほうが良かったなぁ。 
dd77aee3.jpg

 
546f01b6.jpg


 ガイドブックによく載ってるのはエビとイカが豪快に入った「スペシャル」1270円だけど、オーダー
は、やはり判を押したように「そば入り」(=そば肉玉のこと)(笑)
プロ野球開幕直前、カープ応援フェアーで卵は赤卵使用だとか。
a78e4446.jpg

 
ソースは、カープソース。デフォで塗られてくるのは甘口。辛口も試したが、そんなに辛くもないし
味が締まる感じがした。が、甘口も、オタフクほど甘さを感じない。
eaa3cc62.jpg



42cf6950.jpg

5857d143.jpg


 

 
作り方(笑)見ていて「おっ」と思った点。キャベツの上からラードだろうか、スーッと垂らしていた。
モヤシの上にネギがパラリ。麺は「八昌」と同じ磯野製麺、デポ茹で鉄板に載せた後、ケチャップ
でナポリタンのように味付け。これは初めて見たなぁ。キャベツともやしが同じくらい盛られてるよ
うに見える。ヘラで、ぎゅっと抑えつつ焼き上げる。
f5097918.jpg

そば入り 770円(レシートには豚肉卵そば、とある)
別のお客さんは鉄板希望したのか、たたまれず普通に提供されるようだ。皿はこのように畳ま
れて登場。この状態、なんか、懐かしいなぁ。
大昔(笑)小倉北区の片野市場そばにあった「都食堂」のお好み焼きが、こんな感じで畳まれて
だされていた。こっちの方が分量は遥かに多いが・・・もっとも、今も「一銭洋食」はこんな感じだけ
どねぇ。 


 
作っている時に感じたが、もやしが多いお好み焼って印象。そして、生地は水分も保たれて、
粘りがある。「八昌」のパリッと感とは違うが、もやし量も含めて、すごく「懐かしい」感じがした。
粘りと、もやしの食感と、香りと。うん、なかなか美味しいと思う。ところが、この手のお好み焼を
小さい頃に何度も食べてる自分と、恐らく初めてかもしれない?子どもの感想は、まったく違っ
たもので「青臭かった」と。あー、そう感じるかもねぇ。
食べ終わる頃には、背後に行列が形成されて、2時間後くらいに別の店に頼んでいた持ち帰り
を取りに再びこのフロアに来てみたら、通路を跨いで、エレベーターホールや、階段にまで行列
していた。何事も早めの行動がいいですな。ここまで並んで食べるかと聞かれたら、子どもの
反応からすると、我が家はないかな。空いてる時間なら再訪したいねぇ。