門司港・老松の中央市場の外側、関門トンネルから真っ直ぐの場所にある人気の老舗ラーメ
ン店。だんだん店が減ったが、隣に「正ちゃんカレー」、数軒隣に「満洲軒」という名店が軒を
連ねていた時代もあった。錦町の「みとラーメン」とは兄弟になる。10数年前は、夜の営業のみ
餃子があり、その夜営業は2014年春頃から休んでいる。大将の右手首が痛々しく、調子の良
いときは、麺上げをされている。麺はトンコツ醤油にバッチリ合う「高砂商会」。
 
6ad3d964.jpg

 
ラーメンは麺上げする人で味が変わる。ホントにそう思う。東洋軒でもそうだけど、コチラも
現状はそうかも。年季が入ると徐々に良くなっていくのだろうが。ということで、大将が麺上
げしてたら、すかさず「焼豚ラーメン」をオーダーしてしまう(苦笑)
 
メニュー  駐車場は4台あり。6、12、13、14番。
b4b3525f.jpg

 
ロバートが大好きなことは、よく知られてるが、サインも色々ある。
a7e88572.jpg

「焼豚ラーメン」 700円  
お客さんだけでなく、店の方でも「やきぶたラーメン」と言ってみたり、「チャーシューメン」と
言ってみたり。以前は後者が多かった印象。単純にチャーシューでもOK。
 
b9a57ea3.jpg

7f62d26b.jpg

 

27537e9b.jpg

 
甘めの「みとラーメン」違い、独特の、濃くて辛い醤油味がシッカリついたチャーシュー。最初
に食べた時は辟易したのだけど、その日のウチに、また食べたくなってしまって。でも、さすが
に濃いから、禁断の(苦笑)おにぎりと一緒に・・・のパターンもあったなぁ。
 
9b9401a6.jpg

 
チャーシューメンは少し馴れが要るので、出汁本来の旨みと、クセになる醤油濃い味のバラン
スが良いのは、ラーメン(550円)の方。私も、3回に2回は、普通のラーメン選んでるかも。
なので、まずは、この普通ラーメンから入門するのが間違いない。
 
b6568bd7.jpg


普通ラーメンのチャーシューは、焼豚らしい形がなくホロホロ崩れた部分が入る感じ。この
ホロホロ肉から醤油味が徐々にスープに染み出して味が変化する。変化前の、チャーシュ
ーから遠いトコを食べても美味しいが、このクセのある醤油味がないとヤッパリ寂しい。
 
支那竹ラーメンやスペシャルは1度食べたことがあるが、味が濃すぎて、さすがにダメだった
が、注文する人を結構見かける。常連さんが多いのかも。
 
奥さんが担当する焼めし(500円)も美味しい。焼飯が旨いと誉められるラーメン店あちこち
で食べてみたけど、ほぼ不完全燃焼状態。納得いかないのだけど、ここのは、焼飯らしい焼
飯。チャーハンじゃなく、やきめし。スープとして、ラーメンスープが付いてくる。こちらの特長
の、チャーシューに刻みシナチクも入る。
 
9ecafd93.jpg

 
門司港で1番のラーメン店。息子さんを見かけなくなったのは気がかりだけど、いつまでも続
けて欲しいけどなぁ・・・
 
 
北九州市門司区老松町2-6 /定休・日曜 他臨時休業あり  /P・4台
 
おまけ) 夜営業してた頃と、隣の名店・正ちゃん跡。テナント募集・・・(悲)
 
48cf1a39.jpg

7cea9f96.jpg