金毘羅を後にして、再び善通寺市へ。琴平町のお隣で、金毘羅から距離はわずかに6キロほ
ど。今回、主に行った丸亀市、善通寺市、琴平町はメチャ近い。そして、山下うどんは、今朝
一番で訪れた「大平製麺」から、約1.5キロの至近距離にある。ちなみに、わが愛車のナビは
ちょいと古いので、山下うどんも旧店舗を指し、一度、山下うどんの現店舗の前を通り過ぎ(笑)
さらに大平製麺に近い旧店舗(現存)に到達。あ、やっぱりさっきのトコだ、と(苦笑)
 
44d643dd.jpg

 
caa8e1e5.jpg

 
コチラは午後6時半までの営業と言うことで、この時間帯に組み込んだが、売り切れ終了
したないかと、内心、ヒヤヒヤしていた。午後4時半、普通ならアイドルタイムであろう時間
だが、車も多く店内はお客で埋まっている。幸いと言うか、ここも(この時間が良かったのか)
外で行列することはなく、店内で数人の列に並んだだけで済んだ。高速の複数のSAでも、
お土産うどんとして店頭に並ぶほどの人気店だから。
 
a30f8c16.jpg

 
お盆を手に、おでんコーナー、天ぷら類の棚を経てうどんを受取り、お会計。並ばずには済
んだが、さすがにこの時間、天ぷら類は、ほぼ完売。最後に1つだけ残っていた天ぷらをゲ
ットした。コチラはぶっかけが評判。冷たいぶっかけ、出汁も冷で頼む。肉ぶっかけや、熱い
ほうではカレーうどん、湯ぬきうどん(熱いぶっかけ)もチラチラと見かけた。
 
テーブルに生姜、胡麻、七味。あとは醬油。
4de39dd0.jpg

 

 
 
冷たいぶっかけ(小) 280円 と、ラストの天ぷらはイカ天。
 
043b9099.jpg

 
 
034d65a5.jpg

 
 

 
 
本日4麺目。画像で見比べていただけたら、それだけでも判るかと思うが、角がハッキリした
麺。やや平たい断面を持つ。どういうわけか、朝から段々と、軟から硬派と(偶然にも都合よく?)
なってきてるが。歯ごたえはあるが、抵抗がメチャ強い、という感じではない。麺が平たいから
だと思うが、おっ、ぐにゃん、という感じ。
ローカルな話しで例えれば、北九州・小倉の更新うどんは、もう少し太い麺であり、そこで、
ざるうどんをカタ麺オーダーした場合の方がずっと麺に抵抗感がある。小倉の西の区境近く
ににある、某メチャ堅いうどんを経験したことがあれば、あの噛み切れるの?と思える堅さより
は、全然、やわらかく、ずっと心地がよい歯ごたえと、素朴さと、小麦の風味が楽しめる麺だ。
そしてレモンの酸味が、引き立て役に徹して、後味サッパリといただけるので、スルスルと胃
に収まる。最後は胡麻を入れて、さらに味が引き立った。
 
私と嫁は旨いと思った(場所は違えども過去にもっと堅い麺を経験済み)が、息子は堅さに戸
惑い、娘は、お腹にズシンと来たようだ。
 
私的には、偶然とはいえ段々と堅さを増す選択が出来て、何より旨かったので大満足。実家
への、お土産用も買い求めた。
 
香川県善通寺市与北町284-1 /定休・火 /P・あり