観潮の後は、早めの昼ご飯。「いのたに」と言えば、徳島ラーメン有名店。本店は徳島市内に
あり、高速に乗るために徳島市へ向かう旅程だが、行列するとの情報。であれば、10時半に
は開いている、同じ鳴門市の支店に早めに出かけて堪能するのも良いかもしれない。実のと
ころ、徳島ラーメンのビジュアルを見るにつけ、茶色く濁った醬油濃い感じと、生卵が乗った姿
(九州でも佐賀にはトンコツ+生卵のパターンがあるが、私はあまり好みではない)に、あまり興
味が湧かず、並んでまでも、と思っていた。後で、大いに間違いであったことに気が付くのだが・・・

d2d61335.jpg


ちょうど4人がけのテーブル席が空いていた。本店はカウンターのみらしいが、コチラはほとんど
がテーブル席。いや、テーブルの両側を使わずに片側使いのカウンター風のテーブルもある。
座ると、まずは食券を・・・と声をかけられた。初めての店で食券や自販機は、メニューをじっくり
見れないから、却って慌ててしまう(汗)こちらのメニューはシンプルなのにねぇ。

12cbcd3f.jpg


4800cd74.jpg


c0176ba9.jpg


咄嗟に、肉入り中と中華そば中を2杯ずつ、ライスも注文。札をもらって、メニュー下にある札と、
一致するんだと、ようやくわかった次第。配膳されて・・・あ、玉子はデフォではないんだと気が付
く。徳島ラーメンの殆どの画像は玉子が載っているから、デフォと思い込んでいたよ・・・それでも、
ラーメンに生玉子は「抵抗」(笑)があるので、2つお願いする。ちなみにインスタントラーメンに半
熟卵は大好きなので、いい加減なものであるが・・・ライスも、最近はラーメンとは食べないのだけ
ど、ご飯が必須と聞いていたし、今日ぐらいはいいよね。。。

中華そば 中 550円
bbdb7090.jpg


中華そば肉入 中 650円
58656a0c.jpg


8daac35e.jpg


中華そば肉入 中 に、玉子50円。画像はないが、もう一つは、普通の中華そばにトッピング。
ちょうど、都合よく4パターンを試す形になった。

960478a0.jpg



若干のちじれが入った感じもするが、ストレートに近い麺。加水率はそこそこと見たがつるっつ
るでもない。ゆえにスープの絡みは当然良くて。予想通り、スープは醬油が強く、そのスープを
よく絡ませた麺をご飯に載せて掻き込むと、すごく旨い。ああ、こりゃ、ごはん必須だね。肉は、
豚肉独特の風味が強くワイルド。やはり醬油濃い。好みは分かれるトコロかなー。
さて、4種類を食べ比べた結果だが、我が家が一致した順位は以下のとおり。

1.中華そば肉入+玉子  玉子のおかげで、スープと肉の醬油辛さがマイルドに一変する。
2.中華そば         肉が少ない分、辛さも少ない。ご飯は必須。全部飲むのは気合いる。
3.中華そば+玉子     玉子が効き過ぎて、かえってスープがぼやける感がある。全部飲める。
4.中華そば肉入      辛くてスープを飲み切れなかった。

肉自体のワイルドさを除けば、1のパターンが一番良かった。玉子が入る理由がわかった気がす
る。スープの表情が全く変わる。次に徳島ラーメン食べるなら、最初から玉子を注文するだろうな。
初体験の徳島ラーメン。時間あればもう一軒、行ってもよかったなー、と思いながら次の目的地へ。

徳島県撫養町南浜字東浜34-24 /定休・火曜 /P・あり