橋本食堂から車で数分。予定通りに、道の駅「かわうその里 すさき」へ。こちらに寄った、最大
の理由は、カツオのたたき。なかなかの評判のようで、その売り場(多田水産)真っ先に向かう。

ee88aaf0.jpg

c89903b9.jpg


さて、どんな感じなのかと、覗いてみる。

bf73e62b.jpg


1人前6カン500円のサンプルが。しかし・・・

998457d8.jpg

479f63eb.jpg

我が家4名、片身焼き1850円の方が良いのでは・・・早速、注文。半身は持ち帰りのお客が多い
のかな。ここで食べる旨を伝えると、席は取れてる?今から焼くから少し待ってと言われる。

奥でカツオを捌いて、そのまま、店頭の焼きコーナーへ。
a18a5f1a.jpg


5747c8dd.jpg


しばし待つと、ちゃんと「盛り」が出来上がってきました。持ち帰りと同じ値段なのに(笑)
さっき見た、ポツンと置かれた半身より、皿に盛ると、ずいぶんと立派で、4人で食べるのに量も
十分。
28fed485.jpg


6726cad0.jpg


e93c3b36.jpg



たれも旨いが、土佐流の、塩でいただくのが、こんなに旨いものなのか。再認識。



豪快に厚切りにされた「たたき」に、ネギ、玉ねぎ、スライスニンニクを載せ、塩をパラリ。
口に運び一気にほうばると、藁焼きの香ばしい風味。そして鰹の旨味が口中に広がる。新鮮
で、もちろん臭味等は皆無なのだが、この薬味が、カツオの旨味をいっそ引き立てる。
高知に来て、カツオのたたきを食べるのは、3軒目(2軒は「ひろめ市場」)だが、一番旨くて、も
っともリーズナブル。これまで、カツオのたたきに、それほど執着がなかったのだが・・・橋本食
堂で、お腹一杯になった後なのに・・・旨かったです。須崎の2軒は、大当たり。

1b1cc09a.jpg


次は、土佐の味・アイスクリンを。高知城や桂浜でたくさん見かけたが、食べてなくて。

02f0b7da.jpg

6c9f507f.jpg

831e4c19.jpg


「地ちち」と「ゆずシャーベット」各210円

a6e420d5.jpg


さっぱりしたゆずと、適度に濃い味「地ちち」。タタキで生ニンニクを沢山食べたので、口直しに
最適。

その他ゲットしたもの。
四万十川のり 465円 四万十産の海苔は4割ぐらいらしいが、保存料も着色料もないのが、いい。
13ee096b.jpg

自宅にて
c3edab32.jpg

cc5bcf34.jpg


あとは、ぽん酢。馬路村のゆずぽん酢醬油。
これ、北九州でも手に入るのだけど(たとえば到津八幡神社の福みくじの景品とか・笑)
これ、旨いのよね。
291f6454.jpg


食べて、お土産買って。大満足な、道の駅「かわうその里 すさき」でした。

高知県須崎市下分甲263-3 /年中無休 ただし、テナントは正月休みがあるようです。