再び国道381号線を走ります。しかし、景色の良い快走路です。助手席のムスコに走行中も写
真撮るように指示したら、正面はまったく撮ってなくて、景色のみ(笑)道路と景色を入れて欲し
かったのだが。ドライブレコーダー、欲しくなったよ。それはそうと、国道381号線って、「日本百
名道」に選ばれてるコースだということを、家に帰って、持っていた同じタイトルの本で判明(苦
笑)
91856673.jpg


ジワジワ、川幅が広くなる。そう、錯覚を起こすのだ。四万十川は須崎の辺りで海側に近寄った
あとは内陸へ大きく迂回し、再び、河口へと向かう。その迂回のスケールが半端ないから、コッチ
は一生懸命内陸に向かって走って、普通は上流方向のハズなのに。しかし、川の流れはそんな
意識とは反対方向に見えるから、少々、混乱する。名物の「沈下橋」も、ちらほら見えてくる。
しばらく走ると旧・十和村に。集落の中を走るのでスピードを落とす。家々の軒先に小さな鯉のぼ
りが飾っている。そして、四万十川にも。

d154a990.jpg

f310d050.jpg


それもその筈で、この旧・十和村こそ、「川渡し鯉のぼり」の、発祥の地なんだってね。さすがと
言うか、渡している長さが半端ない。先ほどの大歩危や、大分の杖立温泉。近くでは小倉・到津
の板櫃川(笑)にもある、川渡しの元祖とはね。これも、旅行後に知った(笑)

道の駅四万十大正から19キロ。元々、立ち寄る予定にしていた、道の駅「四万十とおわ」に。
こちら、「らしい」道の駅で、駐車場は、ほぼ満車。警備員が出て整理するほどの盛況。待っている
と目の前が1台空いて、誘導される。この旅は色々とツキがあるのかな。すんなりと駐車できた。

06ffd24f.jpg


一旦、道の駅を抜けて、四万十川へ。四万十大正(の、先)とは違い、岩がゴツゴツを転がる
感じの川原。どっちも良いが、大正の川原の方が近い感じはあるかな。

d49c0da1.jpg

7bd2df67.jpg

b6e62b36.jpg

a8353a13.jpg


道の駅に戻って休息。
ce2edd2f.jpg



栗アイス 350円。
栗の実が入ったアイス。時折、固形の栗も味わえる。四万十と丹波の栗のミックスらしいから、
100%四万十産というワケではななそうだけど、栗の風味もしっかりある和栗アイス、美味。



こちらは、しまんと緑茶ソフト 380円(季節限定)
ちょうど、ここで「新茶フェア」なんかもやっていたから、季節モノから1つ。緑茶の風味と、アイス
の乳成分が、よいバランスで、後口スッキリ。



道の駅おやくそく的な、バーベキュー。土佐和牛の牛串500円もあったが、ここは倹約。四万十
ポークの豚串300円。


cb2533ee.jpg


塩コショウが効いた豚串。バラ肉なので、脂分がジューシーで、そして肉質はとても柔らか。こち
らも満足でした。

お客さんが多くて、あまりウロウロはしなかったけど、景色もいいし、いろんなものが充実している
人気の道の駅でした。

高知県高岡郡四万十町十和川口62-9