小倉北区室町。リバーウォークからヤマダ電機に至る道路の途中、右角にある、うどん
店。隣がチャンポンの「錦龍」という位置関係。

2481f3f7.jpg


店内。角地にあるが、店はコンパクト。大きな街の小さなうどん屋と看板にある通り。
二階席があるという話も聞くが、未確認。老夫婦の経営で、二階にモノ運ぶのは、大丈
夫なのかいな、と余計な心配。以前の仕事ではシフトの関係でピーク時にかからなかっ
たから、訪問も多かったが、今はピーク時に訪れることが多く、すでに満席となり、なか
なか入れない。ようやくのこの日は勤め人が少ない土曜の早め時間。暖簾がかかって
たので11時半頃入店したものの、まだテーブル席で新聞を読んでる大将。注文して、し
ばし間があって厨房の奥方が動き出す感じで。それから最後の開店準備を終えた大将
が厨房に入り。土曜の本格稼働は、正午前って感じの動き。のんびり感(笑)

28a2e72a.jpg


お品書き。外にも同じ内容の看板があるが、店内バージョン。
6cd1cd24.jpg


久しぶりなので思わず「特製うどん」600円を頼んだ。

090fe293.jpg


大きめの器。他のうどんメニューよりひと回り大きな丼だ。そうでした、「かやくうどん」は
普通サイズだが、特製うどんは、ボリュームもあったんだと思い出す。トッピングは、ワカ
メ、甘めの玉子焼、海老天、ゴボウ天、玉子〈月見)、かまぼこ、きつねが入る豪華版。



「もちっ・ふにゃ・くにゅ」な麺。柔目なのは、こちらのうどんのスタイル。そう、ぶっかけは、
さらにやわやわだった記憶が。なので、もっぱらの汁うどん。その出汁は、ちょいと辛め。
特製うどんの出汁の量は多いので、全部啜るとさらに辛さが口中に残るが、「月見」が
崩れた出汁は残すのも・・・と頑張って飲んでしまう。
そーいや、以前は「いかうどん」率が高かったなぁ。いか天うどんのことだが。いか天だけ
は揚げ置きじゃなく、注文入って揚げていたので旨かったんだよね。今もそうだろうか?
次は、いかうどんにしてみよう。

北九州市小倉北区室町2-4-8 /P・なし