小倉北区中津口。小倉っ子には懐かしい、紫水会館(ダンタニ、北九州ボウル)があっ
た通りにある創業46年の老舗のうどん・そば店。以前、職場が近かったこともあり、何度
も訪れていたし、上司の心づけで年末には職場で年越しそばを取って食べたり。職場は
変わったけど、いつでも行けると思っていたが、平日は難しく夕方の営業終了にタイミン
グ合わず・・・で。ずいぶんとご無沙汰していた。ところが、この年末に閉店されるとのこと。
時間ができたし、思い立って久しぶりの訪問。

e1dfbfd5.jpg


店主さんが体を壊して久しい。それでも、家族で頑張ってこられたけれど、元気なうちに、
との決断だったようだ。ちなみに、お隣の創業明治29年の老舗醤油店「宇佐美本店」と
は親戚関係で、当然、そちらの醤油を使用している。

店内  初訪問から約20年近く経つが、当時とあまり変わらない雰囲気。タイムスリップ
したような気分。暖房で、練炭が置かれている。

896c9473.jpg



メニュー
c562815b.jpg


794b7d91.jpg


うどん・そば・きしめん・にゅうめんとあるが、これまた私のクセで、ほとんど同じメニュー
食べていた。おそらく最後であろう今回も、そのメニュー。風邪気味の子どもには、私が
かつてそうしていたように、なべ焼を。

玉子とじうどん 500円 + いなり 180円
a31ddac5.jpg


f389331f.jpg




てろーんとした、やわめながらもそれなりの歯ごたえのある麺と、出汁の旨味と醤油が程
よく利いた汁の絡みもいい。やや後口に醤油の味が残るのも、なつかしい。ワカメも入っ
ているので若かりし頃の繊維不足を補っていたなぁ。いなりのご飯は、ちょいと酢が効い
たもので、このうどんと一緒にいただくと、良い感じで。

なべ焼うどん 700円
cfa5c0c2.jpg


トレー代わりの大きな厚い板の上に、熱い土鍋が載ったまま運ばれてくる。ワカメ、きつ
ね、カマボコ、春菊、玉子、ネギ。冬なのに、汗が出てくるような・・・身体が温まるので風
邪気味の時には、このなべやきうどんを「奮発」して食べてた。子ども、完食。温まった~
と。
3b22d056.jpg


なくなるのは残念だけど。。。ありがとうございました。

a058b10e.jpg


北九州市小倉北区中津口2-1-2 /定休・日曜? /P・なし