皇蘭の焼小龍包を待っていて少し時間がたったので一旦、中華街の中央部にある南京
町広場に戻る。戻るというのは、先ほどから2人に並んでもらっていたのは、大正4年創
業というこちらのことで。ちょうど順番が回ってきたようで、開店10分前から40分ほど並ん
でいたことになる。実は、2回目。前回は、開店前に来てこんなに待たなかったし、その前
に来た時にはあまり行列もなかったと思うのだが(偶々かな)。その経験上の動きだった
のだが予定より10分以上多く頑張ってもらったことになる。今、並んでる行列はさらに膨れ
て、この人たちはどれくらい頑張るんだろう・・・画像の人は、すべてこちらの行列だ。

ddd38b21.jpg


通りを挟んでいるのでお店の前に行列は少ないように見えるが、実は広場の半分以上を、
占めている人だかりが行列なのだ。1日1万3000個というから、すごいものだ。

1587b5be.jpg

0f060001.jpg


久しぶりに老祥記の豚まんと対面。前回はパスして前々回が2004年、13年ぶりだ。
二人には先に食べてもらおうと思ったが、時間的に先に買っていた皇蘭の豚まんと焼小
龍包を食べると。なので、申し訳ないがいただくことに。このお会計は嫁が行い、はっきり
憶えてないらしいが、1個90円見当だったかと。

f22d5a47.jpg


47ffaaef.jpg


8887781a.jpg


ミニサイズの豚まんが、こちらの標準。頑張ってもらった二人には申し訳ないが、13年前
の味覚と感想を、確かめるためにやってきたようなもので・・・1度食べただけではわからな
いだろうと。さて、豚まんの皮には餡の脂が染みでていてすでに脂っこい。出来立てなのに。
これがここのスタイルなんだろうけど。餡の味付けは醤油濃く、飲み物が欲しくなる。餡とい
うかその脂分には、独特の獣臭がする。脂臭いというか。並んだ2人は1個で十分というの
で自分と息子で2個づつ食べたが、もう十分っていう感じ。先に食べた、皇蘭の豚まんが遥
かに旨いと意見が一致した。まあ、ウチの味覚には合わなかったと言う話だけなんだろうけ
れど・・・。おそらく再訪は、ないです。

なお、どうしても食べてみたくて体験したい方は、
南京町広場の反対側、広場と直接面した「曹家餃子館」が実のところ同じ経営の姉妹店。
若干、商品展開は違うかもだが行列ははるかに少ないです。