いきなり特撮の話題(笑)ウルトラマンコスモスは子供とよく見ていたが、マックスは土曜の朝七時半からの放映ということで全く見ていなかった。子供が学校で評判を聞いてきたのと新聞のコラムで見かけて興味を持って、ここんとこ録画して(笑)見ている。

早い話、親子で楽しむ・・・ということらしい。まず、登場人物。地球防衛組織の長官が黒部進(ウルトラマンのハヤタ隊員)、博士役に桜井浩子(同・アキコ隊員)。ゲストの博士役で森次浩次(ウルトラセブンのモロボシ・ダン)が出てたり、先週は往年のスリムさはどこへやら大きなお腹が出ている二瓶正也(ウルトラマンのイデ隊員)。どうも怪獣や宇宙人も昔のものが出ていたそうだが、最近見始めたばかりでよく知らなかった。

昨日放映分を、今日見た。おっ、メトロン星人じゃん。ウルトラセブンの。タイトルも「狙われた街」に対して「狙われない街」。タバコに人間の信頼関係を失わせる薬を混入して自滅を図った宇宙人。4畳半のアパートでちゃぶ台を挟んで、モロボシダンと話をしたシーンは余りにも有名だぞ。今回も同じ「北川町」のアパートに夕日のシーン。違うのは、タバコに対して携帯電話で破壊音波を発する点。戦いはなく、バイバイして去っていった(笑)人間は放っておいても自滅する、と台詞を残して。セブンの時はナレーションで「これは遠い未来のお話です。なぜかって?われわれは宇宙人に狙われるほどお互いを信用していませんから」だったな。前作からの続編というコンセプト、地球人に助けられたメトロン星人、よく見るとアイスラッガーに真っ二つに切られた部分を縫った後があったり、アパートの前に置かれた土管には子供の落書き→カバドン(落書きが宇宙船を浴びて怪獣になった話・ウルトラマンね)だったり。うーん、マニアックだあ。

しかし、どうなんかなあ。オリジナリティがないといえば、それまでか。小さい頃ワクワクしてみていた、あの頃の輝き。今の子供たちには、感じないんじゃないかなあ。「ウルトラセブン」時の話についてはココ(第8話)→ http://www002.upp.so-net.ne.jp/MJ-12/ep6-10/ep6-10.html イラスト、バナー(笑)もあります。