051231_194001先ほどのたこ焼き「さくら」とは関係ないが、いつも年越しそばを注文していたお店がたこ焼き「さくら」になってしまったので、今年は食事で時々利用している、「麺 さくら」に注文した。そばは一人前ごとにパックされ、出汁はしょうゆ用のペットに入れてくれる。

十割りのそばというのは、ゆでるのが難しいのだろうか。かなりプチプチ切れてしまった(>_<)次回は、もう少し慎重にしたい。ホントはお店でもゴボウ天、海老天の持ち帰りができたのだが、買い損ねたため、急遽お惣菜店で買った海老天をトッピング。余談だが、我が家では七味を、東京・「やげん掘」をいつもこだわって使っている。年に1回、井筒屋に実演販売に来るので、冷凍してなんとか1年持たせている(笑)

実は自分は、そばの味については本当に音痴(笑)たぶん大雑把なのでそばのような繊細な香りや食感というのは感じ取れないのだと思う。しかし、さすがの私でも、今日のこのそばの香りはよくわかった。つなぎの山芋の食感もなかなか。いつもはうどんを食べることが多いのだが、今年の締めにしたのは正解かも。

麺さくら  (持ち帰り)年越しそば 400円

<データ>北九州市小倉北区大畠2-8-31 (TSUTAYA、ちんねん亭近く) /定休・木曜 /P・3?台(TSUTAYA近くに確かあったような。詳しくはお店で確認) <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Aランク(→) /訪問履歴・B  /子供連れ○(テーブル席 )