uenoanago今日は朝からまずは子供達を路面電車に乗せてあげた。自分たちの世代は散々乗っているので珍しくもないが、北九州から専用軌道じゃなく本当の意味の路面電車が消えてもう久しい。もはや知らない世代である二人は大はしゃぎ。原爆ドーム前までの短い「乗車」だったが満足したようだ。上の子は原爆ドームより反対側の広島市民球場の方が気になるようだ。まあそんなものだろうな。理解できる年齢になったらゆっくり見せに来よう。

高速道路のように立派な国道2号を西に宮島口へと向かう。目的は、ここ「うえの」。駅弁の「あなごめし」はここが作っている。広島のカキは有名だが、そのカキの養殖下で育ったアナゴもかなり有名。「みっちゃん」で書いたけど我が家はあまりカキ好きではなく、この後宮島に渡り年に1度の「カキ祭り」なるイベントがあっていたのに見向きもしなかった家族である(笑)むしろ古くから注目していた「あなごめし」だったけど日帰りスキーはいつも遅い時間しかココを通らず、駅弁も食べたことがない。やっと念願かなうって感じ。まだ早いしお店が開いてなければ宮島口駅前の駅弁を買って食べるつもりだったけど、桟橋の方にあるお店はちょうど開店したところだった。遅い朝ごはんであるが、かなり贅沢な朝ごはん。あまり甘くなくやや辛めのタレが掛けられた、あなごとご飯が美味しい。期待したほどアナゴは脂プリプリという感じではなく直火で余分な脂を抜かれたような感じの上品な味わい。ご飯は量が多く、これでもう十分という感じだから、ふつうより小を選択するのもいいかもしれない。ここでも頼めばお土産用に「駅弁」にしてくれるが多少時間がかかるので、宮島観光前に頼んでおくといいようだ。実家のお土産にと、頼んで桟橋に向かう。入店時はお客さんも他に数組いただけだったが、食事が終わって出る頃にはもう、かなりの待ちができていた(驚)

うえの  あなごめし 1470円  (駅弁も同価格。小は、1260円)

<データ>広島県廿日市市宮島口1-5-11  /定休・水曜 /P・なし 付近1日駐車1000円くらい <メモ> 今回・A(かなり旨い) /リピート・Aランク(→) /訪問履歴・初回 /子供連れ○(テーブル席 )