TS290037  JRの連絡船に乗り、宮島入り。宮島に来るのは初めて。下調べもなにもしてないものだから、「うえの」で頼んだ駅弁も「1時間後に来ます(キッパリ)」・・・失敗だった(笑)行きも帰りもちょうど渡船が出港時刻であったのに往復で50分はかかっている。なんでこんなに人多いの~と思ったら「かき祭り」・・・神社までも結構距離がある。印象では、桟橋からすぐ・・・甘かった。そして鹿の群れ。あとで聞いたけど、厳島神社と鹿ともみじ谷は宮島観光のメインだとmomijidou(笑)下調べどころか、非常識だったと気がつく。そーいやサザエさんのオープニングにあったかも。もっと驚いたのは・・・もみじ饅頭のお店の多いこと多いこと。ざっと見て20軒くらいはありそう。てっきり、みやげもの売店が軒を連ねる感じだろうと思っていたが、大宰府の梅が枝餅以上の、製造・直売のオンパレード。いや、参った、驚いた。いままでお土産にもらったもみじ饅頭って3社ぐらいだったような。それがすべてという感覚だったから、もうパニック。神社までの行きは海岸沿いをベタに。参拝は手早く済ませ(笑)帰りは山手の参道沿いを通り、品定め。なんだか行列が出来ている「あげもみじ」なる商品を店頭で実演販売している、この店にたどり着いた。創業が明治45年というから老舗なんだろう、と安易に。過去経験していたような茶色くてパカッと割れるもみじとは違う、柔らかさと粘りのある生地、色も茶色というより、黄土色に近い。おいしい~。こしあん、チョコ、クリーム、アーモンドとあったけど、やっぱりこしあんがおいしかった。チョコはクリームというより板チョコが入ったような感じでこれもいけた。しかし、参拝もいいかげん、カキも食べない、「あげもみじ」のお店に行っては買わない、この家族って一体・・・(アセ)帰って見つけた、もみじ饅頭研究のこんなHP、宮島でしか買えない銘柄も多し。いや~やはり何事も事前研究は必要ですね。。。(反省)

紅葉堂 本店(宮島限定)  もみじ饅頭(70円→バラ売り価格)

<データ>広島県廿日市市宮島町448(リンクの地図位置はかなりアバウト・現地確認) <メモ> 今回・A(かなり旨い) /リピート・B /訪問履歴・初回