daisangen門司港勤務の時によくお邪魔していた。時々、無性に食べたくなる。かつてこの並びにあった満州軒は仕事とは関係ナシに何回か食べに来てたけど、ココは知らなかった。転勤になって初めて評判を聞いたときも「ダンナのつくるラーメンより奥さんの作るチャーハンのほうが旨い」と地元人に言われれば、やはりなかなか食べに行かない。しばらくして何かの雑誌で見かけてようやく食べた。初めて食べた時、もう次回はないと思ったほど醤油辛くて。慣れたいまでも焼豚(チャーシューと読む)ラーメンはヤッパリ辛いのだけど、じゃあ、何が無性に食べたくさせているかといえば、実はその醤油辛さ、これがクセになるんです。食べてしばらく経つとまた食べたくなる、なんでしょうかこの味は。近くの大平山のようなとんこつ味の醤油ラーメンじゃなく、真のとんこつ醤油ラーメンと思う。

daisanyakiちょうどお昼時、やたら混みあってました。今日は子供二人がお供なので、混みあう中、監視が大変です。おそらく薄味好きの子供には合わないと思い、自分は焼豚、子供にはチャーハンという感じで頼みました。一人で二人の「監視」もあるので一気に啜ります。うーん、辛い(^^;)とくにチャーシューは辛いです。ここの麺は、小倉の高砂商会の麺を使っているのですが、この麺、しょうゆ味に合います。他には四方平でも使っているといえば納得します。今日はスープ自体が若干薄い感じがしますが、いや~満足満足~(^^)vチャーハンもまずまず。

大三元  焼豚ラーメン 600円  チャーハン 450円

<データ>北九州市門司区老松2-6(関門国道トンネル手前、老松公園ヨコ) / 定休・日曜 / P・なし <メモ> 今回・B(旨い) / リピート・A(→) / 訪問履歴・B /子供連れ・一応○(カウンターのみ&狭いです)