北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市門司区

b837c835.jpg

 
老舗料亭復活・・・以前の関係者なんだろうか?と思っていたら、こちらが請け負ったのね。
以前(昨年まで)は、レトロライン沿いでラーメン店もやってた。
 
そーいや、ここのお店でランチ、食べたことあるけど、出してなかったような。
 

(平成26年3月25日)
 
前回訪問から、ちょいと間が開いた「みとラーメン」へ。
 
19dadd62.jpg

 
対面の車庫には、夜間用の屋台がスタンバイ。主に釣り客御用達。詳しくはスタフラ機内誌
「雲のうえ」No.16 22-25ページを参照されてください。ただし、在庫もないようですが・・・
 
e4213de3.jpg

 
メニュー 実はテーブル席上の、このメニューの他に、カウンターにもメニューがあり、表記が微妙に
違い、揚げ焼ソバ570円も見える。実はこの揚げ焼ソバっていうのが2種類あったり、チャンポン麺を
使わず、ラーメン用の麺で仕上げた「チャンラー」(いわゆる門司港ちゃんらーとは異なるもの)も存
在する。大将、実は門司港の老舗中華店「萬龍」の出身。揚げ焼ソバの一つは、打鹵麺(こちらでは、
シャールーメンと言ってるが、萬龍では、タールーメンと表記している)といい、萬龍の流れが伺える。
そして、さらには、老松の「大三元」の弟であり、兄の「大三元」に教えたのは「みとラーメン」らしい。
 
74dd050b.jpg

 

 
今日は久しぶりにラーメン(ラーメン以外の方が多い)と、こちらも久しぶりに餃子も。
ちょいとカロリーと予算オーバーだけど(汗)
 
ラーメン450円
0a8a46c8.jpg

 
大三元より、もっと醤油色が強いスープ。スープは薄めでアッサリ系。味付けの醤油は、大三元ほど
辛くなく、むしろ甘味が強い。馴れるとクセがなく食べやすいスープ。しゃきしゃきもやし、きくらげ、小
ぶりだけど、ちゃんと形のある(?)チャーシュー。
 

 
麺は、「大三元」と同じ、小倉の製麺所・高砂商会。しょうゆ味に良く合うコシのある麺。
 
餃子380円
223f347f.jpg

 
普通と言うか、やや大きめの餃子8個。一人で食べると、結構な量なので、2人ぐらいでシェアするの
がべストかも。皮はごく一般的。豚肉キャベツ玉ねぎとオーソドックスだけど、とてもジューシーで美
味しい。ビールが欲しくなるが、残念ながらなさそう・・・。そーいえば、10数年前までは、「大三元」の
夜メニューに餃子があったのだが、今はやってない。そういう意味でも貴重かな。
 
他のメニュー、今回一気に上げるつもりだったけど、画像多いので、近いうち別の機会で。
 
北九州市門司区錦町12-22 /定休・日曜 /P・なし
 
 
 

(平成26年3月27日)
1837d035.jpg

 
休店情報があり気にしていたが、火曜の昼間通るとやっていた。
なーんだ、と思って、夕方営業開始時間を見計らって寄ってみると「しばらく休みます」と。
???
ということで、今日も昼間行ってみると、開いてる!良かった。
 
久しぶりに焼豚(チャーシュー)ラーメンとも考えたが、やはりラーメン500円を。
 

 
16754061.jpg

 
良い具合に乳化が進み脂っこくないスープに、しょうゆの効いたタレ。さらにこ醤油で濃く味付け
された刻みチャーシューがスープを甘辛くする。初めての方は、この醤油濃さに戸惑うかもしれ
ないが、コレがなんともクセになる。
 

 
麺は、この手の醤油トンコツ系によく合う、小倉北区の製麺所のもの。弟であり師匠である「みとラー
メン」と同じ麺を、堅めに茹で上げる。
 
しみじみ旨いねぇ。
 
そして、夜。ヤッパリ開いてない。「しばらく休みます」は夜営業のことなのか?
大将、手首痛そうだしねぇ。無理せず、少しでも長く続けて欲しいものだ。
 
北九州市門司区老松町2-6 /定休・日曜 他 /P・4台
 

特にトムさんへ
a855db37.jpg


効き手を痛めて休み休みやってるそうです。
51ee1450.jpg


少しでも長くやってもらいたいですしね。

(平成26年3月14日)
 
門司港勤務になって、たぶん訪問3、4回目なんだけど、まだ1度も書いてなかった(汗)
 
7e60bd48.jpg

 
そー言えば先週、店の前通ったら移転するような貼紙があり、それがノーフォーク広場となって
いた。え?あそこってレストラン「らむゑっと」しか無いよねぇ?そこが無くなったの??
平日の昼休みピーク時間帯は、満席になり、かなり待ったことがあるため、遅めの時間帯じゃ
なきゃ、難しいなーと言う感じであり、それが都合よく?今日は遅い昼休みになってる。
行ってみると、先週の貼紙と違い、移転が決まったとある。
 
b9224124.jpg

 
やはり、「らむゑっと」の跡、となってるよ(汗)ちゃんらー出すお店が、また消えたのかぁ。
先日(1月23日)に、新店舗そばを歩いてるのに気がついてない。いや、移転すれば、遠くなり
昼休みに食べることは難しくなる。というわけで、久しぶりの訪問。
 
a068b04c.jpg

 

 
確か、焼肉店「門司笑」との提携で伊万里牛のつけめんがあったようだと思うが、手元のメニ
ューにはない。観光向けのふく天もの以外は、過去に食べたことがある、明太しらすぶっかけ
なんかが特徴的なんだけど、あえて裏打会定番の「ごぼう天ぶっかけ」にする。
 
注文後、伊万里牛つけめん、壁のポスター発見(苦笑)限定10食というから、、もうないかも。
とあっさり諦める。先客の注文品が。量多いなー、しかしあんなセットものあったかな、と手元の
メニューひっくり返したら、裏に平日のみセットメニューが載ってる。何度か来てるのに、全く気が
ついてなかったよ。
(帰りに、店舗前看板見たら、伊万里牛載ってた。私が気がつかんだけか・汗)
 

 
ごぼう天ぶっかけ冷 710円
 
e7f8ff97.jpg

 

 
大根おろしがたっぷり。ごぼう天も大きい。麺は、もちっと粘ってと感じというより、その見た目
よりは「剛」と言う感じの硬さがある麺。足立家源兵衛も同じような傾向だが、やわもちっとして
切れないという官兵衛さんの麺とは若干、異なる印象。もちろん、この「剛」というのも、大変良い。
 
強いて言えば、ごぼう天かなー。箸を入れると弾けるような感じのパリッと感が食欲を引き立てる。
いや、弾けるようなじゃなく、実際、衣が細かく弾けてる。よく見ると、面的な衣ではなく、細かい丸
い粒子のような衣。最初はパリッと感が楽しいのだが、大きさと、その粒子衣が含有する油分が
口中を支配する。
この大根おろしの量は、それをリセットするための計算なのか?と勝手に想像する(笑)
 
しかしねー、ホント、平日徒歩のサラリーマン組には、遠くなります。
観光客や、車の客に的を絞るのかな?場所的に少し不安だけど、頑張って欲しいですね。
 
北九州市門司区港町 /定休・木
(現店舗は3月23日まで営業、3月30日より門司区旧門司2-5-1へ移転予定)

(平成26年1月23日)
何度か書いていますが、門司港は湾岸エリアに近いほど、客層も観光の方が多くなります。
お店も、どことなく、ゆっくりしてる、いや、ゆっくりすべき感じの店が多い。
 
というわけで、時間も予算も無い平日の昼休み(汗)
このエリアで利用できる店は、国道3号より山側に比べて、ずいぶんと少ないというのが実情。
複数回出かけていた「港栄」は長らくシャッター閉めたまま(元々、暖簾が無いと、空き店舗の
ような佇まいだったが)であり、さらに足が遠のいていた。
 
この日は午後から休み。珍しく時間も取れる。
 
まず、最初に浮かんだお店はこちら「たいむ亭」。割と目立つ外観であり気になっていたのだが
作り置き、あるいは、2度揚げで対応してるお店なら兎も角、トンカツものはタダでさえ時間がか
かりそうだと思い、敬遠していた。こだわりがありそうなのは、外から眺めていてもわかるお店な
ので、時間がある時にと思っていた。今日はチャンスだ。
 
6729d932.jpg

 

 
目立つ外観とは裏腹に、厨房にはベテランと思われる店主が一人。ホールは女性が一人の体制。
すでにピークは過ぎている筈の時間帯なのに、カウンターしか空席がない。一人だから、かまわな
ないんだけど、この時間にしては多いなぁ。
 
6656a620.jpg

 
もちろん、平日・昼限定のサービスメニュー、日替り定食670円を。
ちょうど、厨房がすべて見える位置だったので、しばし観察。注文後、肉塊を冷蔵庫から取り出し、
必要な量を切り出し。筋切り、たたき、下味。粉をつけ、卵につけ、最後は、こだわりの生パン粉。
そう、作り置きなんて一切なしの「受注生産」。こりゃ、時間かかるわ。豚肉は福岡県産、油は植物
油。それに生パン粉。これだけこだわるなら期待できそうだ。
 
時間があるから店内ウオッチ。ほぼ8割以上のお客が日替わり定食で、後は普通にトンカツ定食
や贅沢ロースカツもちらほら。色紙には1997年の「プロがすすめるプロの味の店」・・・探検!九州
かぁ。あとは高倉健。最近、門司港でロケあったから、その時に寄ったのかな??
 
注文後30分を軽るーく過ぎ、ようやく登場。
 
5d4f4ba1.jpg

 
087f239b.jpg

バラエティかつ定食ですね。カボチャ、山芋の「カツ」と、チキンカツ、豚肉チーズのりロールカツ。
衣がサクサク。もちろん、脂っこさは無いし、バランスもいい。30数分待った甲斐があるというも
のだ。ただ、一気に10分で食べ終えたけど(苦笑)
 
昼休みと言うのには、なかなかハードルが高いが、夜や休日に訪れて、創作ロールカツ、ロース
トンカツも食べてみたい。
 
北九州市門司区西海岸1-4-15 /定休・水 /P・なし
 

(平成26年1月22日)
 
「きんちゃん」で常連さんたちのワイン見て、飲みたくなった。
それに、もう少し食べたいしで、門司駅(大里柳町)へ移動。これまた評判の「チョイノリ」へ。
案の定、ほとんどが女性客(汗)
お腹もかなり張ってるし、酩酊しつつあるので、レポもアテにならないかも、と(苦笑)
 
7fa5f79b.jpg

 
お通し。
bc623414.jpg

 
だいぶ食べているので、絞って2品。
自家製トマトソースのチキンのトマト煮。サイズはSで450円。
トマトの酸味がきつくなく、さわやかさが残り、やわらかな鶏肉と相まって美味しい。
個人的には、もう少しコクというかパンチがあると、なお良いと思うが、これはお酒の、と
いうよりバケットといただきたい感じ。
 
0b34afef.jpg

 
パスタはトマトソースが好きなのだが、トマト煮頼んだし、で、ぺペロンチーノから選択。
ベーコンとなすのぺペロン  Sサイズ700円。
全体的に、ちょいと塩が効き気味のような。たまたま、なのか?
 
c51a3d9b.jpg

 
やはり、お腹がかなり膨れてから行くものじゃないなぁ。いずれ出直したいけど、女子が多い
ので、あまり機会はなさそうかな・・・
 
北九州市門司区柳町

↑このページのトップヘ