北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市門司区

(平成26年1月22日)
 
今日は念願の「きんちゃん」へ。人気店ということで、しっかり予約して行きました。
門司港のお店はどこもレトロ感がハンパないが、こちらも、昭和ノスタルジックな佇まい。
 
9b19d33f.jpg

 
dcc0fe13.jpg

 
変則的な「コ」の字型カウンター。建物の右側と左側は出入口が別(笑)
 
e7f92647.jpg

 

 

 

 

 
この日、一番乗り。あっさり予約取れたし、なーんだ余裕じゃん、と思っていたら、その後、お客
がドンドコやってくる。しかも、予約した常連さんが多いって感じ。その常連さんたち見てて、あと
でわかった事だが、このお店、ワインをボトルで飲んでる人が多い。焼鳥屋ではあまり見ない
光景。
 
塩鯖、トマトベーコン巻き、バーベキュー、レバー
 
007a5ad0.jpg

 
焼酎お湯割り頼んだら、こんな感じで出てくる(笑)濃さは自分で調整できるから、結構、長く
楽しめる。
 
c11f5797.jpg

 
旬の牡蠣。串に刺さって登場(笑)

 
肉ダンゴとトリカワ
 
ca12aec2.jpg

 
砂ズリ(余談だが、当たり前のように砂ズリと呼んでいるが、それは西日本が主らしい・・・)
かしわ、豚バラ。
f368843b.jpg

 
ここでは外せない?という、あん餅。ラスト1個をゲット(汗)
 
a0fa0eef.jpg

 
b64d9aa7.jpg

 
焼き加減は絶妙。
タレの味が若干、強い感じはするし、値段は特にリーズナブルと言うわけでなく、意外と普通
のような気がする。が、なんというかな、値段とかに現れないような、魅力がある。常連さん
達の気持ちがわかるなぁ。門司港って、居酒屋はボチボチあるが、意外と焼鳥店が少ないか
ら、こういうお店って、貴重な存在だなぁ。
 
北九州市門司区東本町1-5-31

意気込んで向かった「濱司」をあっさり入手したので、すぐに次の目標へ。
「宮崎県チキン南蛮カレー」のブースへ。行列していたが、そこまで並んでないと判断し、「濱司」を
片手にもったまま、列に並ぶ。
 
537238f6.jpg

 
ところが、10人程度の列が一向に進まない。これが列の原因と言うわけではなかろうが・・・
この手のイベントで動員?される調理師学校の学生がこのテントでも手伝いしていたが、まだ
不慣れなんだろうな。待つのは構わないけど、手に持った「濱司」が冷めないか気になる。並ん
だ場所から直接見えるステージではMCの進行が始まりTOGGYさんとのトークもやってる。
丸見えじゃん・・・
でもね、立ち食いしちゃいました。食べ終わってもまだ順番がまわって来ない(苦笑)
調理状況を見ていると、チキン(まあ、要するに一口大の唐揚)は順調に揚がっている様だが。
 
ようやく入手。これも700円かぁ・・・
 
1f02b787.jpg

 
カレー自体は、かなりマイルド。「濱司」のスパイシーさが口に残ってたのでなおさらか。
イベントだから、1枚肉のチキン南蛮じゃないのが残念だけど、これはこれで、あり、ですね。
 
引き上げようかと思ってぐるりと1周。一番人気は「富良野オムカレー」のような印象。並んで
みる元気はもうない。「大村あま辛黒カレー」はB-1グランプリでいただいたし、「鳥取カレー
ちゃんぽん」は戸畑チャンポンフェスティバルでいただいた。小倉牛ステーキは早々に(11時
前)に無くなったようだし。ふと見ると、「広島名産カキカレー」なるものがある。さっき、「濱司」
にカキがなかったことと(笑)値段が300円というのに、引かれ即決(笑)
 
f3946a34.jpg

後ろ姿はTOGGYさん。ワイヤレスで場内放送中。
 
c2619e6d.jpg

 
オリジナルのミニメモまでもらっちゃった。
 
1a93beed.jpg

 
塩味というか海の味と言うか。最初はそれがガツンと来る。カレーが負けているのか?
が、食べすすむと、牡蠣の旨みとマイルドなカレーのバランスがいい。昔の「濱司」は、スパイ
シーだったから、クセはなく食べれたけど、牡蠣好きの方はこの方が味わえるかもねー。
 
第1回ということは来年もやるのかな?
概ね価格が高い気はするけど、牡蠣カレーのようなコスパ高いものがあればいいなぁ。 

仕事は休みですが、他に用事があったので門司港へ。
ちょうど、今日明日と、カレーフェスティバルなるものを開催しているし、「計画的」といえば
そうかもしれない(汗)
 
4f351148.jpg

 
3eacb7d8.jpg

 
事前に2店ほどピックアップしていたので、まずは1番食べたかった店舗へ直行。
 
a7a5a07f.jpg

 
5c6ad225.jpg

 
50ed9166.jpg

 
そう、2009年まで門司港駅前の日本郵船ビル2階で営業していた、「濱司」。
2002(平成14年)年11月と2007(平成19年)5月に2度訪れて、いずれもスペシャルカレー1050円
を食べたことがある。2002年の初訪問時、あまりカキを食べなかったのでたくさん入っていて面食
らったことがあったなぁ。秋冬は牡蠣、春夏はホタテが入るシーフードカレー。
 
 
あまりこの手のイベントは足が進まないが、今回、「濱司」があるから、足を運んだと言っても過言
ではない。ただ、お店があった当時、美味しいけど絶対的好み、という感じではなかったんだけど、
やはり食べてみたいと。それに、9店舗出店してるのに、屋号掲げてるのはココだけと言う別格?
扱いだしね。
 
まだ11時前なので、富良野や宮崎といった一部店舗を除いて行列もなく、すんなり入手。
ん?角煮カレー?って普通のカレーはあっように思うけど・・・やはり海鮮カレー(スペシャルじゃ
ないのね)に。イベント用カレー皿に入り700円はちょいと高いとは思ったけど・・・
 
a4a70b3c.jpg

 
5465afb5.jpg

 
実はコレ買った後に、もう一つの目標店「宮崎チキン南蛮カレー」に並んだのだけど、列は10人
前後だったのに、やたらと進まない。冷えてしまうと勿体無いので、並んだまま、強引に立ち食い
してしまった(汗)
 
昔の「濱司」なら、この時期は牡蠣だったんだけど、今日はホタテ。それに海老と、豚の角肉。
掬うとやや固めのドぼっとしたルーだが、食べてみるとアッサリ感がある。最初の内はそれほど
スパイスを感じなかったが、だんだん口の中で効いてくるような感じ。あー、こんなんだったなー。
もっとも、オリジナルの土鍋グツグツ(流石に屋外イベントでは無理)でもないし、生卵も入って
ない。それでも十分、片鱗はうかがえたように思う。
 
どうやら4月に、福岡市中央区薬院に店舗としてオープンするようだ。もらった名刺大のチラシ
見たら、福岡時代に通勤のため薬院駅まで徒歩で通っていたルートにめちゃ近いことが判明。
場所もわかったし、土鍋・生卵入りの「濱司」。一度は行って見たいなぁ。
 

こちらも、やや「まとめ」的なUPになります(汗)
 
5225d28c.jpg

 
fae08cdb.jpg

 
食事の定番は、オム焼きそば(430円)  平成26年2月28日
 
というか、昼時の栄町アーケードにソースの香りが充満しちゃって足が向く。
そーっと覗いて、混雑具合を確認して入る。安くて手ごろなので、夏休み時は、混雑具合に
さらに拍車がかかる。夏は人気の宇治金時(実は未食)もあるしね。
 
0b2571e8.jpg

 

 
具材は豚肉・もやし・キャベツ・天かすとシンプル。シンプルだから、私は普通の焼きそばより
卵で巻いた、このメニューを良く食べます。混雑時に大量に作ると、やや、水っぽい感じがあ
るので、やや時間を外して食べに行くことが多いかなー。野菜はしっかり摂れるし、安くて、
美味しい。
 
平成25年12月10日 
夏の宇治金時に対し、冬は「小判焼」。1個100円
午後2時から焼き始めるが、予約じゃないと買えないことも多い超人気メニュー。
カキ氷が終わって、少し間を空けた(大将いわく餡の仕込が大変で休憩期間が欲しいそうです)
10月下旬から、概ね5月の上旬、「門司みなと祭り」の直前まで、が販売期間。
 
c1e367c4.jpg

 
36befd33.jpg

 
丹精こめて仕込まれた餡は、かなり甘めだけど飽きない美味しさ。餡なのか、ふんわりした
皮なのか、蜂蜜チックな風味があるのは気のせい?焼きたての皮の張りとふんわり感はた
まらないけど、お土産にすることが多いので、もちろん帰ってから暖め直しても、旨い。
 
平成26年1月20日
さて、裏?メニューの紹介。もちろんメニュー表にはありません。
が、2012年8月北九州市立大学地域創生学群発行の「門司港ちゃんらーマップ」には、しっ
かり紹介されてます。芋洗坂係長が、門司港ちゃんらー倶楽部・部長として載ってますね。
まだ、芋洗坂係長プロデュースの「清美食堂」が復活する前の話です。
 
お約束があります。梅月では「ちゃんらー」ではありません。注文する時に、決して「ちゃんら
ー」と言ってはいけません(笑)
 
b0062d7b.jpg

 

 
うどんの出汁に、細めのチャンポン麺。もやし、キャベツ、天かすは焼きそばの具と同じ。
さらに、かまぼこと葱がトッピング。野菜は、たっぷり入っていて、しゃきしゃきとした食感がいい。
この内容で、1杯380円なり。
 
8068d9a8.jpg

 
少し足りないな、と思ったら、いなり(1個60円)を追加したら、さらに満足感UP。あ、これは、
ちゃんらーではなく、「すーちゃん」と注文するのがお約束です。
名前はすーちゃんですが、うどんだしベースの「ちゃんらー」としては、私の一押しです。
 
是非、カウンターに座って大将との会話を楽しんでください。話好きな大将です。
 
また、いわゆる普通のトンコツ鶏がらスープのチャンポンだけど麺だけがラーメンの、変り種
ちゃんらーは、錦町の「みとラーメン」の裏メニューとして存在していますが、そちらの話は、
またの機会に。
 
梅月
北九州市門司区栄町1-10 /定休・日曜

(平成26年1月8日)
門司港・栄町アーケード内にある洋食店といえば、ニューラッキーと、こちらシャトレーヌ。
ニューラッキーは前回の門司港勤務時代含め割と行ってるが、シャトレーヌは、一昨年から
時々お邪魔してます。
 
114df935.jpg

 
あ、あともう1軒ありますね(汗)ファンキータイガー。ロバート・秋山竜次の父がやってる店。
価格が強気なのでまだ行けてません(汗)
 
85ef117f.jpg

 
さて、ニューラッキーの(平日)日替りが、フライパン系揚物が多目かな、と。こちら、揚物も
あるが、割とソテー系も、日替りにラインナップされているような気がします。
本日の日替りは「豚ヒレ肉のベーコン巻き」と、お店の前に札。前に一度食べたことがあるし、
好印象だったので、即座に入店。
 
ed632f8f.jpg

 
a587d603.jpg

 
3a58c6b9.jpg

 
fe207fc0.jpg


02537683.jpg

 
やわらかいヒレ肉の日替りランチ。今日は少しソースの塩分が強めでしたが、ソースから
しっかり作ってる感がいいですね。冬は今日のようにスープ。夏はシャーベットが付きます。
夜メニューを拝見したことがあるのですが、その価格を見てランチの安さが際立つ感じですね。
 
北九州市門司区栄町5-5 /定休・無休(火曜はランチのみ)
 

(平成26年1月7日)
 
3b0e06b5.jpg

 
92ad21bf.jpg

 
正月休みで鈍った身体を元に戻そうと、今日は徒歩で帰る。が、国道を避け、この通りに
入ってみたら、遠くから赤提灯が見えている(苦笑)
不定期・短時間・非公式の三拍子揃った?夜営業をやってる。
昼は「春や」、夜は「圭順」。門司区のツートップを味わえるとは、新年早々、なんたる贅沢。
 
44858eba.jpg

 

 
当然の、完食
c40d6a25.jpg

 
満足満足・・・が、身体を締めるはず、じゃあなかったかな(爆)
ま、いいかぁ。
 
北九州市門司区黄金町 /定休・水 /P・2台
※夜は不定期かつ約1時間のみ営業。

(平成26年1月4日)
 
正月連休明け。忙しいかと思ったが(確かに忙しいのだが)殺人的と言うわけでもなく
「そとごはん」に出る余裕ぐらいはあった。
 
と、なると、まず、行きたいのは、やはりここ。ワンコイン500円カレー。
 
c36c25d5.jpg

 
bf4a4a28.jpg

 
今日はマッシュルームだけ(笑)でも4個も入っていた。
 
46bf1edd.jpg

 
おまけの、コーヒーとデザート。
 
年末に買った「黒豆」。美味しかったと伝えて、最後に余ったゆず皮を入れて暖めなおしたら、
またサッパリして良かった話をご報告。
 
今日も、おいしゅうございました。
 
北九州市門司区東本町 /定休・日 /P・あり
 
通販チラシ パッケージ版は結構なお値段です。店頭で購入可で、少し安くなります。
 


↑このページのトップヘ