北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市門司区

(平成26年2月17日)
 
2e9578d7.jpg

 
門司港の老舗中華店「萬龍」の隣に位置する、古い建物を利用したお店。
女性お二人で経営されています。
平成24年の春に初めてこのお店を見つけた頃は、ランチ営業していた。
いつかは、と思っていたら、その後まもなく、ランチの営業を止めてしまい、夜専門になっていた
(と、思う。もしかしたら、今回のような時期限定ランチやってたのかも?)
夜の営業、昨年の晩秋に職場がらみで宴会があり、初めて入店。その件は、またの機会に。
 
2月に入ったある日。やや遅めのお昼時、何気にお店の前を通ったら、看板を仕舞う動きが
見られた。え?またランチ、やってるの??まったく気がついてなかった。
それもそのはず、2月限定でランチをやっているという。
 
店内の一部。奥には座敷席があり、案外と広いです。
 
a4d5836b.jpg

 
63d47127.jpg

 
内容は、週替わりのポトフ定食。

 
今週は、「豆腐入りチキンミートボールと野菜」のポトフ。800円なり。
 
966630b7.jpg

 
 
6d7a9030.jpg

  
ご飯は五穀米。サラダ、旬のほうれん草油いため、ほんの少し甘めの玉子焼(好み)、自家
製ピクルス。ほうれん草は、油控えめで、素材の甘味が感じられる。べちゃっとしてなく、絶妙
な火加減。新鮮で旬な野菜は、なにやそれやの余計な付加価値がない方が安いし、それに
負けないくらい、美味しいと思う。
 
ポトフの野菜は、ブロッコリー、大根、人参、れんこん、玉ねぎ、ジャガイモ。
貧乏舌な私には、そのスープベースのことは良く分からないけど、チキンボールもスープも
適度でやさしい味付けで、しっかりごはんのおかずになる。ポトフと言うと、パン?と勝手に思っ
ていたけれど。
 
最後にデザート。これ、宴席の時もデザートとして出た記憶がある。
 
8af5c45e.jpg

 
全体的に、ヘルシーで女性向け、という感じはある。おっさんの昼食としては、やや高めだけど、
内容的には満足かな。
 
あと、1週間のランチ営業。次のランチ企画は、8月の予定だそうです。
 
北九州市門司区本町4-5 /定休・2月は日曜。3月から月曜。
通常(夜)18時から24時 ※期間限定ランチは11時30分から14時
なお、10歳未満は入店不可とのこと。これは夜営業の話かもしれないので、詳細はお店に確認を。
 

正月から真面目に更新しようと思っていたが、忙しくて今ごろからスタート。
秋以降や年末年始の記事は、追々UP予定(アセ)
 
門司港の隠れた名物「ちゃんらー」。誕生の経緯など詳しいことはHP等を確認していただくと
して、その発祥店である「清美食堂」(門司区清見・1999年ごろ閉店)が、二代目となり、復活。

 
57e86960.jpg

 
初代のお店は、タレント/ダンサーとして活動中の「芋洗坂係長」のお母さんが経営されていた
お店。オープン日に芋洗坂係長が来店し、その後も先代の女将さんが、たまに見えているとか。
ちゃんらーの店として知られていた「都食堂」が近年閉店し、日中、食べられるお店が減っていた
だけに、朗報です。

オープン3日目。場所がわからず界隈をウロウロ。何のことはない。少し前まで、「手作りパン千代」
だった、お店。以前、かのなつさんのブログで紹介(http://yonocafe.blog35.fc2.com/blog-entry-877.html
されていたが、未食のまま閉店しちゃったのね(汗)
夏ごろに見かけた気がするのだが・・・安全入船食堂も近い位置。元がパン屋だけに、店内は小さ目。
身体が大きい方は動き回るのにコツが要ることでしょう。
 
オープン直後のためか、平日昼間というのに狭い店内にお客が一杯。
圧倒的に地元人・地元勤め人と見受けられる人が多い(まあ、平日の門司港はどこもそんな感じだけど)。
年配の女性達も多い。どうやら先代店や、女将を知るご婦人方のようだ。
 
メニュー
9e79f2cc.jpg

 
お得そうな、ちゃんらーセット(500円)を。
というか、ちゃんらー自体がシンプルで自己主張がない食べ物だから、セットの方が満足感高いと思う。
 
2d8be83f.jpg

 
ちゃんらーに、ごはん、漬物(追加してくれるそうです)、お好みのおでん1個。おでんは自分で取りに行
きます。しっかり味が染みたおでん。漬物もいい感じ。醤油は門司港らしく、かなり甘い(ヤマニ醤油か?)
ので、かけすぎない方が良いかと。
 
707de219.jpg

 
ちゃんらーは、やや太目で、ヤワ目のストレート麺。
 

 
ちゃんらーは、やや太目でヤワ目のストレート麺。思ったより塩味が強いが、こちらのは、かなり
あっさりな出汁(スープ)なので、これくらいがちょうど良いのかもしれません。
モヤシのシャキッとした食感もいいですね。キャベツと豚肉が少なめで欲を言えばもう少し野菜が
多いほうが「チャンポン」により近い感じがするのですが、発祥の経緯からみれば、こんな感じなの
かもしれませんね。
注)その後、野菜大盛+100円がメニューに追加されたようです。
ちゃんらー400円、セットでも500円。まあ、もともとが、そんな安価な気軽なチープな「麺」ですからねぇ(汗)
ただ、レトロ観光地の一角にあるとは思えない、リーズナブルさ。
カレーも気になるし、また、行きたいと思います。
 
北九州市門司区東港町2-25 /P・店舗横に置けそうな感じ?(未確認)
近隣、有料駐車場・多数あり
定休日・火曜 11時-19時
 
追記)そーいや、厨房に芋洗坂係長に似た人物がいたが、あれって本人???
    チラ見しただけで、お勘定の時に確認するの忘れてました(汗)
    トレードマークの眼鏡かけてなかったから、わからんかった(苦笑)
 

(9月27日)
暑いのとダイエットでしばらく行けてなくて、じゃあ、お昼に一番行きたいトコは、と
思いつくのは、やはりここ。
 
bce1742b.jpg

 
手前の「大平山」本店には目もくれずに(笑)
メニューは一つなので、あるか(限定数あり)を確認して、座ればOK
 
486a3ab1.jpg

 
野菜高騰の折、この価格で申し訳ないくらいのサラダ
さらに野菜の甘酢漬けが、どーんと来たので遠慮なく。
 
993e474d.jpg

 
今日はなぜか肉がゴロゴロ入っていた。今までで一番かも。
なにせ、通販向けにパッケージした残りを提供しているので、どうかすると肉がないこともある(笑)
いい素材を惜しみなく使ってるから、通販(店頭販売あり)のカレーは、結構なお値段がする。
 
最後におまけのデザート 今日は柿と源氏パイ
 
72022859.jpg

 
で、500円です。
 
北九州市門司区東本町1-1-15 /定休・日曜 /P・あり

(9月26日)
定期健診が終わったので、すこしダイエットのペースを緩めることに。
ホントは、門司大里に出現するという屋台のラーメンを狙っていて、20時頃に出現場所に
行ってみたが、影も形も無く。それで、ずーっと、ご無沙汰していた、みんずに行ってみた。
だいたい21時頃までやっているようだ。というか、この時間にみんずに寄ったのは初めて
だが、夕方よりも賑わっていた。
 
db9ec9a5.jpg

 
d01b4eef.jpg

 
女将さんの化粧が、なんだか普段じゃないって感じがしたが(苦笑)とりあえず、いつもの
みんずラーメン(680円)を。後から入ってきたお客さんが普通に「普通ラーメン」を注文して
いたが、普通に注文できる感じ(わかる人にはわかる話)に変わったなぁ。というのも、親父
さんは最近、あまり厨房に居なくてカウンターに座ってるからねぇ。
 
7899f072.jpg

 

 
今日のスープの塩加減は抜群だった。薄めだけど出汁もちゃんと出ている。チャーシューは
塩辛い感じがしたけど、久しぶりの「大当たり」だった。
こんな日があるから、やめられないんだよねー。
 
北九州市門司区高田1-10-7 /定休・月 /P・なし
 
さて、店内にも定休日・月曜と貼っているのですが、よーく月曜日に食べているんですが(笑)
なんでだろ?

(9月26日)
この日がオープンだったらしい。前から真新しい店とテントは気になっていた。
が、肉うどんのお店なら早朝営業で(いつも通る)夕方って、閉店した後なのだろうと、勝手に思い
込んでいた(苦笑)
国道3号線沿い、葛葉バス停(ポプラ)付近。隣が韓国食材関係の会社で、そちらの夫婦が経営
されている様子。
816ae144.jpg

 
シンプルなメニュー
bf56dd03.jpg

 
別メニューに韓国料理が。壁に貼ってある料理写真はハングル文字
 
89600b5f.jpg

 
肉うどん 500円
f469e7d6.jpg

 

 
見た感じ、なーんだ、フツーの肉うどんか・・・と思ったら、角切りでなく薄切りのスジ肉だった。
肉自体の味付けは薄味。スープは見た目、色が薄くて、いわゆる小倉うどんっぽくはない。
色は薄いけど、味はやや辛め。麺は平たく細目の麺。粘りは少々ってこところ。しょうがはテー
ブルには無かった。というか、韓国風肉うどん、って感じかも(どんな感じやねん)
キムチとか自家製らしいし、チジミも気になるなぁ。営業は11時から、おおむね19時までと
いうこと。偶然初日に行ってしまったので、落ち着いた頃にまた行ってみたい。
 
北九州市門司区風師3-5-10 /定休・? /P・?
 
追記)そーいや、花輪の中に、富野台(桜丘)の韓国料理「峠」からのものがありましたな。

(9月24日)
公式には(店舗前の看板は訂正していないが)夜の営業をやっていない圭順。
とくに火曜の夜は、閉まっていることが多い気がする。この日も火曜日。期待せずにお店の
前を通ると「準備中」表示があり、明かりが見える。ラッキーだ。18時少し過ぎに、開店。
 
d419527d.jpg

 
入るなり、注文より雑談(笑)
「一真軒には行かれましたか?」
おっと(笑)7月頃だったか、一真軒の情報が無くて、新規開店らしいが何か知らないかと、
聞いてみたものの、大将は初耳だったらしくて。聞かれたからには正直な感想を述べた。
「この前来たお客さんも、行って来たと言ってましたよ。何人か話してくれるのですが、ウチは
ウチなので、競う気もないし、興味はないのですが」と。
まー、そうでしょうねぇ。一竜軒の流れはあれど、圭順オリジナルを完成しつつあるし。ただ、
トウマメと紅生姜の話は初耳だったみたいで、どんな経営戦略、方向を考えてるのだろうか、
なんて、アレコレ話したり。しばし、内緒の(笑)一竜軒談義も。
 
チャーシュー麺 600円
 
b19c81c2.jpg

 

 
今日は若干、ライトな出来栄えのような気がする。その分、塩がやや強めに出ていたが、豚と鶏の
旨みは十分引き出されていた。いいラーメンになったなーと、改めて思う。
 
ごちそうさまでした。
 
北九州市門司区黄金町 /定休・水曜 基本、営業は昼間のみ。偶に夜も営業 /P・あり

(昨年のパンフが出てきて内容が若干違っていたため、記事を修正しました)
 
ここしばらくは平日の昼食=野菜の煮物+青魚の缶詰が基本、のダイエットメニューだったが、
今日は何かと忙しく、買出しも行けそうになかったので、平日では久々の「外食」。
なんか、久しぶりに「皿うどん」食べたくて、門司倶楽部へ。
 
a3c03e7e.jpg

 
野菜たっぷり。この盛りで609円はお得だと思う。
前回も皿うどんだったけど、ここんとこ「当り」続きで、うれしい限り。
たまーに油っぽいことがあるのだが、この2回は、麺がスープを吸ってくれた、その感じが、適度な
ジューシーさであり、油っぽくもなく、美味しかった
 
思い起こせば昨年の今ごろ、職場恒例の門司倶楽部の食べ放題(本館で、まもなくUP予定・笑)
あらかた食べて、終わりごろに私が仕上げの皿うどん頼んだら、他はすでにデザートモードで、
誰も食べなくて。「門司倶楽部で皿うどん食べないで、どーすんの?」と悪態つきながら、一人で
全部食べた記憶がある。
それに比べて、今、この皿うどん単品を平らげるのは、かなりしんどかった。美味しいから食べれた
ようなもの、しかし、ホント、胃袋が小さくなったナーと、実感しました。
 
今年、その「職場恒例」がなさそう。
というのも、今年は同じ系列の「小倉飯店」「門司倶楽部」で創業60周年感謝祭企画で7/2から9/29
まで、食べ飲み放題時間無制限をやっているためだ。お得で結構なことなのに「なんで?」でしょう。
 
私の職場、レディースが主力で、かつ、飲まない・飲めない人が多くて。昨年が、90分時間制限あり・
食べ放題で、平日はレディースデイ2100円。
祝日は企画自体がなく、土日はOK、ただし、大人(つまり、平日のおっさんは)飲み代金別で2500円。
 
今年、前日までの予約で飲み放題つき2980円。飲み放題「抜き」は出来ないとのこと。時間無制限で、
オッサンはお得感満載だけど、「主力」のレディース達には880円不利と言うことで残念ながら諦めた
次第。少しでも飲む人なら、今年は確かにお得だよねー。
 
個人的には、ダイエット中なので、良かったかもしれない(笑)

↑このページのトップヘ