北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市門司区

ようやく終わります(笑)
 
定食やバイキングや弁当・・・それぞれ良いのだが、結局、主に食べたのは単品。定食じゃなく
ても野菜や具だくさんでボリュームがあるので、十分でしたね。
 
メニュー(麺類とご飯もの、単品の一部を抜粋)
→最安値の「ライス150円」から、最高額は「なまこの油炒め9,000円」や、たらば蟹のXO醤・アワビ
のオイスターソースは「時価」まであるので・・・高級メニューは省略
 




 
658c2b14.jpg

小倉飯店も同じようなメニューがあるが、門司倶楽部の方が若干、リーズナブルな気がする。
 
自家製春巻(小) 800円+税  ここの春巻、旨い。2、3人かで行って麺類ご飯もの単品とって、
シェアしつつ、プラスアルファでコレ食べると妙にリッチな気分になる。タケノコ、椎茸タップリで
香りが良い。
 
f33c64f4.jpg

  

 
麻婆丼 600円+税
コレは食べた回数があまり多くないのだが、ボリュームがあり、そこそこ辛くて、でも、食べ
やすい麻婆。この値段なのに、エビや椎茸も入ってる。麻婆豆腐に豆腐と挽肉以外の他の
具が入るのは、私はあまり見たことがないのだが(私だけ?)コスパいい丼ぶり。
 
3892f206.jpg


中華丼 600円+税
ボリュームと言う点では、中華丼の右に出るものはないと思う。600円とは思えない具沢山。
餡もたっぷりで、ややヤワ目に仕上げられているので、少しばかり粘りのある中華ぞうすい
的な感じ。もっともご飯の堅さは普通だが、体調崩して、しばらく不自由していた時に、この
スルスル感はありがたかった。ただでさえボリュームのある中華丼だが、かつては、値段が
同じ裏メニューに「中華丼の分かれ」という、ご飯と、具・餡(味が濃い目の大盛・八宝菜定
食と言えばそうだが)が、別々の丼に入って提供される(つまり、ボリュームがさらに増す上
に、さらには、ご飯の追加までOKだった)ものすごいメニューがあった。
豚肉、白菜、人参、きぬさや、エビ、イカ、木耳、タケノコ、うずらの卵・・・と、たっぷり。
 
d4dfc32f.jpg

eea70e73.jpg

805f7b87.jpg


 
かつて存在した「わかれ」
48e192d3.jpg

 
さて、オオトリは、皿うどん。こちらも600円+税。
こちらでは、「かた焼きそば」が、いわゆる長崎(細麺)皿うどん。フライ麺に餡かけのスタ
イル。「やわらかい焼きそば」は、炒めそばであり、麺にスープを吸わせない。こちらの「皿
うどん」は福岡・福新樓スタイル。麺をカラカラに焼いてスープを吸わせる。スープの量が
多いと、やわやわになるが、コチラのは「やわ」ぐらいかな。
兎も角、この「皿うどん」がツボに嵌り、割合的には訪問10回中7回は皿うどん食べてた気
がする。あまりに毎度食べていたので、カメラが新しくなってから1回しか撮影してない(汗)
 
3646c1b0.jpg

8e65d9de.jpg

00e76c00.jpg


92e4397f.jpg

 
具材、特に野菜の盛りに注目だ。豚肉、キャベツ、モヤシ、人参、エビ、木耳、練り天ぷら、
カマボコ。野菜が多いから意外とヘビーではないが、途中で、少し酢や醤油を加えるとサッ
パリ感がでて、また旨い。
 
とてもコスパがよくボリュームがある料理から、高級食材の料理まで。大衆的な部分と高級
料理店の面。この幅広さが門司倶楽部(小倉飯店もだが・・・)の良いところだと思う。
ああ、食べたいなぁ・・・
 
北九州市門司区清滝3-1-8 /定休・月曜(祝日の場合は営業し翌平日が休み)
 
 
 

同じ経営の小倉飯店でも同じような企画があって出かけたことがあるのだが、内容は門司倶
楽部の方が良かった感じがする(個人的感想です・・・)
オーダーバイキングですが、専用のメニューから選ぶので、かつての「八仙閣」のグランドメニ
ューからどれでもOK、という太っ腹なバイキングではなく、期間ごとに?若干の内容変更がある
ように見受けてますが、前日までの予約で1980円(予約ナシは2480円)という値段と、時間無制
限と言うのが凄い。まあ、夜だけの企画なので17時~OS20:30なので最大でも3時間半なのだが、
60分もあればお腹一杯になるので時間はあまり関係ないかな(笑)
 
37e7514c.jpg

 
前菜盛り
449b0ace.jpg

 
エビチリ
cf379985.jpg

 
蒸し鶏の葱ソース
6246fb48.jpg

 
たまごスープ
89c8435e.jpg

 
砂ズリと胡瓜の和え物
ad5a7194.jpg

 
野菜、豚肉、玉子炒め
28b39b95.jpg

 
やわらかい焼きそば(皿うどんとは違うもの)、自家製パリパリ春巻、あと一つは、イカの
XO醤炒めか?(記憶曖昧・・・)
 
23c57075.jpg

 
鶏もも肉の唐揚げ
d7432ffd.jpg

 
ホイコーロー
c4686106.jpg

 
このときは皿うどん、海老の甘だき、カタ焼きそばがなかったですが、エビチリや春巻が旨かった。
ちなみに無料情報誌「N」だけの特典じゃなくお店にもチラシがあるので、言わなくても大丈夫です。
 

門司倶楽部、2回目は定食編。
 
まずは日替りの昼定食 735円(税込)。
月ごとにメニューが出るが、揚げ物は何が付くかは当日のお楽しみ。 
 
豚ヒレ肉の黒胡椒焼き、揚げナスのマーボーソース  
海老天つき
6ef311d0.jpg

鶏肉と野菜のカシューナッツ炒め、イカと野菜のゴマ和え
春巻付き
cfbb78ce.jpg

 
麻婆ナスと海老のマヨネーズ炒め
唐揚げ付き
2bfcd9f8.jpg

 
海鮮と野菜の炒め、麻婆ナス
甘辛手羽揚げ付き
d4407b62.jpg

 
鶏肉と野菜の辛味炒め、酸辣湯麺
38faa173.jpg


 
海鮮とエリンギの炒め、タンタン麺
d87990bd.jpg

 
 
豚バラ肉の生姜焼き、玉子ラーメン
871e476b.jpg

 
日替わりが麺類の日は、かなり覚悟が要るくらいボリューミー。タンタン麺以外は薄味系。 
店内入ってすぐ左にその日のサンプルがあるので、それを見て定食か、単品か決めてい
たなぁ。定食をコレだけ上げてるけど、実は食べたものすべてに近い。ほとんどは単品モノ
を食べていた。しかも、4種類ぐらいに偏ってた(苦笑)
 
こちらは、夜もOKの、おすすめ定食864円  何種類かあるが、こちらはコレが美味しい。
海老の甘だき
ab495d11.jpg

37b7fadd.jpg

 
続きます(笑)

門司港を望む高台・・・最近はマンション林立であまり景色がみえないが・・・老舗の中国料理
店。国道3号線、九州鉄道記念館の赤煉瓦前信号から山手方向へ。
駐車場がしっかりあるのが強みだし、比較的リーズナブルであり、訪問頻度は高かった。
門司港で中華店、と聞かれて、萬龍(今の龍)、あかしあ、朋友とコチラしか思い浮かばないし、
街中から若干は外れるが車で何人かと、あるいは職場の宴会で、と。コスパが良かったのも
あって・・・あまりに画像が多いので、4回に分けます(笑)
ちなみに、小倉堺町の「小倉飯店」とは経営が同じです。コスパは、コチラに軍配上げますね。
 
まずは弁当編。
 
c9a7c9d0.jpg

以前は小倉のコレット地下でも弁当販売があったが、正直イマイチだった。お店で食べる
とホントに旨いのに・・・ところが、門司港に勤務して、偶に弁当配達を頼むことがあり食べてみ
ると、やはり美味しい。しかも、安い。なんだ、この違いは。。。
 
牛肉とピーマン炒め
fcd4e9ec.jpg

 
海老の甘だき
9f2d63b1.jpg

4360bfea.jpg

 
鶏肉の甘だき
3b12fe24.jpg

8b40d483.jpg

 
鶏肉の梅肉マヨネーズ
名前からも見るからにカロリー高そうなのだが、梅のさっぱり感があり、ボリュームあるが、
いちばん良かった弁当。
3c9712d0.jpg

d78a1d58.jpg

 
皿うどん&チャーハン
ボリュームナンバー1。私が門司倶楽部でいちばん好きなメニューである皿うどん。  
春巻まで・・・(嬉)
b6098c9c.jpg

 
その他食べてるのに画像がない弁当が、鶏肉の黒胡椒炒(お昼の日替わり定食でもよく
登場するのメニュー)、海老のチリソース、酢豚。他にはいかと野菜の辛味炒、ビーフン&
チャーハンなど・・・
 
で、他にも単品モノや、ちょっとリッチな中華弁当(2種)とかもありますが、上記の弁当は、
すべてワンコイン・・・ありえんです。
 
注意点は、注文はFAXのみ。朝10時までにあらかじめ注文してから受け取る(お店にイキ
ナリ行っても買えません)こと。お昼限定ということ、近隣への配達は2500円(つまり5食)
以上であること・・・詳しくは、お店に・・・。
 
北九州市門司区清滝3-1-8 /定休・月曜(祝日の場合は営業し翌平日が休み)
電話 093-331-2331  FAX 093-332-3947
 

門司港レトロからワリと近く。出光美術館や二代目清美食堂からだと、ほんの少し先にあるの
だが周囲は港湾関係の会社や倉庫しかない上に北九州市港湾局の「関係者以外進入禁止」
の標識がある(汗)食堂に行くために通る「関係者」なので、堂々と(?)出かける。元々、今の
門司港レトロ、海峡プラザがある付近で営業していたのだが、レトロ再開発に伴い、今の場所
に立退き移転した経緯があるとかで、問題ないとの認識(笑)
朝は6時から営業、昼過ぎ13時には閉店となる。
 
ca886769.jpg

ちなみに以前は看板があったのだが・・・2012秋→2013秋と段々減少。今の姿は2014冬から(笑)
反対側の軒先テントは健在なので、辛うじて店名が確認できる。
 
5c2e4708.jpg

fde22a9d.jpg

31bc432c.jpg

 
ちなみに、お店の前に、こんな景色と、場所はこんなトコです。
0ed4e030.jpg

ab29879c.jpg

 
bc95ab47.jpg

問答無用のメニュー。安すぎる・・・ 内容は日替りとなる。いや、時間によって微妙に内容が
変ってる気配がある(笑)
5f16ec78.jpg

 
朝定食 300円  ※普通盛です
卵は栄町商店街の名田鶏卵店の卵を使用→http://blogs.yahoo.co.jp/beyan39/35358206.html
 
cfc489b5.jpg

45f642c6.jpg

51ba0c8a.jpg

8098d8cf.jpg

7f953ce3.jpg

c2ca5292.jpg

196dec36.jpg

 
9f6b9f51.jpg

 
昼定食 330円
e0547000.jpg

1e0751df.jpg

c6e3e85d.jpg

昼定食は揚物中心。揚げ物の下に野菜やポテサラが隠れている(笑)
朝定食も昼定食も、ボリューム満点。こちらの良いのは味噌汁。これも日替わりであるが
季節野菜や豆腐・油あげなど、とても具沢山で。例えば或る日は、わかめ・ナス・モヤシ・
ネギ・あげ・白菜。味も良いし熱々で。
 
ちなみに、朝と昼の境目だが・・・朝遅めの時間帯で準備が出来てたら朝のウチに昼定食も
可能だし、昼の時間でも朝定食が可能なようだ。
 
弁当 350円
5d895a8e.jpg

881539dd.jpg

 
参りました(笑)350円じゃないでしょう・・・
 
北九州市門司区東港町5番 /定休・H27年4月から 第一、第三日曜。
ただし営業の日曜は、朝のみ営業
 
(おまけ)
移転前の位置。お店にある、門司港の写真家・魚住氏の撮影による旧店舗の写真から、
大将と奥さんの証言から推定・・・
上の画像、奥はレトロの船溜りとバナナマン像、そして門司港ホテル。
下の画像の奥は、門司港レトロライン(トロッコ)踏切、「志ろ」「海人」「にしき」「マリーゴールド」
「六曜館」「栄町アーケード」
1cb801a5.jpg

a258b83c.jpg

 

門司港ホテルの、まん前。昔あった喫茶店の印象があって、てっきり喫茶かと思っていた。
それに、国道3号線山側のワンコイン攻勢に比べレトロに近いのでお値段も高め。そんな
こんなで、なかなか行かなくて。それが、大失敗だったと気がついたのは、この春先ぐらい。
転勤がなかったら、昼夜で月2ぐらいは通ったかもしれない。夜は食事とカフェ、昼はランチ
中心での営業。店内で、何故かビリー・ジョエルがよく流れていた印象。
 
d08ab41c.jpg

 
ポレポレはスワヒリ語で「ゆっくりと」という意味らしい。ランチタイムはなかなかゆるりとは行
かないが、夜はのーんびり出来る雰囲気がある。
 
店内外 早春の景色写真しかなかった(汗) 関門橋を望むロケーション
c051b499.jpg

2d620162.jpg

556fec06.jpg

e1749200.jpg

 
ランチメニュー 平日のランチは100円引き。

fc64ebda.jpg



 
カレーはランチタイムも夜タイムも値段は同じだが、サラダセットにできるのはランチのみ。
 
夜メニュー


 
他に昼も夜もアルコール含めたドリンクメニューあり。門司港地ビールも味わえる。
まずはランチ。
 
チキン南蛮タルタルソース
c1f01ebc.jpg

6e21332c.jpg

78493a41.jpg



 
ドレッシング始め、なるべく手作りで・・・ということだが、なるほど、タルタルも、野菜にもたっぷり
かけられる南蛮の甘酢タレが旨い。サトイモの煮物はゆずで香りよく。平日100円引き、でなけれ
ば、やや高めの値段設定だが、、料理への姿勢というのかな、こだわりが感じられた。
 
鶏もも肉のソテー トマトソース
 
0cb69a61.jpg

 
これもトマトソースが美味しい。定食は野菜がたっぷりに雑穀米と健康志向。野菜にもこだ
わりあるようにHPか何かで見かけたような・・・
 
焼きカレー 900円
20234db5.jpg


弱い苦味と、ごくごく少しだけ感じる甘み。そしてスパイシーさ。門司港レトロ界隈は、幅広い
客層に対応するかのようなマイルドな焼きカレーが多い中、個性のある「大人の焼きカレー」。
フルーツ系の甘みがもう少し強めでもいいと思ったが、そいういう意味でも大人のカレー。
なんでも、カレーのルーに、どの店にも負けないものを、と拘って作ったそうだ。個人的門司港
焼カレーランキングは6位だが、何回か食べてたら、もっと上位に来てたかも。私のようなビン
ボー舌ではなく、味のわかる方なら、もっと上位になるだろう。
 
スパイシーチキンカレー 900円
af6a86b7.jpg

お店の方も話してたが、焼カレーより、ある意味、こちらが本線か。サラサラのスープのような
カレーは、私が把握する門司港のカレーでは随一の辛さ。スパイシーさで汗が吹き出るが、
爽やかな後味。同じお店の焼カレーとは、かなり印象が違うもの。普通のカレーと焼カレーを
提供するお店は多いが、ほとんどは共通のルーを使っている感じであり、こんなトコにもこだわ
りが垣間見える一品。骨付きの鶏肉は匙で容易に崩せるほど柔らかい。自家製のピクルスと
共に、味わいたい。少し粘りのあるカレーが好みなので、門司港の個人的カレーランキングは
5位だが、これ、何度か食べたら絶対にクセになりそう。
 
結局、食事ばかりで4回。夜、お酒でも飲みながら、ゆっくりしてみたかったなぁ・・・。2度目の
時点で、何故かシッカリと顔を憶えられていたんだが・・・常連になり損ねたなぁ(笑)
 
北九州市門司区港町9-7 /定休・月曜

本来の店名の文字が出ないので・・・標記は、伽「口厘」本舗が正しい。
(→情報により修正しましたが、表示されていますでしょうか・・・)
門司港駅前の「あわや」ビル2階にあるお店。いわゆる門司港レトロ地区にある焼きカレー
店では、1番だと思う。門司港焼きカレー、個人的「勝手にランキング」第4位。
本店は博多の中洲川端アーケードにあるカレー専門店。ここのオーナーが門司港出身であり、
故郷に出店したこちらは、さらに焼きカレーに特化した専門店。そこが門司港で焼きカレーを出
す他の店とは、決定的に違うところ。
 
2cb4dfa6.jpg

階段を登って2階へ。


a23bdb2c.jpg

 
店内 (門司港駅は現在、改築中で見ることができません。ファミマは看板をこげ茶に変更。)
8a08a90f.jpg

d1010e6f.jpg

b899dc0e.jpg

c4b08835.jpg

 
メニュー




3ca6a94a.jpg

 
平日限定ランチメニュー (11時~14時) 600円。。。チョイ前まではドリンク付だったが、今は
ドリンク、スモールサラダ共に、プラス100円となっている。平日は600円で焼きカレーを食べら
れる。
2155e997.jpg

木曜のチーズたっぷり焼きカレー
5881aa46.jpg

 
金曜の「秘密の焼きカレー」(=内容は当日) この日は牛すじ焼きカレー。これ旨い。
7640de62.jpg

 
焼きカレー 800円
c23c21e4.jpg

 
トリプルミートの焼きカレー 1050円
32392d0a.jpg

シーフードの焼きカレー 1050円(画像はレディス950円)
9cd10a08.jpg

 
昔の焼きカレー 950円(とろけるチーズがない時代のカレーと言う想定)
f16590bc.jpg

 


 
ジャコ入りの福神漬けでサッパリと。自家製カレー香味油は適宜追加。
8b1b5861.jpg

 


 
偶に短期間限定(創業周年の週間)で昼も夜もワンコインやってることも。あたればラッキー。
たぶん2月末ぐらいかと・・・例えばイカと牡蠣、黒毛和牛と野菜とか。
a0d90e86.jpg

aad2ea5b.jpg

 
レトロ付近にある焼カレーは無難さを狙いすぎているのか、マイルド過ぎてコクも少なめ。
こちらのはカレーは辛さも標準的でいい意味でオーソドックス。やや濃い目の味ながら、ちゃん
とコクも味の深みもそれなりにあって上手くまとめられたもので、流石に、カレー専門店。ルー
自体が旨いのがここの強み。そこそこスパイシーで甘味もある。辛さに強い向きには、やや物
足りないかもだが、辛さ追加(有料)もしくは、少しの調整であれば香味油を入れて調整しても
いい。肉もちゃんと形がある物がゴロッと入っている。私はもっぱら平日ランチと、普通の焼き
カレー食べてたけど、コスパは良いと思う。
 
レトロ観光地の中にあって、内容と価格と味が納得できるもの。駅前だし利便もよく、観光だけ
でなく、用向きで来られる方にも、オススメしてる店です。
 
北九州市門司区港町9-2 あわやビル2階 /不定休 /提携Pあり。 
 

↑このページのトップヘ