北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市門司区

門司港・焼きカレー 勝手にランキング第5位(笑)

栄町アーケードと並行する通りにある老舗。10何年か前はカレーのお店はあれど(閉店した
「濱司」や、今もある「ドルチェ」とか・・・)門司港の焼きカレー提供店は今ほど多くなく、その中
でこちらは、テレビ等の取材もあったし、ガイドブックにも載ってた。なので、当時、焼きカレー
といえば、元祖の山田屋(閉店)かコチラに来てました。
現在は「焼カレーマップ」にも掲載していないし、知る人ぞ知るといった感じになってるかな。
ビアホールとなっていてお酒も、各種のつまみも提供する店だが、もちろん、食事のみも、
子ども同伴もOK(ただし、焼きカレーは火傷に注意なので、それ相応の年齢じゃないと・・・だ
けど)。あと、入口付近に飼い猫ちゃんがいる場合がある(何度か通って見たのは1回だが)。
 
4c90426f.jpg

 
 
店内 奥に個室っぽい部屋もある。
f2c87b1a.jpg


 
5da6f0f5.jpg

メニュー
 


焼きカレー以外にも普通のカレーや喫茶店食事メニューもあるが、結局、焼きカレーばっ
かり食べてる(笑)
 
焼きカレー700円 (ミニサラダ付き) 安い・・・!
 
d742558c.jpg

 
0330f5c0.jpg

3af6a567.jpg



 
グツグツ感が画像で伝わらないのが残念。
グラタン皿というか土鍋?での提供。皿での提供にはない、しっかり熱せられたグツグツ感と
保温性。カレーはマイルドタイプで食べ手をあまり選ばない。もう少しスパイシーさがあるとな
お良い感じはするが、おそらくチーズの量が多いのもあるのかも。チーズもだけど、肉もしっか
り入るし、コクも旨みもあって、やはりカレーがしっかりしてないとね。カレーとライスは、あらか
じめ混ぜているタイプだ。
 
昼も夜も、休日も・・・税込700円でサラダまで付くコスパの良さ。焼きカレー入門には、オスス
メの店。レトロから少し足を延ばして、いかがですかな?
 
北九州市門司区栄町6-21 / 不定休
(食べログでは日曜休みとされているが、その日曜の夜でしたが、食べたことありますよ・笑)

関門を、ひとまわりしてきました(笑)
 
門司港編です。
日曜UP分からは、私が超ヘビロテした「門司港厳選編」です。
あと、残り僅かになりました・・・というのも、転勤で門司港を離れたためです。
土日ランチをやってるとこも多いのですが、門司港の魅力は月-金の平日ランチ。
これほど充実して、かつ安いランチは北九州一じゃないかと思っています。
出来れば・・・また勤務したい街です。
 
47a3cd2b.jpg

 
 (備忘録)
今回のシリーズでは登場しなかった、「実は、ずいぶん前に行って、それからリピ出来ていないが、
印象が良かった門司区の店」、書いておきます(笑)
→ リストランテ東の丘、ロッジ、チムチム、力餅、白龍(門司駅前に移転していた・・・)、千両
 

国道3号線、門司区葛葉。通勤時に、徒歩帰宅時に、前をよく通っていたのに、ほぼ、初めて
寄ったような・・・コチラ、ソフトクリームの扱いもあるのに、寄らずに惜しいことしたなぁ。
もち吉のソフトクリーム、旨いからねぇ。
 
96ed29d7.jpg

 
元気で明るい接遇だ。気持ちいいいよね。
自分の気持ちは晴れてなかったけれど、少し救われた気がした。
なにせ、寄ったのは、職場へのご挨拶に・・・だったので。
 
ceaa43d5.jpg

0b71e2bb.jpg

 
安くて量があり、喜ばれるから、実は最強の「ご挨拶」かもしれない。
 
はい、そういうことで・・・
 
門司港から離れました。ラスト16店舗は、「厳選」門司港。ヘビロテした店が、ほとんどです。
 
北九州市門司区葛葉2-3-3  /定休・なし

門司港レトロの「跳ね橋」近くにある、地ビールの醸造元で、1階のジンギスカンコーナーと、
3階のビアレストランを併設している。2階に店舗はなく、ビール醸造設備がある。
食べログで、門司港地ビール工房と検索したら出てこず、「ビアレストラン」と「ジンギスカン」
という名の、門司港地ビールなんて全くつかない店舗が2軒存在するようになっているよ(苦笑)
 
8c862e86.jpg

0f58be31.jpg

 
この日は1階でジンギスカン。最初は、あまり気乗りしなかったのだが。
ラム肉の独特な香りが・・・ジンギスカンで唯一、旨いと思ったのが、たった1度の北海道
旅行で行った、サッポロビール園。ここで初めて生ラム肉のジンギスカン食べて、美味し
さに驚いたことがある。
 
9afa18dc.jpg

 
ヴァイツェン、ペールエール、ピルスナー。どれがどれだが忘れたが(笑)
香りが芳醇で、飲みやすいビールだった。黒ビールは苦手で、褐色系はどうかと思ったが、
飲みすぎた(苦笑)
 
生ラム
5da9518d.jpg

 
こちらは、ラム肉(ロールマトン)
17686931.jpg

 
気乗りしなかったのに・・・あれ、どっちも旨いや(笑)
 
9ab8a9e6.jpg

 
北九州市門司区東港町6-9 /定休 5-12月は無休 1-4月は第二第四日曜(祝日営業)

門司の大里地区は、ホントはもう1軒あった(「楊楊」が閉店)のと、久しく行けてない店(ロッジ、
チムチム、力餅、さんはっと)他もあるのだが、ひとまず「締め」で。締めは、やはりこの店でしょ
う。名前を挙げた「久しく行けてないお店」と、だるま食堂がある、穴場な通り。ここに目をつけ
たのが、当時、まだ違う仕事をされてた「圭順」の大将。空家多くて家賃も安いと(笑)
その、前の仕事絡みで知り合いになって、そう話すのを聞いていたが、まさかホントにラーメン
屋さんになるとは思ってもなく。
最初は試行錯誤で、師匠店の片鱗は見せつつも、まだまだな感じだったが、あれから10年以
上の月日が流れ、名店の域に近づいた気がする。
 
1f740d73.jpg

 
cf025cac.jpg

 
何年か前から、表向き夜営業は止めていた(たまに常連さん向けに1時間くらいひっそりやって
たけど)が、昨年ぐらいから、完全に昼のみ営業に。お客さんの居ない時間に、長話できてたん
だけど、ちょいと残念。
 
ラーメン 500円
36a6e0e0.jpg

 
チャーシューメン 600円
ae799188.jpg

fa20162a.jpg

 
いろいろ議論あった麺だが、頑なに変えずに、いつのまにやら馴染んだなぁ(笑)

 
基本的に濃いハズなのだが、雑味がなく後味スッキリ。味付けはカドがなくマイルド。しかし、
薄く感じたりすることはない。師匠の唐津・一竜軒は正式に弟子を取ってないと聞くので、勝手
に勉強したらしいが(笑)しかし、後発の類似店とはずいぶん違う。
人知れず工夫や、ひと手間があるのだろう。アレに頼るとロクなことないしね。
 
早い者勝ちおにぎり(笑)ここの漬物・・・ワリと近所で仕入れてるらしいが、旨い。
 
22ed8e39.jpg

 
親父さんが「一竜軒」近くで仕事してて、幼い頃からよく連れて行ってもらったのが、始まりら
しく、好きで仕方なく、唐津に移転してからも通ったそうで、好きこそものの上手なれ・・・なん
だろうなぁ。
その親父さんと、ウチの父が、まさかの同じ職場とは驚いたが、対して私は、子どもの頃は
偶にしか一竜軒に行かなかったし、南小倉時代の一竜軒で最後に食べたのは昭和55年だ。
(私は比較的近くの「東洋軒」の方が圧倒的に多かった。)
唐津の一竜軒は何度か足を運んだが、いかんせん、遠い。全くのコピーではなくて、しっかり
オリジナルな「圭順」だが、底流にある「一竜軒」テイストを味わいに(昼のみ営業でハードル
は高くなったが)出かけている。
 
北九州市門司区黄金町10-25 /定休・水曜
 
追記)近づいたと書いたのは、ラーメンそのもの以外で、改善したら良いのにと思うことが
あり・・・(笑)まあ、いいかぁ。すでに名店かもしれないね。「みんず」無き今、個人的には大里
で一番、門司港の「大三元」とともに門司区のツートップだと思っている。それは兎も角、食べ
ログ店舗情報、2年前に営業時間を書き換えてたのに、恐らくは店頭看板情報を根拠にわざ
わざ前の情報に書き直されてた(苦笑)また、そのうち訂正しておこう。。。汗
 

国道3号線沿い、社ノ木と原町別院の間くらい。「下馬寄」って、地名はあるが、地元以外で読
める人は少ないかもなので。「しもまいそう」と読みます(笑)
まん前に焼肉ウエスト、並びに以前は大里飯店の支店があったが、今は、Y!モバイルになって
いる。国道沿いの駐車場は、常に車が入っているような印象。Y!モバイルの後ろにも駐車場が
あるのはあまり知られてないのかな。「圭順」は夜営業していないし、「みんず」はすでに無く。
私自身、もしかしたら、門司の大里地区では一番訪問しているラーメン店かもしれない。
 
fa4d138f.jpg

 
メニュー  シンプルさが良い。
d9fd23fb.jpg

 
細麺で出来あがるのは早いけれど、まずは高菜漬を小皿にとり、ほんの少し醤油をかけて
つまみながら待つのが私の定番。辛子高菜ではなく、ごく普通に高菜漬だが、妙に旨い(笑)
 
c1115671.jpg

 
ラーメン 600円
3af8ca87.jpg

15300df3.jpg


 
長浜系らしく、味にブレ(半端ないブレ幅)があるのが、コチラの特長ではあり、それも魅力の
一つと解釈している(笑)長浜系スープの宿命であり、本場・博多の元祖系もブレが大きいの
と同じ。こちらも良くないときは味が単調で薄っぺらいか、反対に濃厚すぎて脂分多くて妙に
甘味が強いか・・・なのだが、最近は良い意味で、しっかり乳化した安定感があるスープが多
いように感じている。北九州では希少価値のある極細麺にスープの絡みも申し分ないし、麺
とスープの量もしっかりあるので満足感がある。なので、以前ならまだしも、最近は替玉まで
手が出ない(笑)
 
場所は良いとは言え、繁盛振りには、それだけの理由じゃない何かがあるように思う。
 
北九州市門司区下馬寄1-8 /定休・月曜 /P・店舗横、モバイルショップ裏

門司区黄金町。「圭順」の斜め前くらいのカド地にある、(表の看板を見る限りは)中華主力の
「食堂」。隣が、洋菓子の「チムチム」。さらに同じ通りには「力餅」や「ロッジ」など、知る人ぞ知
る名店が軒を並べる、大里地区の穴場。国道3号線沿いの、ベスト電器・資さん・すきや・さん
はっと・ちろる・・・等から2本ほど入った場所になる(「一方通行」に注意)。
 
254eaf85.jpg

fe905d45.jpg

店内
c423f7e9.jpg

85416426.jpg

メニュー
b648a191.jpg

d1677f31.jpg

 
「圭順」の大将オススメ(というか、コレばっかり食べてるらしい・笑)の、天婦ら定食 850円
 
9da591d3.jpg

09142ae9.jpg


海老が3尾も。妙に嬉しい。レンコン、かぼちゃ、玉ねぎ・・・衣は厚めでカラッというよりは「しっ
とり」。揚げ具合は専門店のそれに比べると、ごくごく普通だけど、勿論、揚げすぎと言う感じは
なくて、柔らかさを残しつつ、しっかり火の通った食堂系の天ぷら。天つゆは、やや辛め。味噌
汁jは具もしっかり入って、全体的にボリューミーな一品。
 
カツカレー 700円
a9b84939.jpg

 
5ebc655b.jpg

fbfa3508.jpg

ルーは、適度な辛さの後に、甘味が遅れてやってくるタイプ。しっかり炒めた玉ねぎの甘さ?
だろうか。カツは厚めのタイプではないが、カツカレーとしては十分。やや脂身多いが、カラッ
と揚がっている。コスパは門司港のカツカレーにはかなわないが、ふつうに良いかも。

皿うどん 650円 
 
b9bf78d6.jpg

bef36a7e.jpg


 
コレ、2回食べてる。もっとチャンポンとか他のにすれば良いものを、何気に頼んでしまう。
味付けは濃い目。あまり麺が太いのは食べ慣れないのもあってか、個人的には細麺の揚げ
麺が好みで、その意味で、コチラのは極細で餡が絡んで、すぐに私好みの「柔らか」になるし
かといって、パリパリ部分も噛み心地よくて、好きなタイプ。具の量も多くて、豚肉、キャベツ、
人参、もやし、ネギ、木耳、カマボコ、海老・・・。野菜たっぷりだし、ご飯にも合いそうな一品。
 
次は、ちゃんぽん、焼きそば・・・かな。
 
北九州市門司区黄金町5-15 / 定休・? 夜は7時くらいまで?? /P・あり 
 

 

↑このページのトップヘ