北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)閉店した思い出の名店

門司港シリーズも終了したばかりでUPしなくても、と思ったのですが、コチラの方が別のお店
の茄子天UPしてたので(笑)久々に行ってみると営業内容もかわってたので、UPします。
 
昨日、息子と出かけてきました。平日と違い、土曜日は比較的ゆったりしてるのね。。。
営業内容が、かわってました。
定休日に水曜が加わり、水曜・日曜・祝日。小学生以下はご遠慮、と営業時間は変らず、
11:30-13:00まで。一時お休みしてた、丼モノが復活してました。
 
で、私は季節もの、なすぶっかけ600円
 
f0069a3f.jpg

 
18cec336.jpg

このナスの巨大さがわかりますかねぇ。油っこくないし、季節のものなので、旨い・・・
 
初体験の息子は、こちらの人気メニュー 野菜天ぶっかけ 550円
 
bd14addc.jpg

 
食べ盛りの息子がギブアップしそうになってた(笑)見た目より量が多いのがコチラ。
丼セットも美味しいのだが、選ばずによかったかな。
 

 
北九州市門司区栄町3-20 /定休・水、日、祝

最終回の予定(笑)
 
訪問3回に2回は食べていた「野菜天ぶっかけ」(550円)の「ひや」。麺もだけど、野菜の量も多
いから、お腹一杯になる。野菜天は季節により微妙に天ぷらの内容が変るのも、楽しみだった。
 
90471786.jpg

いちばんオーソドックスなラインナップ。
いも、蓮根、茄子、カボチャ。大根おろしにカイワレに温玉とネギ、刻み海苔
 
椎茸天プラスバージョン
1796378d.jpg

いも天2枚バージョン さらにボリュームUP(汗)
47e7e466.jpg

 
こちらはピーマン天(見えないが・・・)
a9a66d66.jpg

ピーマンに椎茸天
2a258386.jpg

 
いちばん季節を感じたのは、これ。たけのこ天が入る、春。
68776243.jpg


c346abec.jpg

3ddc3aae.jpg

 
販売中止しているセット ざるとカツ丼(700円)、かけうどんとカツ丼(650円)
思ったのだが・・・おそらくうどんも丼も、単品モノのフルサイズ。普通はどっちかがスモールに
なるものだが・・・
08a3f3ce.jpg

a66ea4af.jpg

 
カツも立派なカツでやわらかい。

同じく丼単品。 天丼500円 大きな海老2尾入り。
a466af19.jpg

 
醤油は門司港らしく、やっぱり・・・ヤマニ醤油使用。甘めの醤油だが出汁が効いてるので
しつこい甘さはなくて心地よい。裏打会との共通点は多いが、さてさて??聞いてみたら、
良かったかな・・・?
 
裏打会の一員である、港屋千兵衛が、めかりのノーフォーク広場に移転してしまって、サラ
リーマンがお昼に旨いうどんを食べるために・・・コチラに集中してしまったのか、いよいよ、
ハードルは高くなったが、門司港では押えておきたいお店だ。
 
北九州市門司区栄町3-20 /定休・水曜 日曜 祝日 /営業11:30-13:00
 

続き
 
コチラで、3回に2回は食べてたのが野菜天ぶっかっけ、なんだけど。
ますは、それ以外のメニューから・・・
 
肉うどん 500円 ボリュームあるなぁ。煮玉子半分が入る。
2b81a740.jpg


ざるうどん 400円 単純にコチラの麺をあじわうなら、コチラ。以前は丼とのセットが良かった。
 
8e7d32b3.jpg

 
大根ぶっかけうどん 400円 シンプルな基本のぶっかけ。天ぷら不要なら、これもいい。
ぶっかけには、温泉玉子が付く。
 
aa7b89da.jpg


 
カレーうどん 500円 と、ライス100円
b284a11f.jpg


 
山かけうどん 500円 写真にはないが、「山」の下から煮玉子半分が出てきます。
 
0ae6449f.jpg

天ぷらうどん 500円 天ぷら=海老天うどんの様相。が、エビの下から茄子天が見え隠れ。
この値段で大きなエビが2尾というのが凄い。
5280af28.jpg


 
山かけぶっかけうどん 600円
a0bc965f.jpg

 
茄子天うどん 500円 & 茄子ぶっかけうどん 600円
巨大な茄子天。これからの茄子の季節には、よく食べていたものだ。
いや、汁うどんより、ぶっかけの選択の方が圧倒的に多かったが・・・
d814ccdf.jpg

b4c9a852.jpg

 
9e1d83a7.jpg

580fa8b5.jpg

 

細麺ながら、キリッとエッジが残る。しかし、堅くはなく、むにゅーんっと来るが、噛む時に
土俵際で粘る麺。豊前裏打会の麺に似ているが、その透き通るうな繊細さという感じは
なく、コチラの方は「豪快」ってイメージ。そう、お値段も安いし、量も多い。麺の量はヨソ
のうどん店の、やや大盛ぐらいにはなるんじゃなかろうか。豪快にかっ食らう。それが、
この店のスタイルかも。
 
さらに続く・・・

門司港栄町アーケードに店を構える、営業時間はたったの1時間半という、地元民以外は超
ハードルの高い、人気のうどん店。2014年8月に、前の店舗から、3軒西寄りに移転した。
以前紹介した、名田鶏卵店のお隣だ。店名の大きな文字の横に小さく書かれているのは、
「私にうどんを与えてくれた神様に感謝します」とある。これは前の店舗と同じだが。
 
21a56ade.jpg

移転直後。まだ、店名表示もない頃。
65f63952.jpg

入口。以前は店頭で野菜のコーナーもあったが、その部分は旧店舗に残り売り場拡大。
新店舗には、いなりや、おはぎ、天ぷらなどの惣菜コーナーは一緒に移っている。アーケード
の電照と暖簾には「ちょっとこい」と。
 
3a855be2.jpg

c951b923.jpg

 
営業時間は11:30-13:00。ただし売切れ次第終了。比較的ゆったりしていた後休みに間に
合わなくなってしまった。もっとも、以前から13:00以降に残っていることが少なめではあった
が。さらに、中学生以下は「ごめんなさい」になってしまっている。営業時間が少なくて、混み
あうから、仕方ないよねぇ。
 
店内  概ね、4人テーブル×3、長テーブル12名、カウンター8名
6fc9d2d1.jpg

7170db7d.jpg

720d7847.jpg

 
メニュー&券売機。ここで食券を買って奥のカウンターに出す。ぶっかけは温かいのと冷た
いのがあるので、その際に伝える。そーいえば私は、ぶっかけはすべて「冷」で食べたなぁ。

 
あれ?丼ものと、丼が付くセットが無くなってる(驚) ※注→復活してます
fceb10ab.jpg

 
うーん、営業時間といい、どうしたのかな。チラッと聞いたら丼ものは当分、しないと言うこと
だった。体調でも悪いのかな、と心配になる。
 
4a21e7e0.jpg

ac20d46b.jpg

bbc759b6.jpg

e163cc5b.jpg

 
食券を出したら、注文受取カウンター下の保温機から、おしぼりを貰い、左端の「ご自由に」
コーナーへ行き、昆布の佃煮や、漬物を小皿にとり、お冷かお茶を自分で入れて着席。
昆布や漬物をツマミながら、しばらく待つと、最初の野菜天ぶっかけのお客サマー、とか、後の
・・・と言う感じで呼ばれるので、ちゃんと神経をそちらに向けておかなければならない(笑)
以前はフードコートのようにポケベルがあったのだが。
 
食べ終わったら、お盆ごとカウンター右の返却コーナーへ。おしぼりは、カウンター下の樽、
割り箸はゴミ箱へ。
 
以上が、ご利用方法(笑)
 
旧店舗の今
48c4ac6b.jpg

 
以前のメニュー(丼復活により2015.7現在、現行メニュー)
 

 
店頭で買った、よもぎ餅。やわらかめな餅だった。


続く・・・

満福ラーメンで腹ごしらえして・・・てふてふ歩いて、県境の山国川を越えて、中津へ。
100キロウォークに参加する遥か以前より、こちら方面に来たら寄っていたのが、チキンハ
ウス。当時は、今しがた通ってきた山国川を渡って、まもなくの丸山町にあった。その後が、
ここ豊田町で、現在、本店は同じ中津市の中央町に再移転している。
丸山時代と、ココで10回以上は寄ってる。他に豊前店も行ったりと、お気に入りの唐揚げ。
 
25e45c4c.jpg

 
802cdfbc.jpg

 
中津からあげも、いろんな種類があって、醤油色の濃いから揚げとは違い、こちらのは色が
薄く、塩味と適度なニンニクを感じる。なので長らく塩系唐揚げだと思っていたが、中津から
揚げのパンフによると、醤油ベース・片栗粉生地に分類されるようだ。
 
4f6e648f.jpg

 
骨なしのもも・むねミックスか、ムネ身を買い求めることが多い。砂ズリも好きだ。揚げる前
の重量で金額計算。混んでなければ精算を終えて5分から10分程度で、揚がる。ドライブ
途中、まだ、こちらが本店で混みあっていた頃、宇島あたりから余裕もって電話連絡して
おいて、待たずに受け取るようなことを何度かやったなぁ。
なお、こちらは持ち帰り専門。イートインは出来ないのだが・・・店舗前にジュースの自販機
と長イスがあって、そこで(勝手に)いただくことはできる。
 
3f988578.jpg

 
以前より、色が濃くなった気がする。醤油の割合に変化があったのかな?
確かに醤油ベースという感じかな。
 
8ac94550.jpg

071f8673.jpg

 
やっぱ、旨い。片栗らしい、さくっとした食感。ニンニクは、やや強めに感じるが、ほどほど効か
せている。醤油も濃くはないから、後味がサッパリしていて、いくらでも食べることができる。
もちろん、100キロウォークの時は、寄れない、余裕がないので(笑)程度な(?)運動の後の、
ビール(この日はノンアル)と、唐揚げ。最高ですな。
移転後の本店は、定食もあるという。次回は是非。
 
大分県中津市大字島田574-1 /定休・水 P・あり
 

タイミングが悪くて、なかなか食べる方の記事を更新できてないのですが・・・
 
bbc84b17.jpg

 
ナチュラルレストラン36・・・
9月下旬に訪問した際、夜営業が10月31日まで、11月上旬に閉店との情報は得ていたものの、
これまで情報流せてなかった。
今日は、すぐ近くの別の新店に訪問予定だったが、もし、まだやっているようなら、と予定変更
しての訪問。閉店が11月9日であることを確認しました。閉店は体調面の理由とか。
現在、予約優先で、かつ30食限定での営業中。
お店のブログ→ http://blog.restaurant36.com/
 
この界隈、昨年の、ほぼ同じ時期に「ビストロ・ラ・ファミーユ」が、やはり体調を理由に閉店
されたのは記憶に新しい。
最近は、なかなか行けてなかったのだが、価格も手軽なランチや、ディナーのお店で、子ども
が小さい時でも安心して訪問できて、やさしくしていただいた。メニュー提供方法は少しずつ
変わったが、例えば日替りランチで、曜日によりオムレツが無いという時期もあって、その提供
がないハズ日に訪問しても、ちゃんと作っていただけたり。なにより近所というのがありがたかった。
個人的には、そのオムレツがパスタよりずっと良かった。
なので今日の私の目的は、もちろん「オムレツ」。最後にどーしても食べておきたかった。
 
309804a0.jpg

 
9bb377bb.jpg

 
e63b01f4.jpg

 


 
本日は、きのこの小コーンスープと、イカのボイルのプチ前菜。それにサラダ。
 
ee1dc948.jpg

  
5a847470.jpg

 
特長のある、棒状のパン。中は、粘りがある不思議な食感。
658f5fbf.jpg


 
メインの「モッツァレラチーズ入りオムレツ・ナポリタンライス添え」
e414eddc.jpg

 
中は、トロットロで、チーズの「引き」がある。コレコレ・・・以前はライスは付いてなかったように記憶。
3352d865.jpg

 
嫁のチョイスの、「ナポリタン ポークピカタ」
甘口でケチャップ感があるが、それなりに水分があるタイプのナポリタン。こちらのパスタは、
スープ感があるパスタで、概ね、やさしすぎる味わいなのだが、これはしっかりとした味がある。
 
9d3366b2.jpg


 
息子のチョイス 「モッツァレラチーズ入りトマトソース」のパスタ
タカノツメとスパイスが、心地よい感じで効いたパスタ。息子も、こんなパスタを食べるトシになった
かと、感慨深い。小さい頃、こちらで、辛くないのは?と確認して注文していたなぁ。
 
0bc49b4f.jpg

 

 
最後にデザート(自家製アイスとケーキ)と、ドリンクはコーヒーで。
カスタードクリームをサンドしたショコラ。
8a7461bc.jpg

 
これで税込1000円。ホント、コスパ高い。
閉店はすごく残念だけど・・・これまで、ありがとうございました。

おまけ)
9月下旬に食べたランチ。このときは、日替わりトマトソースをチョイス。デザートはプリンでした。
 
feb54b20.jpg

a8b5d1ce.jpg

21859ed6.jpg

 
北九州市小倉北区足原1-5-6 メイゾン足原2F 
電話 093-521-5369 定休・火曜 P・あり(ちょっと狭い駐車場です)
 
 

おととい2月6日未明、魚町3丁目の火災。
当初、具体的にどのあたりなのか、情報が少なかった。
徐々に情報が入る。お昼頃、facebookで友人が、銀天街のワンショットを投稿。
あー、ここは・・・三国屋から旦過方向のショット。立ち入り禁止になってる。
左側に火事になった店舗が見える。間違いなく三国屋だ。
 
最近はあまり行ってなかったが、昔、ジーンズと言えば三国屋、だった。
ハッキリは写ってないが延焼11棟ということなので、「つる平」もダメかもしれないな、と。
金曜、土曜の地元紙で、それが現実だと知る。
 
「つる平」の社長のコメント、再開に向けて動くようだ。
ということは、1年くらいはお別れになるのかな・・・
 
最後に出かけたのが昨年(平成25年)11月。まだ記事にしてないので、思い出しながら
書いてみる。
 
(平成25年11月13日)
 
高校時代の、プチ同窓会。1軒目は・・・ちょいと不思議な居酒屋だった。
焼酎が飲みたいとの話で、それなら、と、私の提案で「つる平 銘酒ギャラリー」へ。
ここは、喫茶「つる平」・・・「ぽんつく」でお馴染みのお菓子屋さん直営の喫茶の2階。
 

 

 
他に多くのお客が居たので、店内の壁のごく一部のみ撮影。ほんの、ごく一部です。
 
84b09082.jpg

 
メニューは、一応ある。ハッキリ申し上げて、それはあってないようなもので、どれを飲んでも3杯と
つまみ付きで1000円という格安のセット。1杯500円以上の酒がズラリある。日本酒や梅酒は、
入ってすぐの一角で、あとの店内の壁一面にならんでいるのは焼酎。
 
88910a55.jpg

 
337ad849.jpg

 
adacf616.jpg

なにを飲んだのか、もう憶えてないけれど、お店お勧めの焼酎2杯と、日本酒をいただいた。
好みを言えば、セレクトしてくれる。ホントにお酒が好きな女将と店員さん。
ほとんど、趣味でやってる?としか思えない(笑)
 
門司港の「魚住酒店」とともに、ホントにありがたいお店です。
 
北九州市小倉北区魚町3丁目

↑このページのトップヘ