北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)閉店した思い出の名店

 







 
UP日=出かけた日ではありませんのであしからず(笑)
一番お安い、2800円のコース
 
いままでは、夜のみ・四季ごとの期間限定コースだったが、この春より、昼もOK・2800円
のコースも通年、となっているようです。
 
以前、2軒隣で「さくら」(現・トミーズ・ダイナーがある場所)を経営していたオーナー。器も自家製。
 
トビウオとヒメジの梅肉ソース(+山芋、きゅうり)と、サービスの巨峰ワイン
  ※ヒメジ=アカムツ、イトヨリ、ベニサシ、ベンサシ、ルージュとも言われる小型魚(らしい・アセ)
春キャベツとイサキのグリル
里芋まんじゅう
新ジャガイモとマッシュルームのスープ
鯛のオリーブオイル焼
天然ヒラスの玉子蒸し
 
(続く)









(2010年3月27日)

今日は、ご近所のぺろりんさんと突発プチオフ。
ワンドリンクサービス券を持っていたのもあったけど、半ば強引に?
こちらのお店に。

実は初訪問。

看板メニューのもつ鍋(しょうゆ味。みそ味もあるけど、自分の好みでしょうゆ味オーダー)
は1人前1360円と、やや強気な値段設定。

うん、美味しい。
少し前に、某有名な居酒屋で食べたもつ鍋は脂っこくて。
こちらのも脂分はあるけれど、なんというかな、あっさりしてて。こんにゃくが入って
たり、豆腐が初めから入ってたり、ボリュームもあるので、この値段は納得。

以前に比べるとパワーダウンしたとは聞いているけど、まあ、以前を知らないので(笑)

酢もつ(450円)も良かったなー。唐揚げは、まあまあ、かな。
焼酎にも、なかなかのこだわりがあるようです。

最後はチャンポン麺(250円)で締め。このときの追加出汁、やや、辛く感じましたが、
これがまた、焼酎のいい「つまみ」になったりして。

あと、気さくな大将から、サービスで何かいただいたのですが、この辺り飲みすぎて
記憶が完全に飛んでます。
何でしたっけ?ぺろりんさん(笑)

楽しいお酒は、ホント、いいものです。

場所は、小倉北区神岳1-5-35  西鉄バス27番28番、東公園前すぐ
月曜日が定休のようです。



博多時代はもっぱらバイク(タクト→ハスラー→CB125→MBX125)でウロウロしてたから、こんなに歩くのは初めてかも(笑)

歩いて元祖へ。
近くにあった本店がなくなったため?それとも最近ハズレない?と言うウワサから?(笑)
げっ、並んでるじゃん。ただ、回転は相変わらず早いね。

食券(400円)買って、中に入るなり「カタ!」と叫ぶ。出てきたのはカタと言うよりバリカタ・ナマカタ。ま、いいけどね(笑)

ちょっと出汁が薄いけど悪くはない。なかなかいい感じのガンソでした。なるほど、夏以来だけど、ハズレないな。いや、むしろ・・・旨い(笑)




麻婆丼 680円

辛さが調整できるとのことで「辛め」でお願いした。辛いけど、元々のベースが甘めなので、食べやすく適度に辛い。

風邪が吹っ飛ぶ、と、先客の方が。
ラージャンメンというめちゃ辛いラーメン(坦々麺?)もお勧めらしいです(笑)

前はクロスFMの向かいにあって、そのずっと前は香春口の「栗ちゃん餃子」です。





ここも久しぶり。

アナゴぶっかけ700円





今日の壮年ソフト小倉北区大会は延期に。はげしい雨もすっかり上がり暑いくらいの天気に。予定外に夕方から子供とウォーキング。富野サンスカイまで迂回して、あとは真っ直ぐ、ここまで約9キロ。1時間40分で到着(笑)夕方は爽やかな天気となり楽しく歩けた。
時間がなく帰りはバスを使ったが、また子供と歩く機会があれば今度はもう少し先の「とばた麺之介」までの往復を歩いて見たいね、と。タフな息子だ。

資さんの中ではイチ
押しのこちら。やはり旨い。






今日は平日休み。午後から授業参観だけど。
ここは小学生以下×なので、こんな日じゃないとね(笑)母を誘って。


↑このページのトップヘ