北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)閉店した思い出の名店




今日はスープが薄目でやや塩辛いけど、塩のきつさは、まともな方(笑)なので、ちゃんと最後までいただけました。私、結構いい時に当たることか多いのかもしれません(笑)




カレー(普通)600円
時間が早いのか珍しく他にお客が居なかったので初めてお女将さんと話した。
宇佐町、八幡とも材料や作り方は同じなのにお客さんからは「やっぱり違う(笑)」と言われることもあるそうだ。それぞれのお店で作っているのは確からしくて、でも「不思議ですねぇ」と笑ってました。宇佐町に比べ、色がより黒っぽく酸味が強い感じ。ウスターソース?が多め?と感じたが、例によって私の舌はアテにならない(笑)
宇佐町にはカツカレーを食べに行く、と言うと、カツはお女将さんが苦手で、かつて大将もビーフにトンは邪道(笑)と言ってたとか言ってなかったとか。

それぞれあってそれでいい。だから本店の味、だいぶ高齢だろうけど、まだまだ頑張って欲しい。

小倉北区京町




(07年11月9日)

8ヶ月ぶり。今の仕事先から近いといえば近いのだが、ホントに間近な時代は週1で
行っていたので、その頃に比べると雲泥の差(笑)お昼休みは気ぜわしい。今日は、
この時期特有の仕事で出先の帰りにお昼。先日の「ぎょらん亭」夜間営業再開同様、
運がいいというか、つい最近までしばらくの間、お休みしていたとのこと。

チリ唐辛子系の辛さではなく、スパイシーな辛口カレー(650円)で疲れた身体
をシャキッと。いつものように「目玉」載せ(+50円)でマイルドな部分との味
の変化を楽しむ。

目玉焼トッピング(食べたことないけれど生卵もあった??)はメニューのドコに
も載ってないので、申告を。

たまーにわずかに脂っぽい感じの時があるが、今日のは旨みの方が勝っていて、いい
感じ。辛さに自信のない方は小盛りで、目玉のせをお勧めする。

<データ>北九州市小倉北区紺屋町13-1 毎日会館地下 /定休・土日祝 /P・なし
<メモ> 今回・A’ /リピート・殿堂 /訪問履歴・殿堂 /子供連れ・辛いので
お子様は無理。喫茶メニューがあるのでそちらで。

(追記)どうやらこの日、くーぱーさんが近くの「あがの」にいたらしい(笑)






(07年10月21日)
久しぶりの「さくら」。頼むのもこれまたいつもどおりに(笑)唐揚げ定食・うどんは素うどん→「とじ玉」へ変更、ミニ親子丼セットは娘のリクエストによりわかめうどん。自家製の浅漬をつまみながらしばし待てば、健康志向の薄味も相変わらず。そして、これまたいつものように娘には、別にお椀が・・・子供に嬉しい、超ミニうどんのサービス付き。定食につくタップリのキャベツや、いくらでも食べれる浅漬けにより、「天ぷら」という手段以外で、うどん店で野菜が取れるのはありがたい。

<データ>北九州市小倉北区大畠2-8-31 /定休・木曜 /P・3台(TSUTAYA近く) <メモ>今回・B /リピート・A(→) /訪問履歴・B  /子供連れ・◎(テーブル席 )



まずは腹ごしらえ。

ホームと同じうどんだけど、なんとなく違うのはプラの器じゃなく陶器ということ、
座れること、メニューが少し多い(すべててんこ盛りのうどんとカレー)だけ?

やはり立ち食いですな、ここは(笑)





(10月24日)
正ちゃんでさすがにお腹も一杯のはずだったが・・・(笑)桟橋通りからバスで戻るか門司港駅からJRかと考えながら、栄町界隈を歩く。このあたりにもイロイロお店がある。食べたことのある店も。また、今回じっくり歩いて発見したお店も。でもお腹の都合で、未食だった朋友で肉まんを買ってJR車内で食べることにした。雑誌等で時折見かけていたものの、場所は初めて確認した。何度もバイクで目の前のバス通りを走っているのだが、古ぼけた外観、確かに見落としていたのだと思う。

皮は、一般的な豚まんより、まさに「お饅頭」って感じのやや硬めで弾力少な目の皮。あんこが合いそうな感じ。具は豚と玉葱とキャベツでニンニクなしの餃子のような感じで味は薄め。1個につきなぜかタレが1つ。ご自由に、という感じではなくタレは不可欠だろう・・・と書き込むつもりでしたが(笑)

追伸)ゆうしょくさんのコメント見て、ビックリ。「美味本」みたら、確かに穴にタレを流し込むとある。こりゃあ知りませんでした。今回は食べ方を誤ってましたので、今回評価は差し控えます。次回、そのようにして味わってみます。

<データ>北九州市門司区栄町8-1 /定休・日曜 /P・なし <メモ>今回・保留 /リピート度・A(-)/訪問履歴・初回




(10月24日)
「奴」を出て、今日のホントの目的である、「正ちゃん」を目指す。門司港勤務時代は職場から結構近く。しかし当時は情報不足で、なかなか入る勇気もなく、時々通いだしたのは最後の1年くらいだったと思う。なにせ、門司港に勤務していながら、ココと関わりのある小倉の「マルキン」の方を先に食べているし(笑)かつ、「マルキン」で、元々門司港の味とのお店案内に触れ、一体何処のこと?って思ってたくらいで。しかもここがそんなに有名ってことを門司港を離れ(転勤してから)知ることとなる。最初はえーって感じだったが大三元同様、なれるとクセになる個性があると思う。前置きはコレくらいで・・・。

最近はどちらかといえばここまでやってくると「大三元」の魅力の方が勝るのと、カレー自体は子供向けではないためトンとご無沙汰になっている。ラーメンもあるので子供はそちらにすればいいのだろうが(笑)兎も角久しぶりの、正ちゃんだ。早く食べたい。ピーク時間なのでカツをドンドン揚げている。なので、ワリとすぐにカツカレーが出てくる。気持ちを抑えながら1口食べて・・・あれっ?独特の苦味がない。クセがないというか・・・しかも脂っ気が多い感じで、味に深みがなかった。うーむ、久しぶりに来てどうやら「はずれ」の日に当たってしまったのかもしれない。いや、期待が大きすぎたのだろうか?辛味スパイスをシッカリ振りかけてアクセントを付けて食べた。ちょっと残念。リベンジはいつチャンスがあるやら・・・

正ちゃんカレー カツカレー 並 550円

<データ>北九州市門司区老松町2-5 /定休・月曜 /P・なし <メモ>今回・B’(なかなか) /リピート度・A(→) /訪問履歴・B /子供連れ・△(ラーメンなら子供にもいいかも)


↑このページのトップヘ