北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市小倉北区

井筒屋小倉店から、リバーウォークへ。水鳥の橋というのだろうか・・・年末年始はネオ
ンで鮮やかに彩られる歩行者専用橋を渡り、北九州市役所庁舎方向に出来たコメダ珈
琲店。最近、あまりこの辺りをウロウロしないのだが、珍しく買い物があり、休憩がてら入
ってみた。ちなみに、コメダ珈琲店自体、初体験です(汗)北九州市内、確か5店舗目。
しかし、小倉北区は初進出。食べ物目当てなら遠くまで出かけるのに、この手のお店は、
あくまでもついで・・・という感覚で。

489730ab.jpg


川沿いに長い構造のカフェ。椅子が軽い感じでなく落ち着いた雰囲気ですね。一人なの
で川沿いのカウンター席に。カウンター1人分の幅がゆったりしていて、仕切りが気にな
らない感じ。紫川と井筒屋なんかを眺めつつ、ゆったりコーヒータイム。

8b69ed59.jpg

30c1f57e.jpg

217fd34d.jpg


選んだのは、取扱店舗限定商品となっている「金のアイスコーヒー」540円。

74feb7c9.jpg

2dc1be6d.jpg

845a4931.jpg


アラビカ豆コーヒー+エスプレッソのコク、とメニューにありますが、なるほど。実のところ、
エスプレッソのような濃いコーヒーは苦手。しかし、アイスコーヒーはちょいと濃い味がな
いと、コクのない薄っぺらい味になるから、この組み合わせは良いですね。飲みやすいし
コクもある。量もソコソコ。
9c6b5911.jpg


少し涼しくなったとはいえ、まだまだ暑い日に出歩いたので、涼みがてら良い休憩になり
ました。コメダのような珈琲店ってお高いイメージがあったのですが、値段に見合った味。
お客が多くガヤガヤしてるのに不思議と落ち着く感じは、良いですね。スタバが苦手な私
は、リバーウォークのスタバを素通りして対岸のタリーズに行ってましたが、選択肢が増え
ました。比較的、夜遅くまでやってるので、飲んだ後でも寄れるかな?

8b117247.jpg


北九州市小倉北区城内1-2 /無休 /P・なし

小倉北区香春口。といっても三萩野交差点やモノレール駅にほど近い場所にある。目印
はアプライド。その路地裏を少し北上って感じ。とても古い(私の記憶では恐らく築50年以
上?)長屋式店舗群をリノベした「comichiかわらぐち」にある「cafe hunch」の非営業時間帯
に、古墳が大好きな女子大生が古墳にもっと興味を持ってほしいと期間限定で営業してい
るバル。大学授業の一環という意味合いもあるらしい。オープンは2017年春。昨年12月にな
り入り、相次いで新聞やテレビで紹介されたので、見た方も多いんじゃないかな?
営業は金・土曜夜19時から23時まで(店主都合により休業あり)。

953776f8.jpg

9e5eac6a.jpg

69f4604d.jpg


5人も座れば超満席になるカウンター上にズラリと並んだミニチュア古墳グッズや古墳
探訪の写真アルバム。ドリンクメニューもすべて古墳の名前が付いている。間借り的形
態だけに、さすがに数は少ないがワイン、ビール、カクテル、ソフトドリンクあり。

154f9638.jpg

af0c3d05.jpg

bc232985.jpg


メニュー
adbcbb59.jpg

bddd3ef6.jpg


客層は古墳マニアばかり?と思えばそうでもなく。普通に飲みに来たりカレーを食べに来
る客も案外多そうだ(私もそうだが・・・)。もちろん、ほんの少しでも過去に歴史や古墳に興
味があった者であれば、より楽しめる。

何回行っても飽きない山代方墳(何回飲んでも飽きないバドワイザー)w

5cc04981.jpg


唯一の食事メニューかつ看板メニューは「古墳カレー」。

e535a4bc.jpg




特注の前方後円墳の型で成形したライス(11月頃より従来の白米から古代米=赤米+黒米
使用にグレードアップ?している)にキーマカレーをかけたもので、中辛で優しい味わい。明
るい「若女将」の人柄が出たような一品。もちろんお酒にも合う。

おもしろいコンセプトのバルだが、いかんせん残念なことに女将の「就職活動」のため、2018年
1月いっぱいで「閉店」となる。最終月の営業日は、残すところ19・20・26・27の4日間。最終日は
イベント的な営業とするので「古墳カレー」は26日が最後となるとか。

(おまけ)古墳カレーの旧バージョン
c5b9c967.jpg


北九州市小倉北区香春口1-5-21 KOMICHIかわらぐち
定休・・・いや営業は金曜と土曜の夜のみ。19~23時。

経緯は、先にくーぱーさんのレポがありますので省略(笑)内容は、全く正反対かも。

1年ぶりかと思って写真を捜すも、どうも、もっと経過しているみたい(近いのにね)。
食べログは追記したけど、こっちには書いてない(大汗)オープン1年くらいは月1ぐらい
で行ってました。特に変化もないので書いてなかったのですが、その後も何度か訪問。
その内、行かなくなり。一竜軒というブランドを抜きにして、ここのオリジナルと思って食
べても、好みのラーメンじゃなかったです。ということで、ずいぶんと久しぶりの訪問。

7ffb315b.jpg


実のところ1週間前に、どこで食べようか悩みつつ店の前に立ち、待ち客と記名台があっ
たのを見て、二日酔いだったし即撤退して胃に優しそうな「一番星」に行っているのだが(笑)
何時の間に、こんな暖簾が・・・店内の様子も、少し変わって、奥のテーブル席がカウンタ
ー風になってる。メニューには変化なく、コレ(トウ豆)も、そのまま。しばらく前の訪問時にも、
オリジナルの方向性が見られていたので、何も、縛られることはないと思うのだが・・・

53dfebc8.jpg


ラーメン 600円
ce0a8453.jpg




スープをひと啜り・・・ずいぶん変化したなぁ。オリジナルの方向性を強めたんだろうね。
そこは、良いと思った。食べ進んでみる。以前のような「カド」や、妙な「薄さ」は控えめ
になっているかな。食べやすくはなっている。マイルドと言えばマイルド。半面、スープ
自体のガツンとしたコクや深みは、あまり感じられないので麺との絡み具合は今一つ。
一体感がやや不足気味かと。安部製麺との相性なのかなぁ。
行くたびに変化していたチャーシューは、久しぶりだけに大きく変化を感じる。肉質や
厚みも変わって、脂身が少ないがパサパサしない点は良いと思うが、味付けが甘く濃
いめ。個人的にチャーシュー麺はちょっと無理かな~と。
元々、一竜軒系のラーメンは、元ダレなるものが存在しない。なので、元ダレ利かせて
誤魔化すことはできない、スープの仕上がりがダイレクトに左右するシビアで難しいラー
メンだと思う。ただ、開店当初と違いワイルドな「一竜軒」テイストは影を潜め、オリジナル
色が強く出ている。良い傾向と解釈しているが、次のお店に向かう車内の感想、地元の
知人たちの感想も真っ二つ。合う人には、ホントによいのだろうね。
まあ、変化は感じたし、また、しばらく期間を置いて行ってみようかな。

珍しくブログの投稿が後手になってしまった・・・(食べログとFBは早かったのに・汗)

小倉北区黄金町。三萩野交差点から1つ西側。ユニード、じゃなかったグルメシティでも
ない、イオンの付近。うどんの久兵衛と、東洋軒の間、だるま館の前にオープンしたラー
メン店。店舗表の口上を見るに山小屋ラーメンの味を継承を・・・とか。YSフーズから贈呈
の花もあって、「ああ、山小屋系かな?」と。割と近くには系列の「一康流」もあるんだが。。。
山小屋は旧本店のが一番と思っているし、脂っこいしね。そのイメージがあり、実のところ、
やや気乗りしない?まま入店。

8d7e2cdd.jpg





開店4日目。噂で聞いてた半額の開店セール?も終えたころだろうし・・・営業開始直後だし
・・・と思えば、小上がりにはすでに先客が数名。後から入ってきたたご婦人方の話し声によ
るとクーポンか何かを配布あったのかな?
店内は、カウンターが7席。4人掛けテーブルが小上がり座敷に6脚。

44d1f62c.jpg


メニューは割とシンプル。ラーメンは、みちくさらーめん、味噌ラーメン、激辛ラーメンに、
担々麺の4種。替玉のメニューを見るに、もしかして、麺がそれぞれ違うのかも。あとは餃
子とか。ドリンク類。ただ、表のメニューとは若干違う(唐揚や焼きめし、えび餃子、チンゲ
ン菜炒めがあった。)のは、まだオープンしたばかりなのか、昼メニューと夜メニューなの
か?(どうやらプレオープン?)
e4ff657e.jpg


初回なので、みちくさラーメン580円を。
cef510dc.jpg




チャーシュー、ネギ以外のトッピングは木耳とモヤシ。さて、スープをひと啜り。山小屋の
イメージとはかけ離れた、乳化が進んだ粘度あっさりクリーミーマイルドタイプのスープ。
脂っこさがないのがいい。インパクトはないが、食べ手は選ばないだろうな。
麺は意外にも、極細麺。やや軟目の仕上がりだが、スープの絡みは申し分ない。チャー
シューは、ちょい濃いめの味付けだが、このあっさりスープとの組み合わせはくどくなくて
良いのでは。厨房除くと、デカいスープ用の寸胴が2つ。セントラルキッチン方式じゃなさ
そうだが・・・

聞けばオーナーが、山小屋で習って、それを基に独自に作ったラーメンとのこと。
食べやすさは良いが、その分大人しいのと、東洋軒と同じ通りに出来たのが、どう出るか。
老若男女問わず、幅広い層には支持されそうだが。今後も注目かな。ダイエット中、水曜
日(東洋軒の定休日)に前を通ったら、文字通り、道草しそうで怖いな。

北九州市小倉北区黄金1-1-15   営)11:00-21:00

小倉北区魚町。銀天街・ローソンの角から平和通りへ。飲食店が並ぶアーケード。名店
の「天寿し」隣。以前「ピザピノ」があった場所に6月3日にオープンしたビストロ。名前から
容易に想像か付くように、医療センター・休日急患センター近くの馬借にあった、「トラット
リア バンケット」が業態変更・移転オープンしたものだ。

932fbb32.jpg


細長い店内。厨房をかすめるように奥に進むと、コの字型の、2,3人掛け長椅子形式の
カウンター席。以前と比べて、ずいぶんとこじんまりしたものだ。

95a22821.jpg


751e61da.jpg


48835932.jpg


カウンター上にドリンクメニュー。フードメニューはくるくるっと巻かれて。税別表記。
ドリンクは、ソフトドリンクが150円~390円、ワインを除くアルコールが、390円~490円と
リーズナブル。グラスワインは300円~600円。ソフトドリンクより安い。サワーも生絞りも
のがある。



フードメニュー  250円~1980円(熊本県産赤牛「阿蘇王」のロースト」) 中心は600円
前後。フォアグラを使った料理も300円から。






極みのミートソース(パスタ) 780円
d2a505c1.jpg


食べ方は、かき混ぜて、好みでハラペーニョソースをかけていただく。結構、入れてみた
が味が締まって良い感じに。チーズたっぷりのミートソース。平たい生パスタ麺は、もっち
りしていてカタさも程よく。生パスタはあまり好まないのだが、これは旨い。配合やら試行
錯誤して完成した自慢のパスタということで、ランチタイムもパスタで勝負しているようだ。
780円とは思えない、クオリティ。

フォアグラのハンバーグ 580円
0bdd7685.jpg


お値段がお値段だけに小ぶり。しかし、旨みがぎゅっと詰まったハンバーグ。小さいくせに
やたら存在感があるじゃないの。

今日は2品だったし体調不良で禁酒中のため、お酒が飲めなかったのが口惜しい。料理の
品質は、さすが、バンケット。CPの良さは抜群。次はゆっくりと、たくさん食べてみたいなぁ。
気軽にフラッと寄れるようになったのはありがたいが席数は少ないので、競争率高そう。な
お、狭いので今のところ予約は受けてないそうです。お会計から見て、チャージ料は無いよ
うです。素晴しい・・・。

北九州市小倉北区魚町2-3-4 /定休 なし


小倉北区神岳。バス通りに突如?(5月下旬・・・たぶん17日頃)出現したカフェ。資さん
うどんの正面で、すき家の隣。むかーしは本屋で、その後はなんだかよくわからない店
舗が続いていたので、初の飲食店登場。夜のお店かなぁ、と前を通る度に様子を窺って
いると、ランチもあるようなので、行ってみることに。オサレ系といっても地域柄、おっさん
1人でも大丈夫とは思ったが、ちょうど娘が帰ってきたので一緒にランチ。

61c3111d.jpg


開店当初の花輪にもあったお店の営業内容は「SELF WASH」「DOG CAFE」「LUNCH」
「CAFE」「BAR」とあって、一体どんなお店なのか興味深々。特にセルフウォッシュって何
???コインランドリーではなさそうな(汗)

さて、初めての店なので様子を伺いつつ・・・(笑)
予想しなくもなかったが、入店すると「ワンッ」声が。これは歓迎の挨拶だったようだ。しか
ーし、店内に姿は見えない(→ココ重要)し、厨房の辺りに居るようで。したがって店内を、
ウロウロとかもないし、結局、最後までその一声だけだったので、構える必要はない。
一声も「お客さんが珍しいから~」と笑いながら解説されたが、なんだか、やたら明るい雰
囲気と接客で、居心地は良さそうだ。

店内 モノトーンで統一されたシックな店内。カウンター席とソファー席が2つ。
入口から左壁の向こうは狭いながらカウンターを有する独立スペースがあり、ここがドッグ
カフェのスペースらしい。私は犬好きだがドッグカフェを利用したことはなく、他がどんな感じ
かは知らないが、スペース的にも中心は「カフェ」であって、ドッグカフェも併設、といったとこ
ろかな??(と勝手に想像)ともかく、きちんと分離されているのは、好印象。苦手な人もい
るからねぇ。
5f5eab13.jpg


ランチメニュー 
セット的なものは見当たらないが、プレートがあって、おそらくそれがランチ限定のメニュー
っぽい。確認してみると、食事はプレート系以外は夜もやっているとのこと。で、あれば、1
つはプレートから選択。パスタやカレー、チャーハンもある。カレー500円はちょっと気にな
ったけどねぇ。





お冷は、セルフ。コップは、箸やスプーンと共に木箱で登場。レジ前に設置のスペースで
氷とウォーター2種から。しかし、お洒落だ・・・(写真はコップを取った後です・汗)
f4ceb6fd.jpg


00ba51c3.jpg


水を汲んでいて、ようやく声の主と対面。黒のパグでした。繋がれてるのでお店には登場
しないので、どこに居るのかと思ったら。かわいいもんです。そー言えば、ロゴに黒い犬の
後姿があったが、あなたが看板犬なのね~。

オムライス 880円
意外とボリュームがあるケチャップライスの上に卵、デミ。1口、いや3口以上もらったけど
チーズがタップリ使われているのがわかる。デミはごく一般的なものかな?チーズ系オム
ライスが好きな方には食べてもらいたい一品。

2a156560.jpg


41be010f.jpg


ランチ限定のプレートから、ハンバーグ900円を選んだ。

b0e89826.jpg

bbdcf31c.jpg

71ac6860.jpg


いわゆるワンプレートかと思えば、ライスは別でやってきた。おかずがプレート上にある
のね・・・ハンバーグにナイフを入れると、肉汁があふれてきた。しかし、オイリーではなく、
むしろ、ほのかに塩味でアッサリしている。デミは、オムライスと同じ。そしてカフェ飯とし
ては量もしっかりあるので、男性にもいいかと思う。これで、ランチ限定でデミコーヒーな
んかついたら、もっと良い感じがするけどなぁ。近隣にランチ強豪店も多いが、頑張って
欲しいですな。

お店の読み方は「カフェ・バー ハチ」。
柱に書かれた「メニュー」によると串揚げセットや、鯨ベーコンなんかもあるようで、夜の
メニューも気になるところ。ちょいと帰りに気軽に一杯、的な使い方もできそう。また、寄
ります。

追記)セルフウォッシュとは、愛犬のためのセルフシャンプールームだそうです。

北九州市小倉北区神岳2-5-29 /定休・火曜 /P・あり

関西編は、ちょいと中断。

仕事帰り、早い時間&週末と違って酔客も少ないので普段は通らない飲み屋街を自転
車で抜ける。花輪があり、何気に見ると「天竺」とある。中津口の店を閉めて、飲み屋街
に復帰するという噂は聞いていたが、ここに移転したのか~。平和通りの北九州銀行横
から、小倉飯店に抜ける路地。少し先にはナントか案内所(笑)や、交番のある堺町公園
が見える、仏蘭西館という名のビルの2階。店舗のラインナップ見ると、ちょいと慣れない
場所であるが(汗)ここの階段を上るのか?と恐る恐る(苦笑)上がってみると、見慣れた
「天竺」の文字と、悟空の絵。「営業中」の札を確認できたので、引戸を開けた。

3645dafe.jpg


28f0af71.jpg


店内はカウンター6席に、小上がりテーブル4人掛けが2つ。中津口時代より、こじんま
りしている。大きく違うのは、カウンターの向こうでマスターが調理していることかな。
以前は、奥の厨房だったから。

33addc40.jpg

メニュー




久しぶりなので、カレーライス・辛さ20倍を注文。いきなり20倍と言ったので、初めてだ
よね?と聞き返された。中津口時代のカード(辛さのクリア認定証)を見せたら、納得
されてました(笑)
(挑戦履歴・過去記事→https://blogs.yahoo.co.jp/beyan39/35697307.html

e138921d.jpg


64f6838d.jpg


ライスに焼いた卵を載せて、赤味がかったルーをかけられたカレーが登場。
むー、辛いです。が、酸味のあるルーで食べやすいし、中津口時代にはなかったサラダ
が付いてきて、そこに缶詰系のフルーツも載ってるので、全く問題なく、すんなり完食。

「今日が初日なんよ」・・・えっ?そうなんですね。
紺屋町で創業して40年。ずっと夜の営業だったし、中津口は真夜中にお客は来ないし、リ
ズム狂ってね、と言われるマスター。今までよりマスターとの会話という要素も加わり飲み
屋街に戻って、再出発のようです。

北九州市小倉北区堺町1-5-16 仏蘭西館ビル2階

↑このページのトップヘ