北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市小倉北区

051119_012801 小倉で飲んだ後の食事処として有名なお店のひとつで老舗。ところが、よく話は聞くし、お店の場所も知っているのに、いままで未体験だった。自分の飲み仲間で、宴会後にカレーを食べようという人間がいなかった、というのもあるけれど。うどんを食べた後であったけど、ブログ開設記念と納得させて、思い切って突入した(笑)なかなか歴史を感じさせるような店内である。芸能人のサインなんかも貼ってある。意外だったのはてっきりカレーのお店と思い込んでいたが、どうも台湾料理のお店らしい(アセ)

カレーは、辛さで何段階かに分かれている。標準が3倍、マイルド1。他のお客さんと店員(マスター?)の話を聞いていると、5倍が良く出て、8倍も今からの季節人気だとか。最高は32倍くらいだったかな・・・激辛という噂を聞いていたので恐る恐る(笑)「標準」を注文した。煮込まれてソースだけのタイプ。時折ピリッと引き締めるような辛さを感じるが全体的にそれほどではない。玉子焼きが乗っかっているので一緒に食べると結構マイルド。う~ん、これなら5でも8でも良かったかなあ。ご飯はカナリ固め・・・というか「芯」を感じたんだけど、酔っているのでよく覚えていないっす(笑)これはいずれ再食せねば・・・


天竺 カレー(名称は「天竺飯」との情報あり^^;) 辛さ標準=3倍   620円

<データ>北九州市小倉北区紺屋町5-16(紺屋町のメイン通り沿い・花屋とたこ焼き北九堂の間) /定休・日? <メモ> 今回・B’(なかなか) /リピート・Cランク /訪問履歴・1回目 

051119_010402 (日付変わって19日・笑)飲んだ後の「締め」に利用する店舗はいくつかあるけれど、ここもそんなお店の一つ。ただ し飲みに行くこと自体少ないから、営業が夜のみということで滅多に行けない(笑)看板メニューはやはり、店名と同じ「あっさりうどん」で、梅干、のり、三つ葉入りであっさりと・・・ということになるが、いかんせん、梅干は苦手な部類で、小さめのカリカリ系ぐらいしか食べないから、ここのような肉厚のものはあまり食べない。よって、食べるのは「丸天ごぼううどん」ということになる。

一口すすって、出汁の香りのよさが口に広がる。カツオだろうか。ココまでしっかり出ている出汁はそう多くないと思う。麺は細めでモチっとして歯ごたえが良い。丸天はイワシだろうか・・・?飲んでいるから、よく観察できてないのだが・・・・(笑)ふっ、と胃も心も暖まる一品。

元祖あっさりうどん 丸天ごぼううどん 450円

<データ>北九州市小倉北区堺町1-5-22堺町会館1F (小文字通り・日専連ビルと日生ビルの間の路地を小倉駅方向・右側) /定休・日祝日  <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Bランク(→) /訪問履歴・C

みんな営業所は違うけれど、同じ会社・同じ仕事で、なんでも言い合える気の置けない仲間との飲み会は楽しい。気を遣わずに飲めて、ストレスを発散できる。今日のメンバーが揃うのは4月以来。いろんなことがあって苦しんだ今年もあと1ヶ月。早めの忘年会となった。初めて使う「竹家」。堺町の「独楽蔵」と同じ系列のようだ。なかなかおしゃれで落ち着いた店内。メンバーは市内各所から集まるから、通常は来た人から単品で頼むのだが、今回は無料情報誌に載っていたコースを予約してみた。正解だった。料理は1品ずつ一人に一皿づつ出され、遅れてきた人の分は後から、順次出される。また飲み放題が2時間あるので少々遅れても大丈夫。これは嬉しいサービスだ。料理自体も美味しくて満足したのだが、一点だけ・・・飲み放題2時間、座席も2時間。あと30分ぐらいは座席を使わせて欲しかったなあ・・・。最後の一杯は慌てて飲んでしまった。コース予約特典で一品サービスを選択したが、フリードリンク30分延長の方が良かったかもしれない。

和風居酒屋 竹家 年末創作コース3000円+飲み放題120分1500円

<データ>北九州市小倉北区魚町2-4-8-2F (魚町ミスドからサンロード方面に入り、右側。イタトマの上) /定休・月曜  <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Bランク /訪問履歴・1 

ブログ開設記念ということで、ダイエット中なのに、お昼を連食(笑)051116_121601

今夏の移転後、しばらくは夜まで営業していたのに、最近は、ほとんど日中で終了しているらしい。秋前に「スープの寸胴を1つ増やして出せるのが今の1.5倍になるから、夜も大丈夫」と聞いていて、この状態だから恐れ入ります。というわけで、いつも振られているのです(^^;)

従業員が増えている(^^;)移転直後は奥さんと二人だけでてんてこ舞いしていたなあ。中井(貴龍)の時に2回、夜間営業の砂津港屋台に2回。すぐに湯川に移転し、魚藍亭となって4回。場所は、だんだん近づてきたが(笑)私の生活圏から微妙に離れていていたのと、湯川時代に一時期、自分の身体(胃)に合わなくなって遠ざかっていた。でも、今度は徒歩圏内(笑)。約1年振りに行ってみたら、進化したのか、こちらの体調が良くなったのか、以前より美味しくいただいた。びっくりしたのが、た~まに行ったぐらいの自分を大将が覚えていてくれて。それでイロイロ話しこんで、奥さんと自分は中学の同級生だったということが判明(笑)世間は狭いものである。今度はしばらくココに落ち着いて欲しいものだ。

さて、二八を注文。デフォルトの豚骨ラーメンは、脂身たっぷりの分厚いチャーシュー(決して脂っこくないのが不思議)と相まって自分には濃すぎることがあり、いつも、鶏ガラ2・豚骨8ブレンドの「二八」をいただいている。今日はその二八でさえ丼の底に髄が残るぐらいに濃厚であったが、どことなく東洋軒にも相通じるところのある久留米系。スルスルと美味しくいただけました。好きな地鶏醤油やカレーライスも食べたかったなあ。

なお、平日お昼は、軽めのご飯1杯がサービス。取り放題の漬物も。平日・昼間に行ったのが初めてだったから、ご飯を出されて、「頼んでないよ~」なんて言ってしまった(^^;)

ぎょらん亭・本店  二八ラーメン 500円

<データ>北九州市小倉北区三郎丸3-6-29 (北九州市民球場外野レフト側入り口前の信号を小倉北体育館方面に入り、久野ビルの裏) /定休・月曜 /P・数台  <メモ> 今回・B (旨い) /リピート・Aランク(→) /訪問履歴・B /子供連れ○(座敷あり・混みあうが・・・

051116_113402 どうもここ数日来、眼鏡と鬢があたっていたらしく、湿疹がでていて放置していたら出血したため、平日休みを利用して皮膚科に。その後、眼鏡の調整もいるので、魚町へ。なんだかんだでお昼になってしまったので、久しぶりに麺8-34(めんやさんし)に行ってみた。

まだ看板も出てない時間であったが、入店させていただき、いつもの通り、「醤油」をオーダー。相変わらず、無化調のやさしいスープである。ガツンとくる個性に欠けるものの、ライトに、でも味わいのあるスープは相変わらず。喫茶店のようなお店の作りにマッチしている。コーヒーや、タルトまであるのだから、大将というよりは、「マスター」の美顔とともに、もっと女性客が増えて良さそうなのだが。今日はチャーシューがやや脂っぽくて、かつ固めであった。マスターもそのあたりは気にしているようだ。

麺8-34  しょうゆラーメン 600円 

<データ>北九州市小倉北区魚町3-2-4-2F (魚町銀天街アーケード旦過側から入り最初のT字を右に入ってすぐ) /定休・木曜 /P・なし  <メモ> 今回・B’(なかなか) /リピート・Bランク(→) /訪問履歴・B /子供連れ○(階段が急だが店内広い・座敷なしだが子供用イスは未確認)

↑このページのトップヘ