北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市小倉北区

小倉北区鍛冶町。余談から入るが、鍛冶町の「冶」は「さんずい」ではなくて「にすい」が
正しいので、お間違えなく・・・って、結構、間違ってたような気がしないでもないが・・・さ
て、平和通りから。森鴎外旧居へ通じるオーガイストリートを東へ。歓楽街が、なんとな
く落ち着いた雰囲気になる辺り・・・お寺があるからかな。その寺の真ん前にある、山内
パークアベニュービルの地下、いや、半地下風の場所にある、餃子店。久しぶりだなぁ。

23bd2726.jpg

7c3c16ba.jpg


カウンターと、小さめのテーブル席。こじんまりした店内。
メニューは、至ってシンプル。ギョーザ、にらとじ、チャンポン、皿うどんとビールに焼酎。
あれれ?「舌代」という文字が紙で覆われている。なんでだろ?

ebbb3b44.jpg


何はともあれ、ギョーザ 530円

a571a3ad.jpg


揃ってない、このランダム感がいい(笑)
ひとくくりに、一口サイズというが、一口でも食べごたえのないタイプもある。それとは
真逆で、つるっと、厚くはないけどもっちり感がある皮と、しっかりニンニクが効いた餡の、
食べごたえがいい。先日、戸畑の「宝雲亭えっちゃん」でいただいたのと、だいぶ違う
のだが、やっぱり、こちらの方が旨い。1人前はペロッと軽くイケてしまいます。

皿うどん 630円
dc7598a7.jpg


ac117d11.jpg


一般的な餡の半透明さ、というより、白く濁った感のある餡。大きめに切られたキャベツの
存在感で、ボリューム感があるが、案外ぺろりとイケる。極細の揚げ麺のパリパリ感もよく、
硬いタイプの皿うどんと言えば、ふやかして食べたいのだが、こちらのは、パリパリ感を楽し
みたい。

夜のお店で、やや、お高い価格設定ではあるが、久しぶりの「宝雲亭」、堪能しました。

北九州市小倉北区鍛冶町1-5-19 /定休・日祝日  18:00~

小倉北区田町。大門から金田陸橋へ延びる県道270号沿い、「ほっともっと」の裏手にあ
る中華店。何故か、なんとなく、行ってなくて、久しぶりに寄ってみた。

79760515.jpg


2ヶ月ごとに、曜日ごとの日替わり定食が更新されているのかな?
この日は、かに玉+唐揚げ2個の定食で。まあ、これでいいかぁ、と注文する。後で、定番
のランチタイム限定メニューがあるのに気が付いたが、まあ、良いだろう。
ランチタイム限定のエビチリ定食700円、オールタイムOKの餃子セット700円も、オーダー
が多いようだ。

日替わり定食750円
12d01535.jpg


相変わらず、すごいボリューム(汗)定食じゃなくても良かったかな。。。

43b8bead.jpg

11d57bab.jpg

9652c42b.jpg


かに玉の餡が、塩味強めでちょいとしょっぱい。甘めを期待していたんだが・・・。盛り付
けも、豪快と言えば豪快、ちょいと雑と言えばそうとも。唐揚げは、大味で。あと、ライス
があまりにヤワヤワで、これはあまり・・・そうだね、こちらは、豪快にガッツリ行く方のた
めのお店だったなー、と思いだした。

ちなみに、3年前の訪問時の日替わりは、硬い焼きそば+唐揚げ2ケ。画像見つけて思い
出したが、感想は今回と同じかも・・・ボリュームは、さらに小鉢が多くて、唐揚げは当時
の方が良かったように記憶している。餡の量が多くて、最後はライスを投入して、なんちゃ
って中華丼にしていただいた記憶が。

7f2fcef3.jpg


このボリュームにして、700円前後という価格は安いと言えるだろうね。
ガッツリ系の方には、おすすめします。お会計すると、500円以上の食事で1枚、ライスの
サービス券が。これは以前も同じようなのもらったなー。5枚で餃子1皿と交換できるようで
す。もっと以前に、餃子を含めいろいろ食べてみたことがあるのだが、忘却の彼方に・・・

北九州市小倉北区田町10-33 /定休・日曜

小倉北区城内。北九州市役所の15階にある展望レストラン。かつては、ボントン、東京第
一ホテルなんかもレストラン経営していたが、今は地下の食堂と同じく玉屋食品の経営み
たいです。東京第一ホテルがやってた頃までは、今の場所と+北東の角があって、そりゃ、
景色が良かったけど、今はだいぶ、こじんまりしました。まあ、土・日・祝日・年末年始は
営業しないから、仕方ないと言えば仕方なく・・・

acb9b8ac.jpg

6404dced.jpg


メニュー 680円のビーフカレーから1200円の幕の内弁当(要予約)まで。
日替わりランチ720円と、毎月29日(土曜に当たる場合は繰り上げあり)は肉の日と題して
焼肉ランチ通常780円が、ワンコインに。


エレベーター内の広告 たしか、本来は29日だが、土曜日で28日だったような。


店舗からの景色
df110bbc.jpg

c90061e5.jpg


オムライス 730円
9b752a66.jpg

 
8aecb569.jpg


f37bdffd.jpg

44f9bf8a.jpg


玉ねぎもチラホラ見える、案外しっかりしたデミソースに、オーソドックスなケチャップライ
スの組み合わせ。王道ちゃ王道、普通ちゃ普通。。。至ってオーソドックスなオムライス。
やや、相場より高い気がしないでもないが、以前より狭くはなったとは言え15階からの景
色を眺めながら(注・窓際席をゲットできたら)食べるのも、偶には良いかなー。

ちなみに、焼肉ランチ780円 →500円

e95f10dd.jpg

89c8d9f0.jpg


500円なら、アリです。780円は、ちょいと微妙かも・・・汗

北九州市小倉北区城内1-1 北九州市役所15階 /定休・土、日祝日、年末年始

小倉北区大畠。神岳交差点から森林公園方向へ上る道は、名店ぞろいだが、その中
にあって小さな店であまり目立たない。なにせ数軒先の「なごし」足原店の路駐が、この
店の前まで延びていることすらある。しかし、知る人ぞ知る、キラリと光るアップルパイの
専門店で、商品は、パイとパイ生地を使ったクッキーしか置いてない。2003年オープン。

9ebafd33.jpg


私も、これまで、美味しいと評判のアップルパイを、あれこれ食べてみたが、こと、「ホー
ル」については、いまだにココのパイを超えるものに巡り合わない。味も、値段も。こんな
店が近所にあるなんて幸せだよ、まったく。
単品の小さなパイもあるが、我が家は、もっぱらホール買い。ここのパイはホールを食べ
なきゃ、本当の良さはわからないと思う。ホールのコスパは最高。

ホールは2種類。大きい方が「森のしらべ」2600円 カットは10等分もOKで、おすすめは8
等分。小さい方が「大地の贈り物」1400円 カットは8等分もOKで、おすすめは6等分。

c7e914e8.jpg


f9f09e8b.jpg


01a7dc24.jpg

ad3b03ee.jpg


リンゴは青森産のふじ 適度な甘さ。酸味は控えめながら味わい深い。表面に塗られた
アプリコットジャムは、甘め。ストレートの紅茶がよく合います。生地は表面から上部が、
パイらしいサクサク。ところが、リンゴの下のベースは、薄いながらも、しっとりふわりの
スポンジ状。実際に聞いた話、この底の部分良さと、全体の旨さで、パイ生地が苦手な
人からも、ここのホールは別、と太鼓判。そのホールはタイミングが合えば予約なしでも
大丈夫だが、やはり電話予約が確実。1時間くらい前でも、確か大丈夫なハズだ。その、
焼き立ても当然に良いが、冷蔵庫で1・2日寝かせても、また違った味わいが出てくる。味
が落ち着くのか、しっとり感が増し、全体的にまろやかで旨みが増す。なので最近は、大
きい方のホールを買い、半分は、すぐにいただき、のこり半分は、冷蔵庫で寝かせてから、
2度楽しんでいる。

早めの予約なら、記念日、誕生日の旨を伝えると、パイ生地のプレートにチョコでメッセー
ジを書いてもらえる。
97041993.jpg

148f2600.jpg

b5e99c43.jpg


これはホワイトデー。義理チョコのお返しに(笑)
8b17033c.jpg


ご夫婦で経営。パティシエの江良さん。小倉っ子には懐かしい「ガトウ不二」出身・・・とい
うか「ガトウ不二」経営一族のご出身。懐かしくもあり、オーソドックスでもあるが、このシ
ンプルさが良いです。単品モノも良いけれど、お一人様でも、ぜひ「ホール」を買って、2・
3日かけて食べてみてほしい一品。
ご年配だけに、先も気になるが・・・長~く、頑張ってほしいです。

北九州市小倉北区大畠3-5-28 /定休・月曜(祝日は営業、翌日休み)

小倉北区京町。魚町交差点から海側(JR線)に伸びる「ちゅうぎん通り」。目立つ派手な
お店が並ぶ中にあって、トリコロール色のテントを擁しながらも、何故か地味・・・いや、
滋味な渋~い感じの老舗レストラン。隣が、サウナのグリーンランドという位置。

c2ce86ed.jpg


訪問は2回目で前回は2008年4月。8年前・・・またもや久しぶりとなる。当時は、こちらの
ネット情報がほとんどない状態。まさに「突入」と、このブログにも書いている(笑)

店内はカウンター7席のみ。他に2階にテーブル席があるようだ。

メニュー








サービスランチ680円は15時まで。他は特製ハンバーグステーキ等ライス付セット6種980
円、特製ビーフカレーやスパゲティ980円、オムライス1000円等。単品の肉料理・魚料理に
最高額は国産和牛ステーキ7500円から。値段差がかなりあるが、雰囲気はとても庶民的
な感じのお店だ。
前回は、ハンバーグステーキのランチで、しかし、それはミンチカツのようなハンバーグで
あった。今回、サービスランチの掛け看板は「ミンチカツ」となっている。おや??ということ
でサービスランチを。
eb93ece4.jpg


2e06f3e5.jpg


94954f93.jpg


さて、8年前のハンバーグと今回のミンチカツ。うーん、違いがよくわからないが・・・記憶
もかなり薄くなってるしなぁ。ソースにどっぷり浸かっているからか、ミンチカツというイメ
ージよりコシのないハンバーグって様相だが。ジューシーさはホドホド。ほんのり酸味と
若干の苦みの、サラリとしたデミソース。自己主張はあまりしないが、しっかりとミンチを
サポート。付け合わせのナポリタンは注文が入ってから調理開始で、付け合わせとは思
えない味と量がある。野菜は瑞々しくて、8年前同様、トマトが甘くて旨い。これで680円、
満足感は高い。

980円メニューを、いくつか食べてみたい(特に特製ハンバーグ・・・)のだが、何故か訪問
機会が少ない。派手に印象に残る感じじゃないからかも。味は間違いないので、忘れない
ようにしなければ。

北九州市小倉北区京町2-1-5 /定休・第1、3、4水曜

小倉北区大手町。小倉北区役所と芝生広場の向かいにあるマンション1階の洒落た店
舗群。その中にある、オープンテラス席をもつ、フレンチレストラン。1986年2月13日創業、
30年の老舗。一時期(確か2008年1月)、「LIPP」のサインを残したまま黒原に移転して「
カーサビアンカ・リップ」(この大手町の場所は、「ビストロ・クークー(現在は中島に移転)
」が営業)となっていたが、数年前に復帰している。ちなみに、オーナーシェフの姪っ子さ
んは、ロンドン五輪の水泳で活躍した、鈴木聡美で、当時、コチラもテレビに出てましたね。

263acc4f.jpg


店内
d675a178.jpg

5a22f569.jpg


ランチ利用は、2012年6月以来。その間、夜の宴席で1度利用しているが、いずれにして
も久しぶりだ。
ランチは、平日(火~金)が1080円から。土日祝日が内容を変えて1500円から、という構
成の様子。この日は平日訪問。ランチ1080円で、メインが2種と+500円のメインが2種。基
本メニューの中から、ラタトゥイユとベーコンのトマトパスタを選択。ところで、他のお客さん
の多くが、もう一つの「厚切りお肉のパテ」を選択していて、ありゃ、こっちが人気なのか、
と(汗)


前菜プレート サラダ、スープ、手作りパン
c0ceebb0.jpg


メインのパスタ  細かい角切りの野菜とトマトソースのハッキリした酸味でさわやかな
仕上がり。パスタの茹で加減も、申し分なく。
fdc7b22e.jpg




こちらの店で、パスタをガッツリ引き上げた、美しくない画像を食◯◯◯で見かけたが、
まあ、負けず劣らずかな(笑)しかし、これでも巻き過ぎだと思っている。音を立てずに、
綺麗にパスタを食べるには、パスタを2、3本フォークに巻いて、そのまま口の中に運ぶ
のが良いと、FMか何かで聴いたことがある。時間のない昼休みランチなので、これくら
いは致し方ないのかと(笑)

デザートとデミコーヒー。
この日のデザートは、ドライフルーツとナッツと小豆のパウンドケーキ。
小豆がとてもいい仕事していて、美味しかった。

e1f77435.jpg


それぞれの量は女性向な感じで、ガッツリ系には、物足りなさがある量かもしれないが、
昼休みランチに美味しいものを少しずついただく贅沢な時間。たまには、こんな時間も
良いよね。

北九州市小倉北区大手町3-1 コープ野村 /定休・月曜 /P・近隣コインP利用

小倉北区室町。リバーウォークからヤマダ電機に至る道路の途中、右角にある、うどん
店。隣がチャンポンの「錦龍」という位置関係。

2481f3f7.jpg


店内。角地にあるが、店はコンパクト。大きな街の小さなうどん屋と看板にある通り。
二階席があるという話も聞くが、未確認。老夫婦の経営で、二階にモノ運ぶのは、大丈
夫なのかいな、と余計な心配。以前の仕事ではシフトの関係でピーク時にかからなかっ
たから、訪問も多かったが、今はピーク時に訪れることが多く、すでに満席となり、なか
なか入れない。ようやくのこの日は勤め人が少ない土曜の早め時間。暖簾がかかって
たので11時半頃入店したものの、まだテーブル席で新聞を読んでる大将。注文して、し
ばし間があって厨房の奥方が動き出す感じで。それから最後の開店準備を終えた大将
が厨房に入り。土曜の本格稼働は、正午前って感じの動き。のんびり感(笑)

28a2e72a.jpg


お品書き。外にも同じ内容の看板があるが、店内バージョン。
6cd1cd24.jpg


久しぶりなので思わず「特製うどん」600円を頼んだ。

090fe293.jpg


大きめの器。他のうどんメニューよりひと回り大きな丼だ。そうでした、「かやくうどん」は
普通サイズだが、特製うどんは、ボリュームもあったんだと思い出す。トッピングは、ワカ
メ、甘めの玉子焼、海老天、ゴボウ天、玉子〈月見)、かまぼこ、きつねが入る豪華版。



「もちっ・ふにゃ・くにゅ」な麺。柔目なのは、こちらのうどんのスタイル。そう、ぶっかけは、
さらにやわやわだった記憶が。なので、もっぱらの汁うどん。その出汁は、ちょいと辛め。
特製うどんの出汁の量は多いので、全部啜るとさらに辛さが口中に残るが、「月見」が
崩れた出汁は残すのも・・・と頑張って飲んでしまう。
そーいや、以前は「いかうどん」率が高かったなぁ。いか天うどんのことだが。いか天だけ
は揚げ置きじゃなく、注文入って揚げていたので旨かったんだよね。今もそうだろうか?
次は、いかうどんにしてみよう。

北九州市小倉北区室町2-4-8 /P・なし

↑このページのトップヘ