北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市小倉北区

ボヤボヤしてたら夏も終わりそうなので、溜まって遅れた記事はさておいて取り急ぎ?
小倉北区白銀。黄金市場とマルショクの間の道を、ずずっと南方向へ。八幡東区に、か
つてあった本店(明治時代創業)から、のれん分けで開店したのが昭和38年というから、
こちらも半世紀超えてる。
そーいえば、何時頃からか、実家のお正月は、ここの餅で雑煮だったなぁ。今は、我が
家も、主にこちらで調達している。ということで、利用のほとんどが年末から年始、春頃
まで。その時期の話は、冬場にでも・・・。
そして、数少ない夏場利用は、やはり、かき氷。

7a10bda4.jpg




かき氷営業は6月1日から9月30日まで。休日は表に待ちがでてる光景を何度も見か
ける。店内のキャパが少ないというのもあるのだが・・・暑いから食べたいが、タダで
さえ行列嫌いなのに、さらにクソ暑い外で待つ根性は私にはない(笑)
いつものごとく、大方が食べたいであろう時間帯と曜日を思いっきり外しての利用。

店内&店内メニュー
かき氷の時期は、ぜんざいや、あべ川はメニュー落ちしてるのかな。5月までは、
あったのだが。
8b06f26e.jpg


c6a1c7a6.jpg


さて、あんこの旨い餅屋で、普通のみつかけの氷を選ぶ理由もないから・・・しかし、看板
メニューの「お多福スペシャル」は、ボリューム・値段とも・・・ということで。

宇治茶ミルク金時 756円
1495e6a1.jpg



もっとも、ボリュームという点では、これもかなりあって。元々、かき氷系はあまり食べ
のもあり、一人でいただくのは、結構大変で。子ども連れのお母さんも居たが、あ
あ、こうしてシェアしていただくのが丁度良いんだよね、なんて思いながら、結局、完食
してるけど(笑)小豆の美味しさは言うまでもなく。個人的に練乳の量は、もう少し少なく
ても良いのだが、これくらいかかっていたが食べやすいと言うのは、ミルクなしをいた
だくと判る。美味しいかき氷は、たくさん食べても、頭がキンキンすることはない。決して
安くはないが、値段には理由があるものだ。

宇治茶金時 648円
b215a705.jpg

0b76c8e1.jpg


単純に、宇治茶シロップと小豆を味わいたいなら、こちらかも。
個人的な感想でいえば、ミルクありは一人でも飽きずに食べれたが、ミルクなしは、や
単調になってしまう。シロップの浸透具合からしても、ミルクありの方がお勧めかな。
ちなみに、練乳ってあまり好きじゃない(シロヤの、あの有名なサニーパンですら、自分
から買わない)けど、これに関してはそう思う。

かき氷、もうすぐ終了なので、お早めに。

北九州市小倉北区白銀2-3-13 /不定休
/店舗(販売)営業7時半から18時、喫茶営業12時から17時半
/お店も看板と店内に書いてますが、駐車場とトイレはありません。

小倉北区京町。小倉井筒屋・北玄関前の道路を挟んで向かい側にある老舗。創業が、
昭和12年という、戦前産まれ。カテゴリ的には「寿司屋」だろうが、こちらは、何といっ
てもラーメンが有名だ。板さん(大将?)の元気の良い声に出迎えられて入店。以前、
ちゃんぽんも食べたことはあるが、こちらに来ると、ラーメン、だな。やはり。

5a3587eb.jpg


入店して、左手の寿司カウンターには向かわずに、右のカウンターに座るのが常。
いつの間にかカウンター席に、「四方平の見る小倉」なる、四方平の歩みと共に、周
の小倉の街の懐かしい写真が貼っていて、しばらく眺める。その中に、旧・常磐橋
の袂にあった、ラーメン玄徳(現在は、小倉北区片野)の写真が目を引いた。

メニュー




この街中にあって、ラーメン450円とは・・・安いね。
そーいえば、コチラと同じ製麺所の麺を使っているラーメン店・中華店は、安いという
イメージがあり、実際、門司港の「みとラーメン」でも、麺屋さんが値上げせずにいてく
れて・・・とお聞きしたことがある。製麺所は、小倉北区中島の高砂商会。いくつかある
とは思うが、わかっているだけで、みとラーメン、大三元、餃子のキスミは、コチラの麺
を使っている。お店ごとの「仕様」はあるようだが。

さて、注文したのは、いつも判を押したように、ラーメンセット650円。選ぶ細巻も、これ
また判を押したように「しそさば巻」だ。他のお客さんも概ね、鉄火巻かしそさば巻を選
んでいるような気がする。人気のツートップと言ったところだろう。

ec6a6d7a.jpg


同行者が鉄火巻を頼んで、一緒に盛られてきたツートップ(笑)
なぜか細かくカットされていた・・・
eef622ec.jpg


ラーメンです。
bf85f3df.jpg


81a78887.jpg




醤油スープは、少し透明感がある。ほんのりと甘い、あっさりスープ。この滋味系の醤
油スープに高砂商会の麺が、ものすごくマッチする。そうだよね、みとラーメンも、大三
元も、醤油豚骨だし、そのスープにホントに合う。逆に、昨今ブームの、濃厚ギトギト豚
骨には、合わないような気がするなぁ。寿司屋だけに、細巻も旨いし、これまた、イニシ
エ系のラーメンに合う。旨いなあ。小倉の街のど真ん中で安くて頑張るラーメン屋さんは
多いが、洗練とか上品さとか、その上、低価格まで備えた四方平のラーメン。凄いです。

さて、メニューではラーメンセット650円だが、お会計をすると600円だと。ああ、そうか。
以前は(早じまいの特定曜日に限り)次回使える50円引きの金券を配っていたのだが、
今は平日のランチタイムは50円引きになったんだ~。嬉しいねぇ。

北九州市小倉北区京町1-2-22 /定休・木曜

小倉北区黄金町。黄金町というより三萩野交差点近くにある、超老舗の揚げパン屋さん。
さっき食べログ情報を加筆しておいたが、お店に尋ねたところ、昭和26(1951)年1月26日
創業というから、もうすぐ「緑寿」を迎える。朝5時半開店・売り切れ次第終了というスタイル
で、概ね、最初にカレーが売り切れて、次いであんかリング。どうかしたら7時半前にすべ
売り切れのこともあれば、稀に8時台でもカレーが買えたり。しかし、9時ごろには大体勝
がつているという、早起き限定のパン屋。そーいえば、かなり以前、ここのカウンター
で牛乳とンを食べてる方を見たし、少し前までメニューには牛乳・コーヒー牛乳があった、
私は時間がことが大半(朝には弱い・・・)で、やってみたことがないまま、メニュー落ち
した・・・筈だ(笑)特に最近は、メニューをしげしげと眺める余裕がないかも。

fe00e3d8.jpg




昭和40年代前半、幼稚園のころ(笑)お店は今よりほんの少し南側の都市高速(完成
当時は北九州道路)の付近にあって、幼稚園の帰りに福岡銀行三萩野支店の午後3
時のサイレンが鳴る頃でも買えていたんだがねぇ。北九州道路建設に伴う移転時に、
今のビルになった。近くの東洋軒も、ほぼ同じ時期に、ほんの少し北側に移転した。
ラーメン配達のバイクが2、3台店頭に並んでいた時代、お昼でも比較的ゆっくり食べれ
ていたんだが、と「3丁目の夕日」みたいな話してても仕方ないので先に進む(苦笑)

メニューは、カレー、あん、リング(ドーナツ)の3種で、各1個40円。30円から40円に値上
となってから、結構な年月になると思うが、頑張っている。まあ、コッチが大きくなった
ためかどうかは定かでないが、小さくなって、特にカレーの具が減った感じはある(笑)

53ff6cf6.jpg


65589856.jpg

eafae765.jpg


楕円形が、カレーパン。丸いのが、あんパン。わざわざ書かなくても表面の砂糖でわかる、
というのは買ってきてすぐぐらいで、時間がたつと、パンの油で砂糖が徐々に消えてゆく
よね。最初から、追加の砂糖(砂糖がすでに振っていても、袋詰めする際に、トングでひ
つまみ砂糖が入る)は、要らないと言うこともある。餡がしっかりと甘いので・・・。
以前は、何は置いてもカレー・カレー・カレーで、なければ、餡・・・だったのが、最近は餡を
必ず買うようになったな~。餡のファンも、すごく多くて、カレーがあるのに餡ばかり20個と
買っていく人も見たことがある。甘みの強いこしあんだが、これがなんとも旨い。よく仕込
をしているところに出くわすが、大きな鍋で加熱し餡を練っている。しっかり手をかけてい
感じがある。で、いつも脇役のリングだが、これも侮れない。どうかしたら餡より先に売り
れてることもあるが、多分に、製造数が少ないが原因じゃないかと疑っているし(笑)なか
買わないのだが、素朴な味で飽きがこない感じ。大御所のカレーは、上に書いた通り
カレーの量が少なめな感じはある。が、やはり王道。たっぷりの玉ねぎの甘みと、少しの
イスが絶妙である。って、特にカレーに関しては、小さいころから食べ馴れているから、
ともな評価は、東洋軒のラーメン同様、不能な私なので、悪しからず。



時々、無性に食べたくなる「虎家のパン」。若い後継者も居ることだし、しばらくは安泰かな。
店舗裏には、昔のものと思われる看板が。「どん~おいで虎家のパン」。実は最近、立ち寄
すいので、よく食べれてるのは、個人的にうれしい限り。

北九州市小倉北区黄金1-4-13 /定休は日曜と祝日、お盆と年末年始も数日お休み。
P・ないです。

小倉北区室町。リバーウォークからヤマダ電機(昔は弥生会館だったなぁ)に抜ける道路
沿いにある喫茶店。1968年創業というから、この界隈がとても賑やかだった時代からある
んだねぇ。この日は土曜日。息子を連れだして、私は超・久しぶりの訪問。平日の昼は
客が多すぎ、なかなか入れない。同じく待ちが多い、ちょい隣のラーメン「悟空」の方が、
遥かに回転が速いしね。息子を連れだしたのには魂胆が。ここの「ガッツリ」メニューを、
一度に2つ食べてみよう、と言う・・・(笑)

f494284b.jpg

321c7edc.jpg

d09b69ef.jpg


店内に入ることはできたが、土曜日もお客が多い。ほぼ満席だった。黒電話のあるカウ
ンター席に陣取った。横には漫画本の棚。昭和な雰囲気だ。

メニュー
食事は親子丼450円から。ハンバーグ定食・焼肉定食でも630円とリーズナブル。

15c06351.jpg

7db08edd.jpg


私の注文 スパ(大) 580円 スパゲッティの大盛ですね。タバスコの瓶が、かなり小さく
見える(笑)付け合わせにソーセージ、麺に埋もれているが、玉子も入っている。
玉子でマイルドになるし、案外とケチャップくどさがなくて、鉄板と接する部分はオコゲが
あるくらい香ばしいから、大盛にも関わらず、あれれ予想外にすんなりと食べれる。

c9fb4a24.jpg

43be3b30.jpg



b1cad8c5.jpg


方や息子のカツ丼(大) 600円。これね、話聞いてビビる息子に強制的に選んだ(笑)
配膳されて、息子、あ、これならイケると、食べ始めたのは良いが、見た目以上のボリ
ュームがあり、途中でスパと交換したり、最後は手伝って何とか完食。丼と言いながら、
めの大きな皿に、ご飯がてんこ盛り。画像奥に写る爪楊枝から想像してみてくだされ。
カツの厚みはそんなにないが、大きさはシッカリ。出汁は若干甘め。あまりツユがない
かなと思ったら底の方はツユだくだった。ちなみに、息子は気を取り直して後日、普通
のカツ丼を食べに行ったらしいが(笑)多すぎて味わえなかったんだって。

86816ef8.jpg

58f5269e.jpg

0133e9dc.jpg


他のメニュー、オムライスとか、焼きそばとかチャンポンとか。食べてみたいなぁ。
でも、ここでは昭和な雰囲気にベストマッチするスパゲッティ(=ナポリタン)は外せない
気がするが・・・

北九州市小倉北区室町2-6-15 /定休・日曜

北九州市役所の地下1階にある食堂。一般利用は大絶賛利用可(笑)経営は、懐かし
玉屋マーク、玉屋食品株式会社。あ、玉屋って解らない世代も増えてるのかな。博
多の中洲と小倉の室町(のち、京町=現在、コレット)にあった、老舗のデパートでした。
北九州市内に3店舗。内2店舗が、北九州市役所の中にあり平日のみ営業。残る1店
舗は小倉競馬場で主に土日営業。( http://www.tamayafoods.co.jp/shop.html )

bcd17efc.jpg

9a6e079e.jpg


向かって右手が和食と洋食で午後3時まで。左手の麺コーナーが夕方17時半まで。
右と左の間が厨房なので、中で往来することはできない。
朝は8時15分から開いてる。ただ、午前中の早い時間には朝定食しか見たことなくて、
他のメニューはお昼時以降じゃないとやってないようにも思うのだが。

bb87f231.jpg


券売機で食券を買い、厨房直結のカウンターに並ぶ。
洋食コーナーのランチは白の5角形のトレイを持って。和食コーナーの定食はトレイ不
要。残りのメニューと、麺コーナーは黒い真四角のトレイをもって並ぶのがルール。
役所の休み時間が始まると大混雑となるので、11時台か、12時後半以降の利用が良
い。ただ、12時後半になると売り切れメニューが登場してくる。ベストは11時半かな。

洋食・和食コーナー
定番のカレーライス 390円
若かりし高校・予備校生時代。当時は土曜日も半ドンで食堂も営業してたので、よく利
用したが、安くてお腹を満たすのは、大盛カレーライスだった。250円ぐらいじゃなかった
かな、当時は。今はサラダが付くようになり、数年前まで変化がなかった、伝統の「玉屋
デパートの食堂カレー」の味も若干変わってスパイスが効いてきたけれど・・・偶に無性に
食べたくなってしまう。なんちゃない味だけど、馴れとは恐ろしい(笑)
 
65a4f1a4.jpg


b41b2c28.jpg


さて、こちらは大盛カレー420円。30円増しだが、ご飯の量がすごく多い。
用心するのはカツカレー。ただでさえ量が多いカツカレーは大盛だと・・・かなり大変(笑)
7d52fda1.jpg


親子丼 380円 玉子のトロミ加減も良くて、格安だし。これも結構、昔から食べてたかも。
味付けは濃いめ。

fd0bd3ba.jpg


玉屋Aランチ(洋食コーナー) 500円 日替わりなので内容は毎日異なるようだ。
Aランチの他に昔は焼肉などのランチ・定食もあった気がするが、今はチキン南蛮510円
残るのみ。ただ、用意してる数が極端に少ないようで。主力はAランチらしい。

f8f60ce2.jpg

d9648e12.jpg


玉屋A定食 (和食コーナー) 490円  こちらも日替わり。AランチとA定食。昔はBが
あったように思うが、どちらもAしかない。で、A定食の方が売り切れになる時間が早い
気がする。  
607985a1.jpg

009667b1.jpg


麺コーナー
こちらで一番食べてるのは、チャンポン 390円
キャベツとモヤシがたっぷり。業務用スープに野菜の味が染み出て、侮れない味。
バラ寿司100円との組み合わせ。ちなみに蒸し麺ではありません。つるっとした、普通の
チャンポン麺。私は基本的にこっちの方が好きなので。

14415020.jpg



ガッツリメニューのチャンポンセット 610円 大きな器のライスには辛子明太が載る。

43a22815.jpg


ラーメンセット 560円 (単品のラーメンは360円)
3c0477ec.jpg



ちゃんぽんは良く食べたが、ほとんど食べたことがなく。業務用スープに野菜が入って
こそ、と思っていたのだが、意外と業務用スープだけのラーメンも、普通に食べることが
できる。業務用スープって侮れないのね。

丸天うどん 330円 やや辛い出汁に、やわやわ麺。定番のうどん。

c66cff1b.jpg


麺コーナー、冬場にはニューメン(にゅうめんのこと)が、かやくうどんみたいに具が多く
て良いのだが、画像が行方不明(汗)また、券売機に中華丼やギョーザ、五目やきそば
も見えるが、今はやってないような感じ。数年前はあったのだが・・・人手やコストの問題
だろうか。お値段やすいからねー。仕事でよく出入りするから利用しているが、まあ、わざ
わざ行くような感じではない、と言えばそう。しかし、昔から食べ馴れてるから、偶に無性
に行きたくなるのは・・・(苦笑)街中はランチ場所は多いけれど、総じて高いからね。重宝
します。

北九州市小倉北区城内1-1 北九州市役所地下1階 /定休 土・日・祝・年末年始

小倉北区紺屋町。西部毎日会館裏手にある中華店の「春燕」へ。
なかなか行けないから、この日は晩御飯で。

b9152bb9.jpg


定食と麺類、飯類のメニュー



夜だから、生ビールも飲んじゃいます。若干距離あるけれど、子どもも徒歩圏内。
私にはお散歩の距離なんだけど。ビールのアテに砂ズリの酢の物。これ旨いからねぇ。
麻婆定食や春燕定食にも付いてくるが、単品注文も可能。
aa911506.jpg


野菜いため定食 750円 +ご飯大(サイズ選択は無料) 
cd6cb846.jpg


私は、大奮発の「春燕定食」 1300円 ご飯大と、味噌汁の代わりにスープを指定。
八宝菜定食じゃありません。チャーシューと揚げ物皿含めての定食。
aca33596.jpg

d2cbbc4c.jpg


ビールの影響で、最後は苦しくなりましたが(汗)やはり、旨いですね。春燕。
久しぶりに2階で宴席やりたいなぁ。ファミリーコースで宴席ってのもいいしねぇ。

北九州市小倉北区紺屋町14-36 /定休・日曜と祝日

小倉北区魚町のバス通り(旧・電車通り)に面した、ミスドが閉店した後にできた店。浅草
に本社があるということで、ああ、浅草の天丼かぁ・・・というイメージを抱き。その内、行っ
てみようと思ってたところ、夕食のない日に思わぬ残業で遅くなって、お腹がすいたし、選
択肢は少ないしで。偶々通りかかってフラフラと初訪問。実は、ロイヤルホールディングス
の一員ということで、福岡に繋がりがあるということを最近知ったけどね(汗)

9efc2bcd.jpg

メニュー



うどんや、そばもあるんだ。
定番の天丼が580円。浅草の天ぷら店の天丼は2・3千円するから、流石はファスト・フー
ド。何かの番組で、取り上げられてた、いろんなこだわりや、その中での旨いとの論評。
最初なので、基本の天丼に、麺族としては興味があるので小うどんとのセット、税込720
円と格安。
e9b999e0.jpg


659cc1f3.jpg


c5647d5f.jpg


値段からも、期待するのは、ちょいと酷かな・・・とは思ったけど、まあ、それなり、ですね。
特に旨いという感じもなく。そりゃ、安いからそれでいいじゃんと納得させようとする自分
がいる。期待したほど天ぷらはサクサク感はないかな。タレのかかりかたも微妙。後で知
ったが、たれの減量・増量はOKみたいね。うどんは、あっさり。細麺のうどん。セットと単品
を単純に差し引くと税込140円くらいの、うどんだからね。まあ、こんなものでしょう。
やはり天丼は1000円くらいは出して、チェーン店以外で味わいたいと思った次第。

76150a96.jpg


浅草らしく、やげん掘の七味だ。ただし、この瓶入りと、浅草や、デパート企画である、
やげん掘は別物。大手メーカーの七味がおいてるよりは、十分良いけどね。

↑このページのトップヘ