北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: つれづれ日記

今日は学校で毎年恒例の持久走大会。

毎年思うに、鈍足で鳴らした親の何処にそんな遺伝子があったのか、皆目わからない
のですが(苦笑)
今年も、学年の女子ではダントツで、女子の2番を半周以上、引き離してゴールしました
(後ろに写っている女子は周回遅れ・汗)。
練習では男子含めて3番だったらしいのですが、本気と意地を出した男子にわずか及ば
ず5位でした。 

小学1年生からの大会も、あと来年を残すのみ。早いものです。

仕事が終わって、車通勤の同僚に声をかける
小倉方面に行くなら門司駅まで乗せて、と。
そしたら、一旦、下関の実家に戻って、それから小倉に行くと。
 
ラッキー。私は門司駅から下関に向かおうとしていたのだ(笑)
しかも、実家は下関駅の近くだという・・・
 
目的のお店(うどん店)に向かう。去年からの宿題店だ。唐戸にある店は営業時間が
合わないので、下関駅から歩いて行ける、ここを狙っていた。
 
で、店が見えてきた。しかし、暗い。もう閉店したのかな・・・
さらに近づけば、なにやら貼紙が。
 

 
おいおい・・・(汗)
 
仕方ないから、急遽、周辺のラーメン店を検索し、yahooロコで評判がよさそうなお店へ。
(帰って食べログ見たら、評価ないし、ブログにもあまりヒットしないんだけど・・・)
 
薄いけど、アッサリで、まあ、ありかな。もう少しパンチが欲しい気もするが。。。
 
で、小倉に戻って・・・あれ?傘がない。
門司港の「強風対策」になりそうな傘を、別の同僚に頼んで通販で買ったばかり。
 
ラーメン店ね。
また、行かなくては(苦笑)
 

facebookで、友人が書き込んだ記事の中にあった話。
 
「北海道のラーメンには、バターは入ってない」
 
どうやら、どっちのケンミンショーにも出た話のようだが、偶にしか見てないので
知らなかった(笑)
バターどころか、コーンも入らない。入るバージョンがあるのは、主に観光客向けの
お店ということらしい。
 
もともと、九州でサッポロ系のラーメン食べる際、私はバターの注文はしていない。
なぜなら、その作り方で、すでに多くの油分が含まれているから。くどくなってしまう。
 
鉄鍋で野菜を炒め、スープを加える。
それを、丼に揚げた麺に注ぐ。そう、どちらかと言えば「チャンポン」に近い感覚なのだ。
チャンポンにバターを加える図を想像してみるに、やはり、個人的には考えにくい。
 
しかし、デフォで、コーンは入ってくる。
以前から、コーンはいらねーから、その分値段を下げて欲しい、と思っていた。
特に昨年、守恒の時計台を食べたときに、そう感じた。違和感があって。
なんでだろうと。。。
 
この、バターと、コーン。私のわがまま、かと思っていたら、冒頭の話。
なんか、スッキリした。
 
そこで、今ごろになって思い出したが(笑)もう10数年になる、唯一の北海道旅行。
親類がとある育成牧場(ヒシアマゾンやホクトベガが放牧に来ていた)で働き、住んで
いたので、その車を借りて、道央の牧場めぐり+観光をした。
都合、4軒のラーメンを食べている。
札幌、旭川、そして弟のテリトリーでお勧めの、このお店と、その同じ系列の別の店。
 
ラーメン寶龍 鵡川(むかわ)店
 
当時、写真なんて撮ってないからすっかり忘れていたが、ネットで改めてみるに、
やはり、バターも、コーンもない。
このお店、チェーン展開している支店の扱いだが、もっと弟の根城に近かった富川
にも支店があり、そちらも食べてみたが、別物?というくらいに違っていた。
 
あー、あそこのラーメンが食べたい・・・
 
マイベスト・北海道ラーメン・・・
札幌から電車で、苫小牧。さらに「本線」なのに、単行運転の日高本線の気動車に
乗り継いで・・・あまりにコスパ、悪いわな。。。

我が家の正月の恒例行事として三社参りがある。
 
鎮守神の、妙見神社
お宮参り(七五三も)に行ったらしい、八坂神社
同様に、配偶者は到津八幡。この二つは産土神になるのかな。
 
ところが、今年、セガレは部活動初日(6日)にランニングしながら三社参りに行くという。
我が家は元日に三社回った。そのうち二社はチームで回る。つまり、今回、新規が一社。
これってトータルで「四社」になるじゃん。縁起良くないから、セガレは、帰りに、どこか小
さな神社に寄って来ることになった。
ところが、寄ったトコは、すでに回った神社の内の1つの、グループというか「支社」扱い
だったようだ。
 
うーん、こりゃ、ややこしい。
そもそも、三社参りは、その日の内に回るものか。松の内に回るものか。
出先神社の扱いは?(笑)
 
ネットをクグッてみました。
 
ビックリ。
 
そもそも、三社参りという風習は、実は、ローカルなものだということ。
西日本の。鹿児島を除く、九州各県。および、山口、広島、和歌山県だという。
 
さて、行くべき日や、どこに行くか、だが、その地域で、慣わしがあり、明確な決まりはないようだ。
 
コチラでは、当たり前の週間も、全国的に見たら、ローカルな「ならわし」
TVの「秘密のケンミンショー」みたいな話。
 
結論 自分が満足するように回ったらいいじゃん、でした。
 

年明けからの分
 
1月1日  自宅で雑煮と、実家でおよばれ(ラッキー)
 
e037290a.jpg

5f1a3082.jpg

 
1月3日  自宅のシングルレバー混合栓の修繕(笑)ついでに掃除
 
c38a7e85.jpg

ca924df5.jpg

 
1月3日  自宅で、たこ焼き
 
a6bb67a2.jpg

ebfe54bc.jpg

d0c5d303.jpg

 
1月3日  実家から貰った煮豚(調理販売・わき精肉店 小倉北区大畠)で、ミニラーメン
      我が家では手が出ないお値段。もったいなかったかなー(汗)
       気持ちだけ・・・高い、マルちゃん生麺で(笑)
 
6d0226d7.jpg

 
スロー更新ですが、今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
 
本館の更新が頗る滞っていますが(苦笑)
しばらく公私とも忙しいので、無理かなー。とりあえず、年末年始。。。
 
12月28日 焼鳥 松井 (門司港)
c27b44a0.jpg

1e2de472.jpg

f709d0c0.jpg

鯨カツ、焼鳥各種、アラカブ煮付
 
12月29日  大阪王将 (下関長府) 
5266dcce.jpg

ニラレバ定食
 
12月30日 アサヒテングストンスキー場(島根県) 
c0321610.jpg

                               麻婆茄子丼(唐揚付)
15f5c719.jpg

                     午前中はみぞれ交じりの雨。寒いし、防水対策してなくて。
                     午後から雪になり、助かりました。早めに切り上げ。  
 
12月30日 八昌 五日市店(広島県) 
c3e7f014.jpg

                              肉玉そば 787円
                     お値段、ボリュームとも、こちらのが一押しです。
                     待ち時間が長いのは、覚悟です。広島市内の中心部に
                     あるのが本店なのですが、本店の大将がお店を譲って、
                     こちらで開店。ここ数年、スキー帰りに寄ってます。 
 
12月30日 みちしお (山口県)
 
192fb533.jpg

貝汁とカレーライス 
 
12月31日 うどん細川 (北九州市小倉北区)
 
40ffa745.jpg

                                 肉うどん 500円
 
12月31日 お多福餅本舗 (北九州市小倉北区)
 
625af8aa.jpg

                      黄金町です。正月餅買物ついでに、餡餅とよもぎ餅
 

 
くーぱーさんのトコで、話が出たので、持論を(笑)
中華のランチに味噌汁って、たぶん、本格中華店ではありえないことでしょう。

ただ、街の中華屋さん=いわゆる古い昔タイプの中華屋さんというのは、「和中折衷」
って感じがあります。
昔は、本格中華っていうものを出すお店も少なく、あくまでも日本的な、和風中華って
感じだったと思うのです。いや、私が思うに、当時は、そうじゃないと受け入れられな
かったのかもしれません。
そんなお店の血統で、味噌汁を見かけることが多いような気がします。
なにせ、「定食」ですからねぇ。昔からの食堂的な感覚からすれば、しごく当然の取り
合わせかなー、と
 
ただ、私は選べるならば、味噌汁よりスープを選びます(笑)
 
味噌汁が出る中華屋さんって、結構、あったりします。
 
すぐに思いついたのが、小倉・紺屋町の「春燕」です。
味噌汁でも不思議と合うのですが、常連的には(笑)定食の注文のときに、「ライス(中)、
スープで」と付け足します。春燕の、厨房を覗けばすぐに見える、大きな寸胴で採ったス
ープは、ここのウリなだけに、それを食べない手はありません。
 
余談ですが・・・
 
春燕で、麻婆定食にしたときはライス(大)にします。ライスのサイズを大きくしても、スープ
にしてもらっても追加料金はないので、これぞ私の愛する日本的大衆中華の醍醐味?です。
「春燕」関連については、新たな情報を仕入れたため、近日中に確認に行ってきます。

↑このページのトップヘ