北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)その他移転閉店休店

futen 昨日オープンということでチラシが入っていた。3日間おすすめ定食通常780円がオープン価格で500円とのこと。それだけならふーん、って感じだったんだけど、それよりもチラシに掲載されてる場所を見ると、「桜吹雪が風に舞う」小倉鍛治町店の場所(リズム食品本社ビル)付近で、チラシの雰因気もどーもリズム食品のような感じが。そっちのほうが気になって行って見た。ヤッパリ、「桜吹雪」がなくなっている(驚)代わって右手に「威風堂堂」なるラーメン店ができている。うーんこれは・・・と考えていたけど、「風天のぷら」は案外空いていて一人ならすぐに座れそうなのfuten2で、500円に引かれて、突入。2日目ということでさすがに不慣れって感じが見て取れるのは仕方ないかな~。おすすめ定食は7品で、エビ、鶏ささみ、カボチャ、玉ねぎ、ナス、イカ、キスとあげたてが順次出てくる。ツユは甘め。オープンしたてだから、ひとまずまあまあ、かなあ。でも通常780円だと「ふそう」との比較でチョイ考えるかな。もっと安い680円の天ぷら定食もあるようだし、今後の展開に注目といったところ。遅くまで開いているのも魅力かな。「威風堂堂」について尋ねてみたら、桜吹雪を進化発展させた形で、との事だったので近々、挑戦してみようと思う。

風天のぷら  おすすめ定食 500円(通常780円)

<データ>北九州市小倉北区鍛治町2-1-20 / 定休・P ? <メモ>今回・B’(まあまあ) / リピート・C / 訪問履歴・初回 / 子供連れ・○  

fuもともと小倉五つ星ラーメン街一番奥のわかりにくいところにあったが、博多一幸舎の跡に「進出」し、再オープンした。一幸舎が来るまでは、ここのラーメン街の中では一番お気に入りだったから、私的にも「返り咲き」。いわゆる「味噌」臭いラーメンではなく、食べやすい味噌ラーメン。あっさり選択でも割と濃厚。量もしっかりある。刻みチャーシューとジャガイモの千切り、もやし等野菜を炒めてからトッピングするので脂もしっかりかも(笑)これで、もう少し安ければ、文句無いんだけどな~。まあ、この手の店舗展開だから仕方がないとは思うけど、ここのラーメン街、全体的にやはりサラリーマンのお昼にはチョイ高い。隣のフードコートではもっと安く食べられるし。平日ビジネスセットみたいなものがあるといいんだけどなあ。

毎回、焙煎醤油なるメニューに気を取られながらも、結局、基本の味噌にしてしまう。従来、味噌にしか無かった「あっさり」「こってり」が移転を機に醤油にも登場している。次回は是非。80円安いし(笑)メニューは随時増やしていきたいそうだ。ちなみに北海道外では初進出らしい。

麺屋 風   こってり味噌  680円

<データ>北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク地下  /P・多数(1000円以上の飲食でサービス券ある、らしい) <メモ> 今回・B(旨い) / リピート・C(→) / 訪問履歴・C / 子供連れ・○

hideyosi 夕方、所要のため再び駅へ。もうすっかり元気になった胃袋が催促する。特に夜になるとあまり入り込みたくないような路地を思い切って(笑)入ると、そこに4人も並べば一杯になる立ち食いの「秀吉うどん」がある。実は小倉南区貫にある有名店「秀吉うどん」と同じ経営と聞く。ここも安い、早いがモットー。カレーやセットものも人気のようだが、今日は小腹を満たせばよく、天ぷら(野菜天)うどんに目が行くが、自重しておなかにやさしそうな「きつねうどん」にした。やや細めでつるっとした麺。コシもある。駅ホームのうどんとは対極をなす麺。出汁も「あげ」の甘味がでても、ちょうどいいバランス。同じ日でここと、駅うどんを食べるのは初めてだけど、郷愁というプラスアルファでは駅うどん。入場券不要(笑)実を取るならここかなあ。

秀吉うどん@小倉駅前店  きつねうどん  330円

<データ>北九州市小倉北区京町2-4-27(小倉駅南口1Fよりロッテリア方向へ進み大丸ビル名店街下の路地を入る) <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・B(→) /訪問履歴・C

hakubayaki ・・・と、いうわけで今日のお昼は、競馬場内にある、「白馬」にした。他にケンタッキー、吉野家(牛丼がメニューから消えずにずっと出ていたことで有名かな?)、モスバーガーと誘惑が多いが、子供に食事をさせるのに立ち食いはまだ無理。場内のレストランでいろいろ食べてみたけれど、値段と味のバランスが一番まとも(笑)なここに落ち着いている。大改装前にすでに存在していたここでは「老舗」でもある。このお店で感じるのは、いわゆる「カツ」ものがこの手のレストランにしては、かなりまともなものが出てくることで、カツカレーや、串カツもいける。場所柄、だろうけれど(笑)子供のリクhakubakatu エストはカツ丼。ちゃんと厚みのある脂身の少ないポークを使い、漬物に豆腐。味噌汁も旨い。野菜好きな嫁さんはチャンポン。今日はちょっと脂っぽいかなあ。野菜はシッカリ。ゲソが入る。ここでは一番人気メニューらしい。まあ普通かなあ。チョット高いような気もするけれど。自分は定番の焼きそば。野菜もちゃんと入っていて値段も手頃。いつも辛くて子供には敬遠されているが今日はそんなこともなく食べやすかった。お子様ランチは、特に・・・こんなものかな。で、なんで自分が一番安いメニューなんだろう(笑)他、有頭エビを使った豪快なエビフライなど人気があるようだ。

白馬   チャンポン 650円  かつ丼 730円  お子様ランチ 700円  焼きそば   500円(笑→+自費でビール)

<データ>北九州市小倉南区北方 小倉競馬場1F  <メモ>今回・B(旨い) /リピート・C(→) /訪問履歴・4回目 /子供連れ○(イスあり)

kuriya 宝雲亭はメニューが少なかったし、まだ時間も早い。てなわけでどこか居酒屋を・・・と言われて、一番近くて空いてそうなお店、とパッと思いついた。目立たない路地にある隠れ家的お店。行ってみると金曜8時というのにお客はいない(笑)同行者は不安そう。実は、このお店、何回か行っているが8時以降、どんどんお客が増えてくる。今日もそう。たくさんの焼酎がカウンターに置かれ、メニューには日本酒や、カクテルも。そう、二次会向けなのかもしれない。付け出しは巾着の中にゴボウと人参の煮付。味濃い目だが、すでに飲んだ舌にはちょうど良い。カキと白菜の煮込み、わかさぎの天ぷら、トントロ塩焼き。そしてサービスの大根の煮付け。どれも美味しかったけど、個人的にはから揚げが一番美味しかった~。みんなで取り分けたので少ししか口に入ってないけど、独占したかった、というのが本音(笑)麦焼酎を2杯飲み比べたがどちらも飲みやすかった。ただ、酔っ払って銘柄を覚えてないのが残念(笑)結局、みんな気に入ってもらえたようでヨカッタヨカッタ。

<データー>北九州市小倉北区米町1-1-15(小倉伊勢丹裏手の路地から旧電車通り方向・右側) 定休・不明(たしか日曜も開いていたような・・・?) <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Cランク(→) /訪問履歴・3回目   

itikou 今日はどうしようかな~と思っていて、前回もらっていたライス無料券があったのに気がつき、一幸舎へ。今までのリバーウォークのラーメンテナントの中で、好きなお店の一つに完全に入ってしまった。今日は、ラーメンにイキナリ辛子高菜を入れ、混ぜないようにスープから啜る。お気に入りの「ほのかなトンコツ臭」がせず、スッキリと万人受けしそうなスープだった。その分、インパクトに欠ける感じ。泡立ちあるコッテリはいつもの通り。それから一気に平らげる。そしていつものコメント(笑)→もう少し安ければ、行く回数が増えるんだけどなぁ~。

博多一幸舎・リバーウォーク店  ラーメン 600円

<データ>北九州市小倉北区室町 リバーウォーク地下  <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Bランク(→) /訪問履歴・3回目 /子供連れ○(テーブル席)

※18年1月15日に閉店しました。

051231_155001気軽に麺だけでも買えたりできて重宝していた手打ちうどん店「武蔵」が廃業して、その跡に最近、新しく出来たお店。持ち帰り専門の街のたこ焼きって感じで、安くて、なかなかの大玉。生地は粘度高めで、ヤワ目なので、箸で食べたほうが食べやすい。蛸にキャベツと紅生姜が入る、オーソドックスで、特徴のない、たこ焼きだが、比較的安いのとスーパーの近くにあるので、買い物ついでに子供と立ち寄りやすいのはありがたいかな。

さくら  たこ焼き 300円

<データ>北九州市小倉北区大畠1丁目2番 (マルショク大畠店の隣のビル) /定休・日曜 /P・なし  <メモ> 今回・C(普通) /リピート・Cランク(→) /訪問履歴・3回目

↑このページのトップヘ