北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)その他移転閉店休店

あえて宇佐町店とタイトルに入れてますが・・・私の中の「カレーの龍」は、近くの宇佐町店では
なく、やはり京町であり、ご夫婦・・・晩年は女将さんだけ・・・で営業していた本店なんですよね。
女将さんが引退してからの騒動は、ここに書く話じゃないので(もっとも、聞いた話ですし)割愛
するとして、元々の本店と2号店(宇佐町)であった時代から、微妙な違いはありました。カツカレ
ーの有無が最たる物でしたが、味わいも微妙に・・・ソース系の酸味が微妙に強く感じた(雰囲
気?気のせい?仕込みは宇佐町との噂もあった)本店が好きでした。その話を当時の本店の
女将さんと長々話したことがあります。味わいについてはレシピ同じなのにねー、と笑ってました
が、カツについては、ご主人が牛(ビーフカレー)にブタ(カツ)なんて、と断固、拒絶してたそうで
す。その上で、奥方も「私がトンカツが嫌いでねー(笑)」と仰ってました。本店は、有名な話ですが
「カレー」「大盛」「コーラ」のメニューしかなかったですし。まあ、しかしです、その直系たる宇佐町
の龍がこの4月末で閉店し、東京への移転をするということで・・・

aa3f6404.jpg


年末訪問時にあった駐車場の表記(立看板)が看板だけになってるのが気になりつつ・・・

メニュー
33f28a45.jpg


まずは、年末に食べた、「普通の」カレーライス(笑)700円

9a623865.jpg


サラサラ系のルーがタップリかけてくるのが流儀。浸透しやすいから、あまり多くなくても良いの
だが、ご飯を泳がしつつ、あるいはルーだけいただいて味わう。酸味は龍のイメージ(個人的)よ
りは控えめで、スパイスさもマイルド。ベースの甘味があって奥行きがあるから旨いんだよね。
年末のスプーン置きは・・・「どすけべ」。はい、そうですが、何か?(笑)

4e936d6d.jpg


つい先日。夕方の訪問。今度はカツカレー900円。本店の流儀と言うか、ここでも「普通の」カレー
を7割以上、選んでいたような気がする。

d63d18d3.jpg

417e4de8.jpg



カツカレーのカツは、コレぐらいが丁度良いと思う。あっさりしていて、さらりとしたルーが浸透して。
本店流のこだわりはあったが、このカツカレー、なかなかの一品じゃないだろうか。ドボーンとした
ルーは、あまり合わないと思っているしねぇ。

この日は、仕事帰りだけど、確かに「のーんびり」したい人だったかもしれない。



東京への移転先はまだ決ってないみたい。候補はあれど・・・で。今は23区全部が候補で探して
るとか。お店の名前は変わるらしいが、このネット世界、東京でも、すぐにわかるんじゃないかな?
頑張ります、と言ってました。東京のどこでも味は勝負になるだろう。後は値段だよね。東京めし、
高い割には・・・と思ってるが。あとは、小倉なら今のスタイルでも寛容だろうが、食べてる最中に
ラインの着信音が度々響いたり、若干、雑然とした雰囲気は、もって行かないほうが良さそうな
気はしますよ(笑)

もう1度、普通のカレー、食べておきたいけどなー。

7911ce14.jpg


北九州市小倉北区宇佐町1-10-18 / 今月末の閉店までは、不休



小倉北区の、足原から広寿山に向かう途中に、「山の売店」があった。私は何度も何度も前を
通りながらも、ついぞ行く機会がなかったのだが、昨年だったか、更地になっているのに気が
付いた。子ども達は、学校の友だちと遠足の駄菓子を買いに行ったことがあるようだが、微妙に
生活圏じゃないので1回きりだったようだが。ばあちゃんがお一人でやっていたのかな?

実はこの店、PVにも出ている。地元出身で、元175R(イナゴライダー)のSHOGOさん。

私が何気に撮った2014年7月の写真

733dc747.jpg


そういえば、黒住町の、あの、有名な駄菓子店「児玉商店」も、1月頃からお休みしているらしい。
ここは、中学時代に何度か行ったし、大人になってからもタコヤキ食べたことがある。ただ、あの
ぺったんこでスカスカのせんべいは小さい頃から苦手なので、児玉商店の人気の「たこせん」は
未体験のままなんだよね。復活せんかなー。

小倉北区真鶴。国道3号線九州歯科大近くの、福岡トヨタのちょうど真裏になる位置にある食
堂。父が40数年前まで、そのトヨタに勤めていたのだが、知らないとのことで、おそらくはそれ
から間もなくして出来たのかな?いずれにしても開店40年くらいと言うことなので老舗である。

3bc6263e.jpg


昭和な感じの店内  プロ野球のサイン、イーグルス2は地元出身の三好だろうが、もう一人は
誰だろう??
302f2a59.jpg


メニュー さりげなく松と月のイラスト。このメニュー以外にオトク感のある日替り定食650円、
カキフライ定食や水炊き定食900円もある。

3f641bb1.jpg

09092519.jpg


カツカレー 800円
8f2feea3.jpg


5185fde9.jpg


800円ってソコソコなお値段と思いきや、サラダに小鉢(この日は、いんげんの胡麻和え)に味噌
汁までついてきた。定食となっていないが、立派な「定食」だ。歯科大が近いからか、ボリューミー。
カツは脂身が少なくて、しかしやわらかい。くどさがないのが良い。カレールウは、粘度のあるルー
で、スパイスが適度に効いて、味の深みもあり、しっかり造られている感じがある。

チキンカツ定食 850円
2e43c5af.jpg


0deb065a.jpg


この日の小鉢は、いんげんと、鯖の煮付け。サラダに味噌汁とボリュームある。
トンカツ定食が700円で、チキンカツ定食が850円。一般的にはお値段が反対だよねぇ。
見て納得というか、ケチャップやトンカツソースではなく、シッカリした「ソース」がタップリかけ
られたチキンカツ。噛めば、ものすごくジューシー。店主は洋食出身とのことだが、そのテイ
ストを感じられる、一品。しかし、ソース、前回と印象が違うのはなぜ?

ちなみに前回(笑)
45daac72.jpg


オムライス 750円
cfb1eabc.jpg


00d09749.jpg


こちらもボリュームしっかり。デミとケチップのWかけ。ケチャップライスの具は、とても細かく刻ま
れていて私には判別できない。素朴だが、しっかり旨い。

全体的にボリュームとバランスが良い。丼モノやチャンポンあたりも気になるが、今度こそ日替わ
りを食べたし、店主さんと話もしてみたいなぁ。

北九州市小倉北区真鶴2-1-14 /定休・日曜祝日 /P・なし 

そう言えば、今回、コレに気が付かなかったなぁ。ラムネ菓子。
86c3c213.jpg


小倉北区馬借。医療センターと急患センターの間を紫川方面へ。左にある「イタリアン食堂」

0451ed72.jpg


メニュー





以前のA~Cコースを整理したのかな。前回のC「お任せコース」が前日までの予約になり、
1000円UP、しかも、「~」が付いてる。Aが、ランチコース、Bがパスタコースと、内容はその
まま、名前が変更になった様子。

今回はパスタコース1080円。この日も店内は満席。ちょうど前客が出て座れた感じで。

イタリア産生ハムのサラダ仕立て しっかりと生ハムが載ってきた。

dd4b15d8.jpg


パン 何故か前回同様、画像に縞が入る・・・香りの強いオリーブオイルをつけていただく。

7728aead.jpg


パスタは、アンチョビとキャベツのペペロンチーノを選んだ。

e1cec32d.jpg





ペペロンって、基本だけど難しいと聞いたことがある。料理人の腕を測る物差し的な。中華で
言うところのチャーハンかな。それが正しければ、このこのペペロンチーノ、美味しかったので
腕が良いということなのかな。久しぶりに美味しいペペロンチーノ食べた気がする。

食後のカフェ(コーヒー)
298916e1.jpg



1080円と言う価格設定は、安いと思うし、満足感が高い。混みあう時間にしか来れないが、
また来たいね。

北九州市小倉北区馬借1-13-12 /定休・月曜

旦過の広場にあった屋台は、それぞれ移転しているが、中でも人気のあった「はる屋」。サンロ
ードのビルの谷間での露店営業を経て、現在の、ビル1階に移転し天候を気にせず寄れるよう
になっているのと、営業開始時間が夕方からと、かなり早くなった。サンロードの時に寄って以来
となるが、その間に残念ながらご主人が亡くなっている。旦過時代からお気に入りの屋台だった
のだが、今回は超辛口なので、見たくない方は、ここまでにしてくださいませ。
 
daa15010.jpg


メニュー
旦過時代は持込、サンロードの時は近くの焼き鳥店から配達対応だったアルコールを提供。
 
8c834153.jpg

 
おでんは1個150円(蛸は除く・・・ハズだが蛸、ないねぇ)
6808003c.jpg

 
ダイエット中であり、ヘルシーネタから選択。
こんにゃく、厚揚げ、ロールキャベツ、肉スジ、大根に、締めは、おはぎ。
 
cd497421.jpg

cb0f8d18.jpg

 
はる屋は、元々、他の屋台に比べワリカシ薄味なんだけど・・・
以前より営業開始が早くなって、この日もカナリ早めではあったが・・・それにしても、全く、味
が染みてない。大根も表面だけで香りも青い。厚揚げもそうだが、こんにゃくに至っては・・・
味が染み込み難い素材を選んだのは私だが、以前の「はる屋」なら、この状態では出してない
んじゃないかな。ご主人から、まだ染みてないよ、とか、声かかったような。
おはぎも、こんなに甘かったっけ?アルコール提供の件も、形状だけ屋台で実質は店舗みたい
な形態に代わって問題なくなった?とは言え、旦過屋台の歴史考えたら理解できない。
 
その上、おでん5個+おはぎ=870円のお勘定を1370円って言われた。お茶だけ貰ったが、これ
って飲んでないビール代入ってない?旦過の時代にも、勘定間違われたことはあったが、その
ときも計算してたの、同じ人だったような。当時も今回も、黙って払ったけどね。誰とは書かない
が・・・あの人の計算は要注意だな。ってか、もう行かない・・・かな(汗)

国道3号線沿いの小倉北区中津口にある、夜8時から翌朝6時まで営業のカレー店。以前は、
同じ小倉北区の紺屋町、歓楽街のど真ん中で営業していた店だ。以前は中華屋さんが2店
(最初の店は結構長かったが、店名忘れ。次の店は片野から移転してきた「彩」だったが、逆
に紺屋町に移転)続いている。「天竺」と言えば、辛口のカレー、というイメージだが、メニュー
は中華のメニューもあって、その意味では中華屋さんが続いていることになる。旧店舗時代に
1度だけ行った事があって、昔、ブログに書いたな、と調べると2005年なので、ちょうど10年ぶり。
 
6f782604.jpg

 
メニュー


 
正確には、特製カレーライス「天竺飯」と言う(店頭の幟はオムカレー)。辛さによって価格が違う。
20倍以上は、20倍をクリアしないと、原則、その上には進めない。20倍をクリアすると、認定証と、
名刺サイズの、25倍以上の挑戦資格カードがもらえる。
 
久しぶりなので、まずは標準の3倍。700円
イメージ 4
あまり辛くない。難なく完食。
 
次は5倍「あ・・・あ・・・快感」(メニュー表記より) 700円 
9dc688dd.jpg

 
少し辛くなってるが、まだまだ全然平気。
 
次は8倍を飛ばして10倍「蝶々が飛んでいる」(メニュー表記より)800円
6e346212.jpg

 
少し赤味が出た感じ。辛口カレーを美味しく食べるなら、この辺り、かな。でも、玉子焼きの効果
もあって、まだまだ余裕がある。ここまでが
 
20倍「汽車も電車も止めて」」(メニュー表記より)1000円
 
bfe2beea.jpg

 
カナリ赤くなったゾ。気合を入れて食べる。ゆっくり食べると辛さが増すと思って、一気に。
ここも玉子の助けもあって、ついに完食。チョウは全く飛ばないが(笑)確かに結構な辛さ
で、辛さで旨味があまり感じられなくなる、と思ったが、お店の方によると、人に寄り○倍が
一番旨い、と様々とか。私は10倍か、飛ばした15倍あたりかもしれない。
 
せっかく挑戦権もらったので、「ここはどこ、私は誰?」の25倍1200円
 
58276893.jpg

 
写真ではそうは見えないが、またまた色味が違ってきた。玉子と福神漬けの助けを借りるが、
さすがに辛いので、先に玉子を食べつくしてしまった(笑)まあ、でも、勢いで、こちらもクリア。
 
ベースとなるカレーは、偶に人参や玉ねぎが見えるが、溶け込んでいるタイプで、玉ねぎ等の
甘さも同居しているから、食べることはできたかな。ちなみに、次の32倍から上は、玉子焼は、
ついてこなくなるらしい。そうであれば、私も、難航しそうだし、料金も高くなるし、挑戦ゲームは
このくらいにして、次回から10-15倍で、ゆっくり味わって食べたいな(笑)
 
ちなみに、お店のメニューには32倍「お前はもう死んでいる」までしか書いていないが、挑戦カ
ードには、35、40と41倍まで記載されてます。挑戦される方は、ご勝手に自己責任でどーぞ(笑)
 
北九州市小倉北区中津口1-11-16 /定休・?
 
おまけ 25倍認定証と、「挑戦資格」カード
54f560b7.jpg


呑み屋が軒を連ねる鍛冶町。車1台しか通れない一方通行の道路に面してあるうどん店。平
和通り側より、浅香通りの大同生命-ミニストップから入った方が近い。最初はラーメン店で、
それから何軒か変わったような気もするが、あまり通らない道なので定かではない。確かなの
は、こちらが、同じ小倉北区の大畠から実質「移転」したということ。いや、今も一応、シャッター
こそ開かないが、店舗はそのまま存在している。
 
移転前は早朝6時から営業だったが、今は場所柄、真反対の夜9時から深夜までの営業。
 


店内
d6fdd006.jpg

 
メニュー


 
注文が入ってから麺を茹でるスタイルなので、漬物をツマミながら、しばし待つ。麺も含めて、す
べて自家製とのこと。
d036d686.jpg

 
 
肉うどん680円
 
073d2110.jpg


 
やや細めの手打ち麺は、そこそこカドが立ち、噛むと細めながら少しの粘り、コシがある。出
汁は、甘味がある醬油濃い目のしっかり味だが、くどさがないので飲める。肉は柔らかく、味
がしっかり染みたタイプ。ほんのり甘さはある。
大畠の頃より、余分な脂分がいい感じで抜けて、少しあっさりした印象だ。お値段は朝営業時
代より、かなりUPしたが、夜のお店なので、まあ、これくらいかと。鍛冶町あたりで飲むことが
少ない(実のところ、この日は仕事帰り)が、機会があれば寄って見よう。
 
北九州市小倉北区鍛冶町1-7-18 /定休・日、祝日

↑このページのトップヘ