北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)大分県

ちょいとアテが外れたので、次を考えながらの別府アーケード商店街散策。
「ワイチの店」でガッツリ食べたので、前回とり天が良かった「やなぎ屋」の前を通っても、
食べたことはないけれど、ものすごい行列が出来ていてビックリ(いままで、こんなに並ん
でたっけ??)な、「海鮮いづつ」の前を通っても、もはや、いけるはずもなく。あとは土産
買って家で楽しもうと、とテイクアウト狙い。
ずっと前から、存在は知ってたけれど、それがまさか、「やなぎ屋」そばの路地から何度も
見えていた、「豚饅頭」の文字のお店。そこだったとは、ツユとも知らなかったよ。
40年の歴史があるそうです。
 

 
22fb432c.jpg

しかも、何?二十八萬石の派手な看板に埋もれてるし(苦笑)店舗の上のテントまで・・・
全く目立たんやん。。。。汗

 
サイズもよくわからんかったから、とりあえず10個購入。1000円ちょうどって言われる。
税込み1個100円なのね。なんにも書いてないから(笑)冷凍豚まん110円とだけ。。。
上から見たらバラの花のような豚まん。かなり小ぶりなんだ。食べないつもりだったけど、
2、3口サイズとわかったら食べたくなり。
9aaf550a.jpg

豚ミンチに、玉ねぎ、ニラ、キャベツかな。野菜多目で、独特の香り=豚のワイルドな香り
が、そのまんまって感じで、更にニラの香りが混じる。過度の調味料とか、強い香辛料とか
匂いを消すようなことは敢えてしていない?素朴と言えば素朴な豚まん。添付の酢醤油
かけた方が、食べやすくなった。
まあ、なんというか、なんちゃないけど、食べてみて、っていう感じかな。
 
大分県別府市元町4-11 /定休・水曜 10:00-?まで(売切れ次第閉店)

確か3回は行ったと思うけど、確実なのは8年ぶりってこと(汗)月日が経つのは早い。
しかも、ここ(別館)開設直前だったのね。。。
堀田温泉から下ってきて、杉乃井ホテルからも、ほど近い場所にある洋食店。
 
e53acb6a.jpg

こちらの料理は、一言で現すならば、豪快ってことかな。ボリューム満天の、ガッツリ系
ってことなんだけど。前回、妹家族と9人で車2台で乗り付けて、これまた豪快に平らげ
て・・・まだ、子どもが小さかったのだが(汗)2台とも北九州ナンバーなのを見つけた店主
が、実は北九州出身で、と懐かしそうに話しかけてくれたなぁ。修行は大分らしいけれど。
 
メニュー

見た瞬間(メニューは作り直したようだが)内容、そして値段共に変わってない気がした。
帰って8年前の画像探して比べたら、まさに、すべて値段据え置きで(驚)
 
オーダーしてしばらく待つ。作り置きしてないのか、待ち時間は長め。お急ぎで予定組ん
でいる方は注意が要ります。3度目ともなると、こちらも織り込み済み。開店直後の1番
乗りだったが、約40分ほど待った(笑)その間に、どんどんお客さんが増えてくる。
1ba066ec.jpg

c19a9ab9.jpg

3151d6de.jpg

前回は、普通にレギュラーサイズのハンバーグにしたが、チーズとトマトソースにトマトが
載り、さらにデミで仕上げたと言う「ハンバーグイタリアン」950円を。こちらもレギュラーサイ
ズは300gとある。ハンバーグと言うよりは、わらじ様のミンチの塊と言った風情。全部を箸
で上げることは困難な柔らかいハンバーグ。サッパリするかと思ったら、チーズの効果か、
案外、濃厚。前回のデミだけの方が好みかもしれない。ちなみに、後から来たお兄さんは、
ジャンボサイズ500gに果敢に挑戦していたが、さすがに持て余し気味でしたな。私は300で
も多かった。
19722b99.jpg

嫁が頼んだ「お子様ランチ」630円 とり天、ハンバーグ、エビフライ。別にライスが付く。
年齢制限はなく、大人女性のオーダーも多いそうだ。確かに、お子様用とは思えない量。
 
娘のオーダーはグラタン840円
ad31b20f.jpg

91c88678.jpg

ad48a654.jpg

メニューには、エビ、マカロニ、ホワイトソースとあったが、ホタテも少し入るシーフード系
グラタンで、量は多めだが、シーフード効果か、案外にサッパリしているので、どんどん
お腹に入るようだ。少し手伝ったけど。。。
 
すこし時間はかかるけれど、手ごろな価格でガッツリ洋食をいただける。育ち盛りの子ど
も連れにも、満足なお店だと思う。
 
ちなみに・・・8年前のオーダー


 

 
左から「チキン3ブラザーズ」(甘酢しょうゆ、ねりごまソース、辛いソースの3種盛り→それぞれ
単独でメニューに載っているものが全部、楽しめる)、「レギュラーハンバーグ・デミソース」、
最後が「とり天」。チキン3のみ950円。他は840円。
 
大分県別府市南立石一区4-1 /定休・水 /P・あり
 
隣に共同浴場・中津留温泉が・・・入浴料はワイチの店でお支払いです。
まだ、入ったことはありませぬ。。。
f5957db2.jpg

 

忘れてました(汗)
別府駅近くでお店を物色している時に、歴史ありそうなお菓子屋さんを発見。
そーいえば、100キロウォーク道中の宇佐や日出でもお見かけする菓子店だなぁ。
このときは解らなかったけど、本店ではないみたいね。グーグルの地図では、別府本店
ビル、となってるけど。菊家は大分県内に20店舗近く展開し、北九州・八幡イオンでも
販売があるみたい。
何度かいただいた「ゆふいんぷりんどら」も、この菊家だったとは。。。
e8762c1e.jpg

 
ケーキ類も美味しそうだったが、ウォーク練習の帰り。荷物は少ないほうが良い。
その中で、2014モンドセレクション連続12年最高金賞を受賞したという「ドン・フランシスコ」
と、第24回菓子大博覧会で茶道家元賞を受賞したという「ペトロ岐部」の詰め合わせが。
この、表彰(モンドセレクション)が、どんな権威があるのかは、よく知らないけど(汗)
やたらとお見かけするのは間違いなく。すぐに思い出したのが「バターココナッツ」(日清と
名の付くものの、全く別資本・別会社の「ココナッツサブレ」ではないみたいね。同じものか
と思っていた。ビックリ。)、ミニストップのベルギーチョコソフト等々・・・
まあ、いずれにしても、その会社にとって、力を入れている商品には間違いないので、
予備知識がない場合、目安になるのは確かで。


 
270a498f.jpg

6ae0c275.jpg

 
ドン・フランシスコは洋菓子テイスト。自家製というブルーベリージャムと、リンゴジャムの
2種類。ブルーベリーの方が甘酸っぱい味で、酸味のおかげで思ったほど甘くなく美味しく
いただけた。
一方、ペトロ岐部は、大分県国東市国見町岐部出身のキリシタンで殉教した岐部茂勝から
命名したと言う和菓子。和菓子だが、皮の、ほんのりミルク味と風味の良い餡は洋菓子の
テイストが。これ、ずいぶん前に食べたことがあるかも?なんか、懐かしさが・・・いつからある
お菓子だろうか。後者の方が、より好みかも。
 
そのうち、ケーキも食べてみたいな。
 
大分県別府市楠町5-4
 

日出の虎屋の後は、別府に到着。ゴールが設営される北浜のテルマスで湯に浸かり、
順番的には、だいぶ前にUPした「やなぎ屋」へ行っている。
 
さて、JRで小倉に戻ることとするが、次のソニックまで微妙に時間がある。
別府駅のフードコーナーに行ってみると、昨年?と比べお店の様相が変わっていた。
中津宝来軒もあったが流石にもうラーメンは無理だし、電車の中での「一杯」用に
唐揚げを買うことにする。
c1a83514.jpg

向かっている最中に、店員さんらしき女性が出て行くのを見かけ・・・やっぱり誰も居ない(苦笑)
揚がる時間もあるし、電車の時間もある。自分と同じ考え?の2,3人のお客さんと並んで待って
いると、帰ってきました。時間を確認すると10分程度で、できると言う。間に合うので注文して、
この合間に、お土産を買いに行く。本店は、駅から10何分かのところにあるみたい。
 
骨なし小360円で4個。100%国産鶏使用とある。
 
bd69b8c5.jpg

醤油系のタレに漬け込んでいるためか、割とシッカリ味。
揚げたては、流石に旨いね~。駅のこういうお店は助かるなぁ。電車に乗る前は、ここか、
駅前の弁当店で惣菜を買い込んで、ビールと共に締めとしたいな。
 
別府市駅前町12-13. B-passage内(別府駅構内) /年中無休 9:00-20:00 
0977-22-2410

早朝、宇佐を出発した100キロウォーク自主練習も、日出に入る。ちょうど、お昼時に差し
掛かりスマホで物色。国道10号線日出バイパス。このあたりと言えば、何度も訪れた、
「すし名人・日出店」という感じなのだが、どうせなら新規で食べてみたい。検索すると
美味しそうなカレーの画があり、行ってみるとカレーではなく、人気のとんかつ店「とん吉」。
打ちっぱなしのおしゃれな外観で、リュック背負った汗掻いてる、むさくるしいおっさんが
このまま入れる感じでもなく。ひっきりなしにお客が入店しているところみると待ち時間も
かかるかな。値段も1000円付近のものが多い。
ということで、見回すと、練習・本番のときに何度か見かけたうどん・そば店がある。
 
940513a6.jpg

de0794a9.jpg

こんな時じゃないと寄らないかも(団体練習や、本番では無理)と近寄ると「穴子天」の文字
がある。吸い込まれた(笑)
古い民家調の店内外。昔ながらのうどん店という感じ。客層もお年寄りからファミリーまで
いる。
c6ebd6bf.jpg

c735b062.jpg

b9b84fad.jpg

194aca25.jpg

71cf5dd7.jpg

e0764c9b.jpg

初志貫徹、メニューの中から穴子天丼を頼む。結局、断念したとんかつに近い値段になって
しまったが、気楽さで遥かに優るので良しとする。
 
87f849d8.jpg

5e63cff1.jpg

9ee43a35.jpg


 
ズドーンと穴子。野菜は、おくら、ナス、にんじん、インゲンまめ。
さくさくな天ぷら。もちっとして柔らかい細めの麺。製麺所なのか自家製麺なのか。
やさしい味わいなので、ウォーキングで汗をかいてきた自分にはやや薄い感じもする
が、普通は、大汗かいてこない(苦笑)から、これくらいでいいのかもしれない。
店内は、子供連れや地元の年配者で結構な賑わい。優しい味だから人気なんだろう。
値段は、安くもなく高くもなく、うどん店の普通ってところかな。
 
ところで、食べログではこちらの店舗位置の表示が、全然、ずれてる(苦笑)
国道沿いです。
 
大分県速見郡日出町1815 /定休・火 営)11:00-16:00 17:00-21:00
/P・あり  http://hijinavi.com/food/toraya/

大分ネタが、まだ途中だったのを、忘れてました(汗)
 
行橋別府100キロウォークの難所、国道10号線・立石峠の頂上付近にある、懐かしい
タイプの「ドライブイン」。大幹線の、国道沿いに在りながら情報が少ない。以前は賑わって
いたことだろう。高速道が出来、通行する車がかなり減ってしまったためか、立石峠付近
では「あすかうどん」も無くなって久しい。
faa0387d.jpg

ウォーキングの時は、歩道が片方しかなく、反対側であるし、集団のときは特に・・・
自分の好き勝手に歩ける独り練習で、ようやく訪問実現。。。季節は、初秋。
朝食抜き、始発の日豊線電車で宇佐駅に着き、徒歩で目指す。開いてなかったら、
どうしようという不安を他所に、ちゃんと開いていた。朝7時くらいから開いてるのかな。
「昭和」な店内・・・
41285509.jpg

a07e4f64.jpg

84a7e655.jpg

メニュー
d4064c04.jpg

e81454d7.jpg

 
豚汁セット750円をオーダーした。メニューには豚汁単品とライスはないが、おそらく大丈夫
だろう。750円なら、結構なボリュームかもとは思ったが、あえてガッツリ度を確認しようと(汗)
7d682f0f.jpg

 
ガッツリだ(笑)カレイの唐揚げが付くとは。付け合せ始め、豚汁、漬物、小鉢?(ニラともやし)
と野菜が多いのは嬉しいねぇ。ものすごく古い情報によると、秋は椎茸ご飯、なんて情報が
あって、ちょっぴり期待してたのたが。メニューに単品もなかったしねぇ。組み合わせ的に、
白飯の方がありがたい。

 
豚汁の具材は、玉ねぎ、人参、かぼちゃ、豆腐、椎茸。あっさり味。
ガッツリ食べてしまったが、この日は、天気もよく気温も高めの中の練習だったので、朝から
しっかり食べて良かったのかも。そして、別府方向へ歩き始める。最低限、日出あたりまで。
できれば別府まで、という、ゆるい感じだ。
 
で、100キロウォーク本番挟んで、約1ヵ月後。「別府日帰り温泉」で、2回目は家族と車で訪問。
やっぱり、朝食で利用。
cd847f57.jpg


 
焼そば550円。朝から焼そば・・・とは思ったが、頼んでよかった。ジューシー系で野菜も
しっかり入るから、それなりにボリュームもある。ごく標準的だが、こりゃ、なかなかいい。
 
9b2f164f.jpg

399a4cd1.jpg

 
 手作りコロッケ。250円?と思ったが、まん丸なのが2個とキャベツ千切りまで付いてた。
これも、なかなか、美味。
 
2a349f4f.jpg


 
団子汁。実は前回、豚汁セットを頼んだ後に気がついた一品。
意表を突かれた。大分団子汁=味噌と思い込んでいたが、醤油味(うどん出汁?)に、
生地を太めにカットして入れた「団子」。半熟卵、かまぼこ、鶏肉。付け合せに切り干し大根。
こんなタイプもあるんだねぇ。味は濃い目だったけど、朝食には十分。
 
ちょいと何かで読んだが、代替わりして、現在は、二代目子ども夫婦と大女将で営業している
ようだ。古い情報とメニューが一部違うのはそのためかもね。早朝から営業の貴重なお店。
がんばってほしい。
 
大分県杵築市山香町立石3732 /不定休

ちょいと忙しくて、6月の「練習兼食べ歩き」が、なかなか終わりませんな。
 
宇佐神宮から約4キロで宇佐駅。100キロウォークでの宇佐CPまではあと1キロ弱あるが、
今日はここでおしまい。小倉行き電車の時間に、まだ少し余裕がある。
せっかくだから、ここでも何か食べよう(苦笑)
 
7a59f29b.jpg

 
宇佐駅、静かな駅です(汗)国道10号からすぐの場所にあるものの、街外れに位置するこの
駅は、元々の宇佐駅(現在の柳ヶ浦駅)の後に宇佐神宮や豊後高田への玄関口的役割で
開設され宇佐駅と名乗るようになったらしい。特急停車駅でもあり、タクシーは止まってる。
が、乗降客は同じ宇佐市の柳ヶ浦より少なく、中心地は国道で7-10キロ小倉中津寄りの
四日市付近。宇佐駅付近で食事が出来るのは、駅前駐車場の左と、10号線に抜ける駅前
通りに各1軒、そして10号線にあるジョイフル。
今回は、駅前通にある、こちらに。食べログには、店舗情報すらない(笑)
 
76e8763b.jpg

 
喫茶店となっているが、団子汁の幟を出し、店舗のガラスにも食事メニューが。
 
ab9a7263.jpg

17a87e9d.jpg

 
外観同様、レトロな店内。落ち着く感じではある。意外と食事メニューが多い。
店舗前の幟にあるように、豊後汁(だんご汁)定食があり、さすがに車輪屋で食べて、まだ40
分ぐらい。定食っていう感じじゃない・・・が、単品もある。かなり惹かれたが、流石に6月下旬。
シッカリ歩いた後である。焼そばと、店名を冠したスパゲッティと迷ったが、自家製の文字に惹
かれ、カレーライスを。
 
68594243.jpg

 
f99e79e2.jpg

 
細かく刻まれた人参が見え隠れするカレーは、適度なスパイシーさの中に、ヨーグルトだろう
か?その酸味と、別にフルーツ系の甘みがあり、なかなか美味。サラダもなく700円というの
は強気な感じもするが、単調な味ではないし手間をかけていることが判るし、量もそれなりに
あるので、これはコレでありかと思う。
そー言えば先客はちゃんぽん食べていたなぁ。冬は豚汁ライスなんかもいいねぇ。
昭和を感じるレトロな喫茶。妙に落ち着いたし疲れた身体を少し休めて、待ち時間を過ごせた。
ウォーキング練習時には、通常、朝9時前に宇佐駅に着き・・・というパターンが多いが、残念
ながら、朝は10時頃からの営業開始のようだ。
 
大分県宇佐市大字岩崎1218-19 /定休・日耀?
営)10時頃~21時?(要確認) /0978-37-2522

↑このページのトップヘ