北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市小倉南区

手抜きしてるわけじゃないけど、またまたミニストップ(笑)
 
小倉南区の蒲生から、紫川沿いの道、豊前裏打会「うどんの小町」や、お好み焼の「なにわ」
がある通りを桜橋方向に進むと右側に現れるミニストップ。ここも以前から、偶に寄ることが
ある店舗だ。我が家の唯一の愛犬の霊園がワリと近くて・・・
 
cfec837d.jpg

 
店内 ここはカウンター席じゃなく、門司ウェストコースト店と同じようなテーブル席。
2人用テーブルが4席で、8人まで座れる。イスがちょいとお疲れ気味だけど(笑)店内の清潔
感はよく、紙ナプキンの常備もある。 店員さんの挨拶は元気があっていいね。
 
8686afff.jpg

 
食べたのは、はい、いつもの・・・ベルギーチョコソフトです(笑)
 
1a0be3ac.jpg

 
コーンの底の方の、詰まり具合が、いまイチだけど、盛りの感じは、まあまあ良い。
ホント、アルバイトがほとんだろうから、上手い下手がモロにでるよね。量的には、満足。
お味は、もう、旨いという一言です。
 
北九州市小倉南区長尾2-14-12 /P・あり

小倉南区下曽根駅前の「ザ・モール小倉」のレストラン街にある、チェーンのカフェ。一時期、
イタトマのお店は小倉だけで3、4店舗あったのだが、息の長い小倉北区片野店と、ここの2
店舗になってしまった。このモール店も、あと僅かの営業期間を残すのみとなっている。モー
ル小倉が新体制になった時に復活するのかどうか・・・
 
26e8f9e4.jpg

メニュー


 
ab0fb0ee.jpg

ea3c86ff.jpg

やっぱり・・・1000円+税のセットだよねぇ。レシート見たらバリューコンビって言う名前らしい。
単品でケーキが432円~594円、パスタが602円~732円、その上ドリンク付きで、この値段
だし。で、一番高い組み合わせにするつもりはなかったのだが、店頭の見本や写真もつら
れて、パスタはペスカトーレ、ケーキはイタトマはヤッパリ苺ショートでしょう・・・ということで
安易に決めがち(笑)好きなアマトリチャーナとチョコケーキも選択肢にあるのに(笑)
 
あまり時間がないので、先にケーキをいただく。結果的に正解だった(汗)
 
50d73986.jpg

1bbdb8eb.jpg

 
あれ?イチゴはいつから芯を抜くようになったのかな?
見慣れぬ光景に戸惑いながらも、ヤッパリ旨いね。単品594円ってのは高いけど。
 
で、厨房の人手不足なんだろうか・・・もうすぐ閉店と言うのもあるのだろうが・・・確かに席は
ほぼ埋まっているが、パスタ提供までに30分ほど時間がかかったので、ケーキを先にもら
ったのは良かった。
 
64355919.jpg


アサリと海老が入ったパスタは、少しのスープが底に溜まる粘度のない仕上がりなので、麺を
フォークに旨く絡ませることが出来ず、意固地になって使わないようにしている(笑)スプーンで
なんとかまとめた(笑)時間もあまりないし、スープをいただくのにも、この日ばかりは、スプーン
が活躍した。麺は、やや太めであり、かつ、ややヤワ目。単品でコレだけ・・・だと、自分のゾーン
を少しかすめる感じなのだが、やはりケーキとのセットと言うCPの高さは良いよね。
 
お店出るとき・・・数人並んでいた。そりゃあ、人気だよね。納得。
 
北九州市小倉南区下曽根新町10-1 ザ・モール小倉レストラン街

小倉南区下曽根駅前、モール小倉内にある喫茶コーナー。オープンスペース的な感じだが、
フードコートとは違って、低い仕切りではあるものの、それなりにキッチリ仕切られた空間で、
分煙もしているし、意外と落ち着ける場所だ。
 
5459d631.jpg

acb9be7e.jpg

9a28ae7e.jpg

 
68d1220f.jpg

 
人気は、サービスセット620円(税込)ランチ時だけじゃなく午後5時までOK。
 
f55dd260.jpg

 
912a3547.jpg

 
53e9a090.jpg

 
504e69e8.jpg

 
1225b4ca.jpg

 
 
オレンジジュース+コーヒーのWドリンクに、ホットサンド、アイスクリーム、パンの耳+イチゴ
ジャム(笑)→パン耳、以前はフルーツのシロップ漬けだった記憶があるが・・・
まあ、しかし、まずはジュースで喉を潤し、ホットサンドをかぶりついて小腹を満たし、パン耳で
ジャムを掬い、アイスを食べながら、コーヒー飲んで。
ホットサンドは、プレスハムと玉子、きゅうり、トマト、レタスが入るので見た目よりボリュームあり。
ハムの塩気が少し効き気味だが、その効果で食べやすい。Wドリンクも含め意外な満足感・・・
 
ショッピングモール内のオープンカフェなので、ちょっとした休憩と、小腹満たすのには丁度良い。
かと言って過度に期待するのはどうかと思うが、案外に、良いと思う。
ザ・モール小倉。閉店も近く(今月末)、その後の復活も、核テナント候補に色々噂が出ていて、
気になるところだが、聞けば、このスペースは再開予定はないとのコト。
積極的な推しではないが、落ち着ける空間だったし、個人的には、昔の思い出ある場所なので、
記録に残します。
 
北九州市小倉南区下曽根新町10-1 ザ・モール小倉1F /無休

いただきもの。葛原に昨年だかに出来た人気のパン屋さんみたいですね。地図見たら、あそ
こって葛原なんだ、とビックリ。私的には、沼?少し前までマンガ倉庫(旧・Mr.MAX)があった
並びなので・・・・
 
ブルーベリーとクリームチーズのソフトフランス。
 
c2da566c.jpg

3c8f0ca5.jpg

 
ブルーベリーがタップリ。その酸味は良い。が、パンがソフトとはいえフランスパン。かじると
ポロポロとブルーベリーがお散歩に(笑)焼いてみたら、さらに良いかもと・・・チーズがとろけ
るタイプではなかったなー。これ、焼き立てからあまり時間を立たないうちに、かぶりつくのが
良いのだろうか・・・?食べなれない我が家は、どうやって食べるか、結論でなかった。食べ方
も、聞いておけば良かったよ(苦笑)
 
小倉南区葛原東3-14-3

国道10号線バイパス津田交差点から長野緑地方向へすすむと左に見えてくる人気のうどん
店。売切れ次第閉店となるが、回転は早いから駐車場も少し待てば入れる感じだ。
 
19f74026.jpg

 
店に入ると、正面のガラスの向こうにに大きな釜があって、店主さんがどんどんと茹で上がった
うどんをさばいていく。最初のカウンター近くになると、そこで、麺のオーダーをする。ここでちょ
いと迷う。そのあたりまでくると、店主さんがやたら元気に明るく話しかけてくる。
 
0c229f1e.jpg

 
天ぷらや、フライもの、おにぎりはセルフで、そこで、また迷うが、流れもあるので、ささっと選ぶ。
この感じは、丸亀製麺と同じだが、ここが出来た当時は、北九州に丸亀製麺なんてなかったよね。
 
35037df3.jpg

 
ネットでやたら評判の良い、肉釜玉。スライス肉を煮込んだ系の肉うどんを普段食べないの
は味が濃くて出汁の味がわからなくなるから・・・なんだが、釜玉でもやはり味が濃い(汗)
肉ナシにすれば良かったよ。
 
88556c39.jpg


「あつあつ」のかけうどん 天ぷらの半熟玉子を浮かべたり、茄子天浮かべたり。
 
69f93561.jpg

 
コロッケ、なぜかいつも食べてしまう(笑)うどんには入れず、ソースかけて食べる。
 
ac6a93b2.jpg

 
ba3fd391.jpg

 
ぶっかけうどんの冷に、ゴボウ天トッピング。
 
672da722.jpg

 
ざるうどん
653eadc5.jpg

 
さて、讃岐かといえば讃岐なんだろうが、エッジが立つタイプではなく、歯ごたえはあるが、
やわらかめ。九州の「やわやわ」うどん文化に受け入れられる感じの麺なので、これだけ
の人気があるのだろう。ただ、悪く言えば、あまり個性がない、普通のうどんって感じなん
だけどね。例えば「資さん」みたいな・・・その分、安心して食べられるっちゃそうなんだろう
けど。
だから、3、4回ほど出かけたが、どれもついでがある時に寄ったという感じ。良くも悪くも、
普通っぽいのが、ハズレはなく、キッチリ、シングルヒットを打つ、そんな感じかな。
食べた中では、ぶっかけが一番、出汁が効いて良かったかな。今度は、素朴な釜玉に
挑戦してみたい。
 
北九州市小倉南区津田南町1-38 /定休・水曜 /P・あり
 

2015年3月大畠店オープンに伴い、スープは大畠店で一括して作られているとの事。
スタッフの移動もあったようなので、再訪問。
4月中旬、本店に行ってみた。約3年ぶり。
 
30d80375.jpg

あれ?外観がいつの間に赤になったんだろう。以前は、緑系の黄土色・和食っぽい感じだったが。

6c1b4190.jpg

4c41f791.jpg

メニューも増えたなあ。以前はラーメン、チャーシュー麺、ネギラーメンぐらいしかなかったのだが。
良く見ると、大畠とはちがうトッピング(ほうれんそう)がある。今回は比較のためトッピングなしに
したが、ほうれんそう、旨そうに見えた。そー言えばスタッフのユニフォームが黒色ベース、Tシャツ
になっている。割烹着姿じゃないなぁ。人も変わったような。相変わらず落ち着いた雰囲気で好感。
 
匠とんこつ 630円
50e5c4dc.jpg


540ff9dc.jpg

 
重さのある陶器の丼。ああ、やっぱりそうだよね。大畠は樹脂製だからね。
食べてみて・・・以前ほどの感動はなかったけれど、美味しい。最初は濃い目かなと思ってい
たが、食べ終わりには丁度良くて満足感が。うーん、ゴマの容器もひょうたん型で、プラの大
畠とは違うし、この味の違いは丼を含めた店内外の雰囲気によるものなのか・・・
が、ここで、冒頭の情報を得て、納得。

「1号店としての本店」は、あくまでも、城野。これは大畠店の料理長がキッパリ言って
ました。今度は「ほうれんそう」トッピング食べてみたい。
 
小倉南区城野4-4-31 /定休・月 /P・あり

「味の時計台」の頃に1度行って以来(汗)
真夏に行って大汗かいた後なのに塩辛かったと言うのが、足を遠ざけて。
 
7e8c421c.jpg

ede94865.jpg

初代味噌680円
93e613f7.jpg

 
aca3478f.jpg

 

ヘアゴム・紙エプロン用意してます旨の表示があり、「?」と思ったら・・・紙エプロン要るかも(汗)
器の形が独特で、つるっとしたやや太目の縮れ麺が絡み、啜るのに引っ張り出す際、粘度高めの
スープを周囲に撒き散らすようになってしまう。セーターに跳ねた(笑)
 
器の形からかスープ自体の量からか、普通のラーメンみたいに麺をスープの中で泳がして一気
に啜るような爽快な感じはなく、私のような古いタイプの人間には違和感が。ある意味、「まぜそ
ば」的なイメージのラーメン。
キャベツやモヤシがしっかり入るのはありがたい。これはイマドキ流行のタイプなのかな。
私にはチャーシュー含めて味が濃い目なので、野菜で中和しつつ、最後はカレーパウダーで変化
を試みるが、後味のサッパリ感がないかなぁ。最後の最後でニンニク入れたら、アクセントあって良
かった。最初から、入れてみても良かったか。
 
「味の時計台」時代より、塩辛く感じないのは、まあ良いかと思う。
個人的には・・・このラーメン形態に、馴れが必要かな。馴れそうにはないが・・・

(追記)
八幡「時計台」的な感じは完全に鳴りを潜めて、まあ、イマドキに受ける形態なんでしょうが。
どっぽんとしてスープが少ない。食べ難かった・・・
 
北九州的「時計台」とか、「太陽軒」のタイプも好きだし、「麺屋 玄」のような本格的なサッポロ
ラーメンもいい。この点は、先日の突発飲み会でも、私と同じ意見がありましたが・・・
 
こちらのは、その、どっちのタイプでもないから・・・
いにしえ系じゃないと、ダメな私(苦笑)

↑このページのトップヘ