北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: 食べ歩き




ちょっとした時間が出来たので懸案事項というか、宿題を片付け♪

まずは金子パンへ。八幡東区の前田に朝9時到着。少し遅いかなー、
と思ったら案の定、調理パンの棚はスッカリ寂しく・・・残りをすべ
て買占め、でも自分の口に入ったのはほんの少し。今度は気合入れて
いかなきゃ。。。

パンがふわふわ。バイクなのでリュックに入れて帰ったら、他のパン
の重みで潰れるぐらいの。調理パンの味付けは家庭的。なぜか懐かし
いような。でも、それがいい感じ。1個100円前後というのがちょ
っと信じられない安さ。

宿題終わり(笑)

パンの数が必要数に到達しなかったので帰りに井掘のシュレックへ。
9時半の開店まで、まだ15分ある。ジッとしてると寒いので、資さん
・・・メチャ近くの一枝本店には向かわず、中原へ。理由は一つ、中原
店には駐車場がない。今、単身・バイクと条件は揃っている。

寒いとやって来たのに、なぜか冷たいぶっかけ。うーーーん、旨い。
つるっとした仕上がりと若干の歯ごたえ。ダシはタップリくるし、ごぼう
天は揚げたてで薄い衣。やはりココは資さんグループの中では、一番いい。

シュレックは有名なので、簡単に。 シュークリーム(150円)。
薄い皮にぎっしり詰まったクリーム。もう言うことない。

今日は全部、当たりです。




昨日(23日)から開催。2日続きでお昼休みに行列に並ぶなんてね(笑)
初日に職場に持って帰ると、思ったとおりの大評判。今日はそんな職場の方々の
お使いを兼ねて(笑)ほんのり甘い皮が相変わらず旨いです。

<本館>の方に再三UPしているのでお分かりかもしれませんが、「豚まん部門」
では、小倉の「揚子江」そしてここ、大阪の551蓬莱は私の好み。
1個140円、2個入りから表示してますが販売は1個からいいようです(笑)
が、まあたくさん食べられるし、せっかく30分も並ぶなら(笑)

ちなみに、私は並ぶのは大ッ嫌いなのですが。。。

あ、ここの豚まん、出来立て食べないと皮が油っこくなるのですが。。。
出来立てのしっとり・もちっとした食感は最高です。人目を憚らずに食べてみ
てください。
難波の本店はアーケード街にありますが、旅の恥はかき捨てと、その場で2個、
シッカリ食べますからね~(笑)

ちなみに「揚子江」は本店前の歩道か、駐車場に停めた車の中でガブリです(笑)









1日 我が家の雑煮  家内作初公開 いつになく、よいでき栄え(オイ) 写真1枚目 
   リバーウォーク地下 室町や「りんごカレー」 子供向けかと思ったが案外ペッパー辛い 2枚目
             龍鳳閣 「四川風茄子の香味焼定食」  定番、ココのメニューで1番好き
             じじや 鯵の開き(小)定食  これもいい味。大根おろしもいい。
             ベースストリート  佐世保バーガー  まあ、ボチボチ?
             
3日 祇園(小倉ステーションホテル) 高校同窓会 写真 3枚目4枚目
          和食にしてはなかなか味濃い目で、美味しい。量的種類的にはやや少な目か
   M’style (小倉北区砂津) 小文字とおりから1本入った裏通りにあるスィーツ 
          割安と思うものから、やや高めの凝ったものまで。
          スポンジはフワフワのライト系。チョコはまったり
          誕生ケーキの料金表見たが結構リーズナブルか。 
          昨年5月開店。この日はシュークリームが特別価格で安かった。
          パイシューは苦手なのだが、ここのは美味しいと思った。写真5枚目以降  







2日 丸亀 (みやこ町勝山) 写真1枚目 力うどん
   リンガーハット富野店
3日 威風堂堂 小倉店  写真2枚目
4日 無法松 写真3枚目 この日ラスト近く
6日 ぎょらん亭 写真4枚目 ニ八

丸亀   正月恒例。太目の麺とくにゅんとした食感がいい。
リンガーハット富野店  平均レベル。最高レベルの戸畑バイパス店と比べてはいけない。
威風堂堂 ライトになったなぁ。スープは自家製、メニューはぎょらんを踏襲。
     580円は場所的に致し方ないか。以前よりはぎょらん色が薄いが、
     少し良くなったと思う。
無法松  年明けすぐでダシがよく出ているがラスト近くで無理矢理の1杯、ややコクが薄め。
     ただ、味わい的にはドボーンとしてなくて○

今日は試験勉強の合間に「ぎょらん亭」
11時台のスープはライトで旨い。 原材料光熱費高騰による「お正月価格」で
今日まで通常500円のところ600円(^^;)

ただし、 定休日明けの火曜日からは通常価格。「値上げはしません」とのこと。

ちょうど東京から来たという熱心なラーメンフリークと出会う。ブログ(HP?)を
いずれ立ち上げるとか。彼は十割、ニ八、餃子と平らげていった。年末に営業時間
を確認して開店前にやってきたという。これから平戸、唐津と城めぐり。夏の小倉
競馬には再来店するとか。

大将としばし麺&競馬談義(笑)大将、夏の小倉記念は、みんなで行こうか?と。
さて、どーなりますやら。。。

写真ラストは暮れの28日、豊前裏打会新星の「満月」
このときはまだプレオープン、しかし麺、ぶっかけつゆ、天ぷらと申し分ない。
汁うどんのスメもいい味わいだが、ややパンチ不足に感じた。たぶん個人的な感想だ
と思うが。3日にグランドオープンしていて、さらに進化している模様。行きたい!

が・・・

試験勉強のため、土曜までROM専の「つもり」です(笑)


遅れているのにいきなり、今日(11日)の日記です(笑)

話題の「じゃらん」1月号を手にした →「九州ラーメン」best38

内容についてはこの手のランキング物の常、特に目新しいものはなく、
本館でもリンクしている夢夢さんのブログ(大分ラーメン)のことが
掲載されているから、買ったのだが(元々、たまに温泉記事が欲しく
て買っていたが・・・)

が、しかし、その同じページで重大な?(笑)疑問が発生。早速、
今日の夜「ぎょらん亭」本店へ。 紹介写真の、「丼」だ。あの黒い丼
は本店で使ってない。しかも、「特別に掲載許可」をもらったと。

行ってみるとかねてよりウワサがあったように、八幡の支店を開いてい
た息子さんが本店に戻っている。ちなみに、支店は本日(11日)から、
本店で修業していた若者(↓の日記にある、よく叱られていた彼)が引
き継いで(独立)、とりあえず店名はそのままで営業とか。

さて、問題の丼だが、大将曰く「息子のトコで使っていた」。要はあの
写真、八幡支店のラーメン(息子さんが作っていた頃の)を、本店の記事
に挿入されている。しかも大将、あの記事について「事前に何もきいとら
ん」と(笑)

どうなってるの?「じゃらん」?





(07年11月10日)
またまたお土産♪
まずは・・・行列が嫌いなのでまず自分では買わない(図々しいヤツ)、由布院の
B-Speakのロールケーキ(Pロール)。新名物なんてナンボのモン、と思いながら
1口・・・

「えっ?・・・うまいじゃん」

実はロールケーキ、あまり好きではない。ふわふわ過ぎてパサッとした食感が、
たくさん食べることを拒んでいるようなので。好きではないといいながら、結構
食べているのだが、ロールケーキとしては個人的に3本の指に入る旨さ。実に、
しっとりしていて、しかしふわふわ感があり、甘さも適度。食欲を刺激する。
チョコ好きの子供達ために、こちらを選んでくれたのだが、実は画像にないもの
の、プレーンの小さいロールもいただいて、こちらももちろん美味だった。

5日前から予約できるらしいので、詳しくはお店にお問い合わせを。

もう一つは、コレも大好きな、玖珠町「河野新栄堂」のそば饅頭。深耶馬渓から
玖珠に抜ける国道沿いにあるお店。饅頭というより、かるかんのような、ふわっと
した皮につぶ餡。

ああ、確実に肥える私。。。(笑)






(07年10月10日)
実家からもらった(正確には頼んだ)「東京土産」・・・マイルが溜まったので
日帰り(!)で「府中」に行ってきたらしい。父親はとうに古希を超えているのに、
まったく、お疲れ様である。

ホントは「万世」のカツサンドを想定していたのだが、発見できずに買ってきた
のがコレ。おおっ、「まい泉」じゃないか。万世と二分する人気のカツサンドら
しいが食べるのは初めて。そんなこと知らないのに選んだ母によると「まい泉は
大江戸展で井筒屋とかにもくるから。カツサンドは見かけないけどねぇ」と。
流石だ(笑)その上、新進の「男の味 とんかつサンド」まで・・・

「まい泉」はロースの万世に対してあっさりしたヒレカツで、びっくりするほど
柔らかく、とても上品な肉だ。ソースがケチャップの味?がやや強くかなり甘め
で、あっさりのカツにアクセントをつけている。「男の・・・」対してはロース
カツ。肉がぶ厚い!しかし脂っこい感じもなく、タレはまさにソース味って感じ
で甘さはそれほど感じない、素朴というかシンプルなもの。どちらもおいしい。

舟和の芋ようかんは本館に続き2回目の登場。羊羹というよりは「いも!」って
いう感じで、甘さも適度。お気に入りなのでこれまたおいしくいただきました。

感謝!

(追記)男の・・・は、築地のまぐろカツサンドと悩んだらしいが、うーん、こ
れも良さそうだなぁ(笑)


↑このページのトップヘ