北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: 旅行・レジャー

日本本土、いわゆる四島の内、九州(笑)、本州(ここも、ある意味生活圏かな。ただし、西日
本と名古屋と東京以外は行った事がないけれど)、北海道には足を踏み入れたことがある。
残る「未踏の地」である四国へ。
本来は、駆け足での四国1周を目論んでいたが、宿の確保や限られた時間での無理なスケジ
ュールとなることを考慮して、最大の目的である香川の「うどん」と、通過ばかりして寄ったこと
がない「岡山市」、30数年ぶりの倉敷を軸に計画立て。
 
b07b4c16.jpg

 
当初は、深夜に通過予定の、瀬戸大橋。出発後に急遽、思いついて福山SAで時間調整。
朝6時前に、この景色に会えました。もう10分も待てば、JR電車も見えたのですが・・・最初の
うどんの方に気が早ってしまって。なるべくなら並びたくないですしね(笑)結果的には、見ても
良かったのが悔いが残ります。いつか、JRに乗って渡ってみたいですな。
 
こんぴらで見かけた、タクシー。流石の「うどん県」ですなぁ。
 
4d618fbe.jpg



3月の目的地は、コチラ
まずは「てつのくじら館」
8351bad0.jpg

1a4d4b69.jpg

海から近いとは言え、この実物の潜水艦を運搬据付したのかと思うと圧倒される。
北九州発祥の運輸会社「山九」の仕事だとテレビで見た。
 
次はお隣の「大和ミュージアム」へ
abc71e9b.jpg

ed125728.jpg

戦艦「陸奥」の主砲 
 
55681c41.jpg

c07682fc.jpg

 
大和の1/10模型
ad8ed70c.jpg

1c0a62de.jpg

8db8dee4.jpg

bd22b07c.jpg

192ca5df.jpg

 
零式艦上戦闘機62型(琵琶湖に不時着したものを復元)
実物のゼロ戦見たのは初めて・・・よくプラモ作ったものだ。
 
技術の面からの展示が多いけど、ちゃんと、戦争の悲惨さを伝えるコーナーもあり、社会見学
としては、良かったかなー。朝、広島駅で時間がかなりあって、まずは「原爆資料館」に立ち寄
る手もあったのだが、3月いっぱい、見学スペースが改装のためエリアが随分と少ないから見
送りに。その点で、気になっていたけど、杞憂だったかな。
 
広島駅で夕食のお好み焼を食べても時間が余って、広島城まで徒歩で。時間的に中に入れ
ないことは解っていたけど(前に入ったことがある)子どもの希望で。
 

帰りは、路面電車。信号が多いし若干迂回するので、歩いてもあまり変わらなかったか・・・(笑)
0c92b8de.jpg

 

今日は両親と。
35b97fcd.jpg


80cda84a.jpg


2f9f3a15.jpg



披露宴会場から・・・
まずは、これ、なーんだ?
 
58de54ab.jpg

 
最初、ピンとこなくて。高い位置からみてるので、そんなに広くも見えないから・・・
カープの元本拠地「広島市民球場」の跡地でした。
 
「広島城天守閣」
1ee71736.jpg

 
足場で囲まれた「原爆ドーム」 4月には外れるようです。
3a135574.jpg

 
3月訪問は、後日
 

生憎の雨天だけど、ちょいと足を伸ばして、新世界へ。
 
11ab6591.jpg

 
「ふたりっ子」舞台の雰囲気そのまま、将棋の寄り合いがあるアーケードを抜けると・・・
(何時の間に串カツがこんなにブームになってるの?っていうぐらい、どこもすごい行列。
前に来た時は、行列なんてなかったのに・・・)
 
e2f7f96b.jpg

 
通天閣、づぼらやというお馴染みの景色。以前、づぼらやは本店と別館にお邪魔したことがあり
ます。てっちりは食べてません。ふぐうどんとか、フライとか、コロッケとかいただきました。
そのころは、個人的にも、串かつより「づぼらや」でしたね。
 
新世界のお目当ては、こちら。
 
9d97739e.jpg

 
小倉にはアレンジボールがあるとかあったとか聞いているがスマートボールはないのよね。
幼稚園時代に、三萩野の陸橋近くにあって父と何度か出かけたあとは、新世界で、のみ。
2001年ごろまでは、子どもも入場できたので一緒に楽しんでいたのだが、その後のパチンコ
規制強化で、入れなくなり、前を通っているのに入れなくて悔しい思いを。今回は一人なので
存分に・・・といっても短時間だけど。そして、実は4回目(笑)
 
39ab3008.jpg

 
 
 
台の横に100円玉を入れると、盤面ガラス上を玉が転がってきます。
 

 
下(手前)の溝に玉が落ち、自動給玉。はじくのは、もちろん「手動」。
これねー、イマドキのパチンコのようにレバーひねるのに馴れてる人は難しいかもね。
微妙な力加減で狙いを定めて弾く。昔は小学生低学年まではパチンコ屋に親や叔父さんと
入って(一応、18歳未満はお断りと書いていたが黙認されてたね。古きよき時代)手動パチン
コ経験済みの私。パチンコの受皿ができたのが小学生、幼稚園のころは、1個1個、穴に玉を
入れていた(汗)イマドキのパチンコは良く知らないけど、こういうのは得意かも。
・・・台は何種類?かあるが、この日座った台はオレンジの「15」に入ると4つの赤の「15」の蓋
が一斉に開き、そこに玉が入ると15個が盤面を滑ってきます。緑の「5」は紫の蓋が開きます。
 
1f45e552.jpg

 
玉が溜まったら、見えません(笑)受け皿に入れます。一皿50個入ります。
 
d967bdbd.jpg

 
これはちょうど赤の「15」が2つ(あとの2つはすでに命中)開いているところ。
 

 
50c11513.jpg

 
ええ、あっという間に、この通りでして・・・(笑) さすがの化石人です(汗)
ここでは現金に換金するなんて野暮なことは、できません。お菓子やぬいぐるみと交換です。
その意味ではゲーセンとなんら変わりないのに、景品交換するから、パチンコと同じ規制を
受けて子どもが入れないんですよね。なんか、納得いかない。。。。
 
7e67d7e1.jpg

2f1b37ae.jpg

 
景品は、こんな感じで並んでいます。
本日の収穫(笑)この日の投資金額300円。もちろん「大勝利」です(爆)
なぜかこれまで4戦3勝と、やたら相性いいんですが・・・
 
c9cf3eba.jpg

 
ここには入れない、子どもへ良いお土産と土産話ができました。
台は古いし、いつまで、できるのかな。子どもが入れる年齢になるまで続いていたらいいなぁ。

「なんば花月」(NGK)、何回目だろう・・・
 
今年は大阪行きがギリギリになって決まったため、チケットが取れなく断念。
昨年は、しっかりネット予約。金龍ラーメンの日記にも書いたけど、以前はね、予約制がなく
当日券だけだったので、早朝から頑張って並んだものだ。当時、子どもは小さくてほとんど
憶えてないと言うから、それなりに高い金額だけど奮発して見に行くことに。前は膝上観劇
でタダだったのにねぇ。
 
予約の時も、わりとゆっくり確保したのに、列は、まさかの5列目。
並んでた当時からは考えられない・・・
 
ということで、これは昨年の話になります。
舞台から近いし、前の列にたまたま子どもが少なかったためか、「大木こだま・ひびき」
から「ねー、お嬢ちゃん」と振られたり。娘、固まってたけど(苦笑)
 
前説は マドンナ
ここまでは撮影OKとのことで、遠慮なく。
 
0753a0b2.jpg

 
17a1eb39.jpg

近いでしょ(汗)スマホで撮ってます。
 
フルーツポンチ
もう中学生
ティーアップ
桂小枝(この直後、例の騒動が・・・汗)
大木こだま・ひびき
笑福亭二鶴
中田カウス・ボタン
 
幕間 ヘンダーソン
 
よしもと新喜劇「スチ子の恋愛病棟24時」
 
今回のよしもと新喜劇公演は、テレビで放映されるとアナウンス。言うことで楽しみに待って
いたものの、九州RKBの日曜深夜枠、なんと、8ヶ月遅れで放映(苦笑)
しかも、カットされた場面が、多い(汗)スポンサーの絡みで、見ていてこれは無理かな、と
いうのはあったけど、ヤッパリ、生で見るのが一番。
子どもも大満足で、また行きたいと(汗)
 
前は、連休といえば桂三枝が登場し、中川家や、今いくよ・くるよも見たなぁ。
高いけど、一度はご覧あれ。

(9月22日)
 
昨年は雨中強行(http://blogs.yahoo.co.jp/beyan39/33693131.html)となった、中学生息子の
体育大会。
朝は雲が多くて怪しい雰囲気だったが、ごらんのような晴天に。
中学生最後の体育大会だから、良かった。
 
94646e26.jpg

 
恒例の卵焼き。今年は揚げ物担当から外れたので、場所取りと卵焼きだけの仕事だったが、
昨年同様、見た目の出来はイマイチ。味は、砂糖を気持ち減らしたが、これは正解だった。
 
a3680bac.jpg

 
息子は今年までだけど、来年は娘が。場所取りと卵焼き作りとしばらく続きそう。。。
いままで、あえて、入れてなかった葱も、そろそろ、いいかもね。
 
昨日、親父と19キロ歩いたとは思えないくらいに元気だったのも、良かった(違)

↑このページのトップヘ