北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市八幡東区

八幡東区「溝上酒造」蔵開き。行けるかなぁ・・・「松助」前にて。
イメージ 1

忙中閑あり
f6910604.jpg


225780a8.jpg



八幡東区中央。レインボープラザ、銀行や郵便局がある目抜き通り(昔の電車通り)に
ある資さん中央町店。戸畑で創業した資さんが、2店目としてオープンし、その後の資さ
ん発展の足がかりになったとも聞いたことがある。この界隈のランチ店を、ほぼ行き切っ
てから、ようやく久しぶりに訪問したのが年明けすぐの1月4日。こちらには昔から何度も
行ったことがあるのと、チェーンだから、というのもあったんだけどね。後回しになって。

7cdf3cc6.jpg


正月の暴飲暴食が祟った仕事始め。うどん食べたかったし(笑)
リニューアルしたかき揚げ天も気になるが定番のゴボ天うどん(420円)を。

b0ab9f62.jpg




うどんを一口啜って、驚いた。え、めちゃ旨いやん。麺はもっちり弾力感がしっかりある。
柔すぎて・・・なんて感じは皆無。出汁の香りも良い。ごぼう天も油っこくなくて、良い感じ。
「資さん」は店舗や時間帯(仕込み・作り手)により、かなりの違いがあるのだが、最近で
は新規開店期の西小倉店(今は・・・だけど)や、かつての中原店(現・新池店)という、資
さんの「名店」以来、新年早々、良いうどんに当たったなぁ、と、すっかり感激すると共に、
ありゃー、この数か月間スルーしたのが実に惜しい・・・

ということで、その日の仕事帰りに、また立ち寄ってみた(笑)
昼間、厨房でうどんを作っていたお兄さんが接客に回っていて、別の女性が作っていた。
流石に昼と同じものは注文したくないから、ぶっかけうどん(冷)470円を。かつて・・・
ぶっかけうどん単一メニューで、2007年当時の資さん全店舗を食べ比べたことがあった
が(笑)私の一つのモノサシとして、今でも初店舗ではぶっかけ食べている。

ca78f9a2.jpg




昼間ほどじゃないけど、麺のくにゅん感がある、旨い麺だ。ゴボウ天も旨いし。かけダレ
の香りはまずます。その日の当たりハズレはあるのだろうが、なかなか良いなぁ。
と、仕事先で話していたら、昔ほどじゃないとか、夜行ったらヤワヤワだったという声も。
ということは、何度かウオッチせねば。

2日後の昼
かき揚げ天うどん 500円
63e086ce.jpg


30ecf8a2.jpg

48dc8970.jpg


うどんの厨房には、2日前のお兄さん。天ぷらは、別の方かもしれない。やはり、うどんが
旨い。かき揚げ天は、リニューアルして初めてだったが、かつてのむき海老天との融合ら
しい。しかも、揚げ具合が抜群で、これ、ハマりそうだ。
(と、この翌日、別店舗で食べてみたのだが、イマイチだったが)

10日後の昼
またも、かき揚げ天。この前日、またもや別店舗で食べている。

b7dac420.jpg


この日は、別のお兄さん。いや、それでも、なかななか旨い。昨日の店舗より、間違いな
く良いし。まだ、ハズレがない。天ぷらは、あのお兄さんみたい。ちょっと油切れは良くな
いが、やはり旨いね。ただ・・・かき揚げ天と言って、海老天(確かに、かき揚状なんだけ
ど)ですか?と聞き返されたのは、他店含めて初めて。ポスター指差し、あれね~と。
それと、ここはなぜか塩の備え付けがない。別店2店舗は、いずれも小倉の店だったが、
卓上にアジシオが備え付けられていて。この店の天ぷらの揚がり具合は資さんらしから
ぬカラッと感がある。なので、うどんに投入せずに味わいたくなるのだ。そこで、ホールの
おばちゃんに言ったら、ない、と。仕方なく食べていたら、持ってきたよ。しかも無造作にね。
さっきの注文の時と同じおばちゃんだったけど。この店の唯一の不満点かも。

さらに2日後の夜(笑)だいぶ飲んで食べた後のシメに。
4d5b6859.jpg


悪くはないけど、ずば抜け感はない。この日は標準的な「資さん」のうどんかと思う。
塩は、快く出してくれた(笑)

ちょいと開いて、2月に入った夜。前日に、突然の閉店発表。昨年12月13日から、火曜日
が定休となって驚いたのだが、まさかの閉店が決まったようだ。
8a961616.jpg

この日も、まあまあ・・・
閉店まで、あと2週間。ちょいとヘビロテしようかな。いろんなメニューも試しておきたいし。
しかしねぇ、こちら、大外れが今のとこないし、ずば抜けて旨い日もある。
閉店は、残念だなぁ。

北九州市八幡東区中央2-2-15 /定休・火曜 /9:00-25:00

昨年末に「定休日」を設けたことが話題?になったばかりなのに、ちょいと驚きの発表
が9日木曜に。平成29年2月26日に、中央町店が閉店となります。

23bc1434.jpg


近くに資さんの新店舗が出来たとか、そんなでもなくての閉店。
お昼時とか結構な賑わいだったのにね~。
由緒ある、2号店と聞く。創業者が亡くなってから、経営方針が変わったのと無縁ではある
まい。噂もチラホラ聞くし福岡地区への積極的な出店とか、いろんな事情があるのだろう。
そーいや小倉には、次々新店が出来た印象。かつての賑わいは無くなったと言え、この界
隈にとっては、衝撃的なことじゃないかと思う。

08db557f.jpg


八幡東区には到津店(到津店だけど、八幡東区)のみとなり、あとは八幡西区の桃園・陣
山店が近いことになるのかな。最近、特にお昼はクオリティが高いうどんを提供していたの
で残念だ~。

八幡東区中央二丁目。こちらも、大通り沿いの「資さんうどん」から入って最初の角(先
日、紹介した「いけ田」の角)のビルの一角になるが、角から右に少し進んだところにあ
る店。夜は小料理(バー的な)居酒屋のようだが、昼間もランチ営業している。

ae5f2396.jpg


店内はL字カウンター席が8席ほど。別に個室的な座敷席が左手にあるようだ。
女将さんお一人でやってるようだ。
ebe0b27d.jpg


ランチメニューは、「さくら弁当」700円 1種類のみ。
d5e8a1c9.jpg

さくら弁当
1fdfbdc1.jpg


まず最初に登場したのが、細長い皿に盛りつけられた惣菜類。まさか一人分とは思え
ず、お好きにお取りくださいの趣旨?かと躊躇したが、間違いなく1人分で。小松菜、椎
茸、ほうれん草、大根、こんにゃく、糸こんにゃく、切り干し大根、ネギ、ちりめん煮、ニラ、
ひじき、パプリカ、キュウリが1口分ずつ盛られ。ついで、薄味の玉子焼きと厚揚げとコン
ニャクの煮物の小鉢が各1。味噌汁はワカメと玉ねぎがタップリ。ご飯の量を聞かれて普
通をお願いする。さらに何かしら調理していたものが皿に乗ってきて。最初、なんだか判
らなかったが、大きな肉厚のシイタケ裏に鶏ひき肉と野菜合わせて焼いたもの、鶏肉と大
葉のミニフライが登場。
5831cc91.jpg

abd6dad4.jpg

b261dec8.jpg

161f0616.jpg


おかず1つ1つの量は少ないが、種類が、すごく多い。繊維分が多く、すごくヘルシー。
味付けも濃くはなくて、素材の味を損ねていない。すごく満足な「弁当」。ここも、おす
すめです。

北九州市八幡東区中央2-7-5 /定休・日、祝日 /P・なし

八幡東区中央三丁目。「きちゃりー通り」と名付けられた道沿いに、数店の食事処、飲
み処が軒を連ねる。飲食群の、一番東、小倉寄りにある居酒屋だが、ここもランチ営業
をしている。
f21b18c7.jpg


2階もあるようだが、ランチではもっぱら1階のみ。カウンター席と4人掛け、6人掛けの
テーブルがあり、割と広い。店名から、何気に若い経営者を想起していたのだが、こま
めにt緑茶を継ぎ足してくれるホールの女性も厨房の男性も、わりと年配。そのためか、
妙に落ち着ける雰囲気がある。
32f05091.jpg


ランチは、600円。日替りの内容は、店舗前に出されたホワイトボードで確認。カレー
含めて、魚系と肉系の、概ね3種類程度あるが、カレーは仕込み中でないことも。
以下、それぞれ別の日のレポ。

ビーフカレー
かなり、サラッとしたルー。一口目の辛さはさほどないが、だんだんスパイスが効いて
くる。概ね中辛程度で味の厚みも感じられる。ポテサラ付き。
00da01d8.jpg


738b7b13.jpg


aa07b5ba.jpg


唐揚げ定食 
片栗系の衣でカリッとした唐揚げは、ニンニクが少し効いたジューシーなもも肉。茄子の
照り焼きとがめ煮が少々、マカロニサラダ。ボリュームしっかり。
b980deb7.jpg


a681e632.jpg


0fd9f569.jpg


ぐちの煮付定食
魚系も狙っていて、焼魚の日もあるようだったが、煮魚を食べてみたかった。やや濃口
と感じる向きもあるかもだが、煮付けは濃いめの方がご飯のおかずにはちょうど良い。
魚も大き目だし、レンコンきんぴらとひじきの和え物にポテサラ。バランスよいボリューム
で満足。
2bc1ed31.jpg


b9076264.jpg


63b52547.jpg


600円で満足感が高いランチ。これからもちょくちょくお邪魔しようと思う。

北九州市八幡東区中央3-4-15 /定休・日曜祝日 /P・なし


八幡東区中央。中央区商店街アーケードの文具店脇の細い路地を、芳賀ビル方向に
抜ける途中、ビルの1階にある店。電話帳などの括りでは、スナックとなっているが、カ
ラオケがあるわけでもなく、行燈看板に「地酒」と小さくあるように、女将さんの作る料
理を日本酒なんか煽りつつ、といった感じの小料理店。昼間はランチをやっている。

6a4198a2.jpg


店内はL字カウンター8席のみ。壁の額に「30周年記念」とあるが、いつのものだろうか?
歴史が長そうな店ではある。
入口左側の壁ぎわに、炊飯ジャーと茶碗があるので、ご飯は自分で好きなだけ盛って、
着席するルール。ただし、イスの後ろに余裕はなく、移動し難いので1回で決めたい(謎)



ランチは、日替わりのお昼定食1種類のみ。月曜から金曜の11:30-14:00となっていて、
700円。旬の野菜を使ったヘルシーな一汁三菜の定食と、きまぐれに時々、カレー500円
の日もあるようだ。

ある日の昼定食。
e9d1d27f.jpg


小鉢は大根と揚げの煮物。あったかくてよく味が染みていた。皿には、小松菜といりこと
人参の炒め物、ひじきの玉子とじ。椀はシチューだった。鶏肉、ニンジン、ブロッコリー、
カリフラワー、玉ねぎ、ジャガイモ、コーン。なるほど、野菜がすごくタップリだ。全体的に
薄味で、さらにヘルシー感が。

別の日 メインは、納豆のかき揚げ。苦手な人でも、大量の納豆を食べれそう。
0314fcc4.jpg


お店に入ってみなけりゃ、内容はわからないが、女将のセンスで、気まぐれ、きままに
作られた、野菜たっぷり創作料理の定食。定期的に覗いてみよう。

北九州市八幡東区中央2-17-8 /ランチは月~金 /P・なし

↑このページのトップヘ