北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市八幡東区

歩いて帰る前に、ちょいとエネルギー補給
となりのゑびす屋の店先で、学校帰りの女子や子どもがカキ氷食べている。
結構な人数がわらわらと。
最近、あまり見かけない懐かしい光景。
 
7a1536e0.jpg

 
いろいろ情報を見ていたが・・・
いちげんさんにはイマイチだとか。でもね、ちゃんと挨拶したら普通に返してくれたし
まあ、平日の夕方なのでゆっくりしているのもあるのかな。
 
個人的に基本と思っている豚玉450円なり。
注文してしばし待つ。薄く延ばしているので、そんなにまで待たずに済む。
f0129252.jpg



 
もやしが入るんだぁ。食堂系のお好み焼きがこんな感じだったね。
ソースは聞かれてから、辛口で、と頼んだ。辛口で正解かな。結構甘いソース。
その中に、スパイシーな辛さがある感じ。
 
こちらでは、ヘラとフォークでいただくようです。また、鉄板付きテーブルはあれども、
カウンターが基本のようです。高齢の女将がされているから、当然と言えば当然か。
 
古びた店内、愛想は余りよくない。なるほどね。
でも仕事はきっちりされているし、自分は全く気にならないし、むしろ、また来たくなる
様な、そんな感じのお店でした。
 
あ、飲み物・アルコールの持込自由だそうです。
 

 

今日は八幡で研修。
前回は「みどりや」でパスタを。
これまで「びるでぷらんたん」「春夏秋冬」「よし田」と行っている。
「芭蕉庵」も圏内だけど、生憎と高い蕎麦は私には豚に真珠。よくわからんから。
 
今回は悩んだけど、老舗のこちらに。
ランチメニューが気になるけど、ここの基本はカレーらしいから、素直にカレーセットを。
 
ほのかに香るおしぼりを出してくれる、落ち着いた喫茶店と言う感じ。
 
5a711e25.jpg


45eef765.jpg

 
カレーは、1口目は、まー普通。2口目で酸味があり、3口目になるころに遅れて辛さがやってくる。
さわやかな辛さと言う感じ。この遅れてやってくる辛さが特長なのかな。
オーソドックスではあるけど、変に甘味がなく、さらっとしているのがいい感じ。
ミニサラダにサウザンドレッシングが多めにかかっていたのは、ちょいと・・・だったけど
 
15ce08ef.jpg


平日の正午過ぎと言うのに、お客は私一人。
まー、でも、この日はあの「みどりや」も駐車場ガラ空きだったし、そんな日もあるのかな。
店員さんの応対がすごくいい。すがすがしいというかハキハキしてるというか。お冷も(まあ、
私一人と言うこともあるが)割りと見えにくい位置に陣取ったのに、タイミングよく注いでくれる。
非常に心地よい。
 
今日は少ない昼休みでの利用だったので、時間があるときにゆっくり来たいなぁ。
 





(平成22年7月16日)
「よし田」を食べた日の、仕事帰りに。
先月、駐車場を探してウロウロしていた時に「発見」(?)下調べしてみると、珍竜軒的なテイスト、
らしい。
 
ラーメン550円を。メニューはラーメンと大盛りとおにぎり、ぐらいなのだが。
早速、にんにくの有無を聞かれる。
この手のミルキースープには、にんにくが良く合うので、迷いなく「少し入れてください」
これも、珍竜軒では自分の「お約束」である。
 
あまり期待はしていなかったのだが・・・旨い。ちょっとビックリ。この系統の麺は、表面がツルツル
していて、ために、この麺にスープがいかに絡んでくるか、がポイントだと勝手に考えているが、
濃くもなく、ちょうどいい感じのスープが、ちゃんと麺に絡んでくる。
 
ほぼ毎日、前を通っている、本家・珍竜軒(特に本店)には、もう何年も行ってない。
行くとしたら守恒店、という自分だが、ここの味わいは、好み。
 
なんでも、以前は珍竜軒と称していた、という話を聞いたり、ネットでも見かけたが、自分で確認した
わけではないので、念のため・・・。
 
北九州市八幡東区西本町4-5-21 定休・月?









この日も八幡東区で仕事。
 
前回の「芭蕉庵」同様、同期と昼食。なんでも、同期曰く、「ここは以前、黒崎の夜の街で(つまり飲んだ後
の締め的な位置づけ)営業していて、こちらに移転後は、やや高級志向でお昼中心(11時開店・20時閉店
になった。」らしい。
 
自分は、天ざるそば(980円)、同期はざるとろそば(880円)の大盛(+150円)
 
ふむふむ・・・白っぽい、外皮を引いてない蕎麦かぁ。どちらかというと濃い色の方が好みであるが、
これは単に色合いの好み、ということ。この蕎麦が、10割かどうかなんてわからないし、ホントに相変わらず
の「蕎麦音痴」である(苦笑)うまく説明できないが、きりっと冷されて固め蕎麦の食感が好み。
 
言えるのは・・・私は「芭蕉庵」より、ほんの少し庶民的(安いとはいえないが)である、こちらのお店の方が
好みかもね。なんとなく量的にも多いような・・・??
 
会計をしようと思ったら女将が蕎麦湯を持ってきた(笑)
さらりとした、まさに「湯」。これまた、芭蕉庵のそれとは対照的。
 
北九州市八幡東区西本町4-13-19 (レッドキャベツ近く)
定休・火曜日 P・なし(と、思う)
 





撮影用の携帯を忘れて同期のご協力で掲載。

基本、蕎麦音痴なので「豚に真珠」なんだけど、まあ、今日ぐらいはプチ贅沢に。
訪問3回目にして初の大台(と言っても1000円)超え(笑)
私は「海老おろし」。同期は「食べ比べ」(画像は粗挽きが写ってないです)。
いずれも1300円なり。
 
感想・・・混ざり物があった方が、嗜好にあうかなぁ(苦笑)
蕎麦音痴には、もったいないことは、確かです。はい。









※画像にはないけれど、パンまたはライスが付きます。
 
今日は仕事で八幡。
コインパークに車を置いていたので、荷物を置きに戻ると、ふと見るとそこにお店が。
噂には聞いていたけど、こんなトコにあったのね(^_^;)
日替わりランチの立看板で興味をそそられて、入店。テーブルは7割方埋まっていた。
さらに2階にも客席があるみたい。
リセット誌にも出てるけれど、ビーフシチューが「ウリ」のお店らしいから、デミを期待して
日替ではなくランチアラカルトの中から、ハンバーグを。
(他には、オムライス、メンチカツ、白身フライ、クリームコロッケとある。)
先に上がってきた他のお客のオムライスが美味しそう・・・
 
パスタランチやピザランチ、ビーフカレー。後で気がついたが、ビーフシチューもランチに
ラインナップしていた。
 
さて、ハンバーグ。結構大きい。ふんわりやわらかく、ジューシー。
もうすこし歯ごたえがあっても、と思うくらいにやわらかい。最初、ライスをオーダーしていたが
パンに変更して正解だった。このソースにはパンが合う。ハンバーグの下にデミソースにまみれた
パスタが少し。ふむふむ、結構なお味だ。パスタも気になるなぁ。
 
あと何回かこのあたりに来るから、楽しみ(^_^)v

ランチ・アラカルト(ハンバーグ)950円
日替わりランチ800円から



ハシゴ(笑)昼から眠いかな(^^;)


↑このページのトップヘ