北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)北九州市八幡東区



今日は訳あって八幡でウロウロ(笑)






田舎(750円)

実は初めて訪問。
お店が2つの通りに面してるとは知らなかった(^^;)この画像の入口しか知らなくて。

さて、もはや有名店ですね。
私は、蕎麦の香り、甘味とか全くわからない人。どちらかというと喉越しと食感だけ
で、当然、ダシも濃い目の方がいい。。。つまり蕎麦のことは何にもわかってない。
だから、特に高目の値段設定の蕎麦は、あまり食べない。そう、自分みたいな「蕎麦
音痴」(蕎麦だけじゃないけど・笑)には、まさに「豚に真珠」かも。
じゃあ、なんで来たのかと言えば、今日は近くで試験がある。このチャンスを逃すと
またいつ来るかもわからない(笑)→子供には勿体無い(笑)
いや、香りとか蕎麦の真髄が味わえるという評判のこちらなら自分もなんらかの糸口が
見えるかもしれない・・と。

開店直後、もう福岡、大分、長崎ナンバーの車が(^^;)注文した後、金土だけの「粗引」に
気がついた(笑)丸天が今日3杯だけとか。これってたまたま?それとも希少価値?

冷たくキュンと締められた蕎麦。
この「田舎」には「蕎麦」を味わってもらうためにと、ワザワザ塩が付いて来る。
添えられてくる説明書き通りに、塩をちょんと付けモグモグ、うーん、冷たいのはわかる
(爆)味は?・・・ヤッパリよくわからん(悲)

つけ汁は出汁が良く効いて、旨かった。それと喉越しも、固さもいい感じ(オイ)
そば粉を溶いて作るという蕎麦湯を飲んで、ようやく蕎麦の香りが。。。そう、蕎麦饅頭
の香り。そうか、冷たいから、さらにわかりにくいのかも?・・・次回は暖かい蕎麦を食
べてみよう。

なお、こちらをもってしても蕎麦というものが判らなかった。蕎麦に関して「貧乏舌宣言」
出しておこう(苦笑)

<データ>北九州市八幡東区尾倉2-7-10 /P・あり /定休・日祝日
<メモ>今回・B /リピート・B /訪問履歴・初回 /子供連れ・○


051224_125501子供が初めてのスキー教室に出かけるので、こまごまとした用品を買いに枝光のスポーツ店へ。余談だが、スキーに数多く行くなら、絶対に自家用車がいいと思う。確かにツアーで眠れるのはありがたいけど、出費と自由度は比較にならない。今回も結構な出費であった。しかし、何事も基本をシッカリ抑えないと上手くならない。たぶん、何回もスキーに行っても上達しない自分などは、この部分が欠けているからだと思う。

051224_125701さて、ココまで来たなら、やはり桃園に行かねば。前回、薄味指定せず、塩辛かった。しかしそれでも旨さを感じたのだから、期待大である。今回は家族総出なので、ワンタンメン、中華丼、チャンポンを薄味で注文。初めに中華丼の量にびっくり。あんに隠れてご飯がシッカリ入っている。高級具材はさすがに入ってないけれど、野菜の量はシッカリ。チャンポンの方は太麺を頼んでみた。やはり薄味正解。麺はチョットヤワ目でダンゴになりかかっていたが、こちらも野菜シッカリで、具材の旨みをシッカリ受け止めたアッサリスープが○。そして、ワンタンメン。チャンポンとは違い素のスープだが、旨い!アッサリなのだが、主張しないくらいのコクと、旨みがある。ワンタンが、なかなか特長がある。生姜を効かせたワンタンが一般的だと思うが、ココのは、キャベツがシッカリ入った野菜入り。今日、食べた中でワンタンメンが一番高いのだが、この値段。家族で行って、お腹一杯になって、安い。今日も締めて1470円。近くにあればもっと頻繁に行くだろうなあ。

桃園  チャンポン 450円  中華丼 500円  ワンタンメン 520円

<データ>住所など既出  <メモ> 今回・A(かなり旨い) /リピート・Bランク /訪問履歴・2回目 /子供連れ○

051221_182703 年に何回かこちらの方面で仕事がある。確か前回来たのは1年前(笑)やはり日が暮れて寒い夜だった。その時はチャンポン食べたような。小倉の金田にある月天とは、なんらかの関わりがあるようだが、ラーメンはだいぶ違う感じ。

スープはかなり透明感がある。かといって透き通るようなスープではなくやはり分類は九州ラーメンには違いない。10数年前、初めて訪れた際には物足りなく感じたものだが、やはりトシを取ってくると(笑)このような滋味系スープが美味しく感じる。トッピングのもやしもシッカリ盛られているが、薄味に決して水っぽくならずにシャキシャキ感がある。食べやすくて、スルスルと完食した。冷えた体が、一気に温まる。この値段に、満足。

月天@八幡  ラーメン 400円

<データ>北九州市八幡東区川淵町16-1 (到津の森より八幡方面・橋を渡ってすぐの右側) /定休・? /P・なし <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Cランク(→) /訪問履歴・C /子供連れ○(テーブル席 ただし、2つしかない )

051203_141603 ここまで来たのだから、と久しぶりの連食。今のところ八幡東区では一番のお気に入り。でも、新店舗になってようやく4回目の訪問。友人に聞いたトコによると、中央町の八楽と兄弟だという(訂正⇒この情報は誤り。中央町の福龍で習ったそうです)。そこには1度だけしか行ってなくて、今もあるのだろうか?ここの親父さんもダイブ高齢だから。そういえば、今日はお店にいないなあ。世界で3番目の味の店らしい(笑)

元来は、結構塩味が強いタイプ。今日は、桃園効果なのか(笑)そんなに感じなくて、旨い。アッサリだが、塩味をうまく活かしてコクをだし、しばらく旨みが口の中に残る感じのスープ。他のお客は皆チャンポン食べてた。しばらく食べていないなあ。次回は・・・と思っていても、たまにしか行かないから、ついラーメンを頼んでしまう(笑)脂身の少ない固めチャーシューも好み。麺がヤワヤワなのが少しマイナス。

福楽 ラーメン 420円

<データ>北九州市八幡東区大蔵2丁目11-3 (大蔵川沿いのスピナ裏手) /定休・木曜 /P・なし <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Bランク(→) /訪問履歴・B /子供連れ△(カウンターのみ、ちゃんと座れるようなお子様なら ○)

051203_131902_thumb1 子供から誕生日プレゼントをせがまれて、今日は一人で買い物。バットが欲しいという。親に似て、野球小僧になってしまう予感(笑)品揃えが多い、スペースワールド近くのスポーツ店に足を伸ばす。そういえば、ブースカさんのブログでよくお見かけしていて、行きたいと思っていたお店。近くじゃないか~。ようやくチャンスが訪れた。いまや名物になった感のある、平塚の明太子・本店のすぐ近くで、案外わかりやすいところにあった。

早速、チャンポンを注文。メニューの下に「太麺あります」・・・悩んだが最初だし、ここはデフォルトでいく。この「最初だし、デフォルト」、後でちょっと後悔した。カナリ塩辛い(笑)それでも、あっさりスープの旨さが感じられるから、これはすごいのでは・・・タイプは違うけど、やはり塩辛い門司のミンズのように、しっかりダシを感じる、そんな一品。家に帰って、ブースカさんのブログ見てたら、ちゃんと薄口でオーダーされている。しっかり見ておかなきゃいけませんね(笑)次回は家族で行って、ラーメンやワンタンメン、太麺チャンポンを薄口で味わってみたい。しかし、この安さ・・・コスパ高いなあ。豚肉、玉ねぎ、人参、もやし、キャベツ、丸天、かまぼこ、きくらげと具も十分。

桃園  チャンポン 450円

<データ>北九州市八幡東区枝光本町6-9 (八幡枝光本町郵便局~平塚明太子・商店街右側) /定休・? /P・なし <メモ> 今回・B(旨い) /リピート・Bランク /訪問履歴・初回 /子供連れ○(テーブル席・子供イスは・・・ないかも)

↑このページのトップヘ