北九州〇(まる)かじり!<新館>

ぼちぼち更新中    since 2005.11.16(renewal OPEN 2019.5.6) 

(略歴・笑)
2005.11.16 niftyココログ「北九州〇(まる)かじり!べーやんの雑記帳」開設。
2006.11.25 yahoo!ブログ<別館>開設。ココログを<本館>と改称。
2019.5.6 ライブドア<新館>開設。yahoo!ブログ廃止のため<別館>を移行・<本館>記事も統合し<本館>を<旧館>に改称。

カテゴリ: (食)福岡・宗像/中間/遠賀郡

八幡西区永犬丸からトンネルを抜けると中間市。そのまま県道を直進、むかーし、ダイ
エーやバンドールがあった場所を過ぎて間もなく左に見えてくる「ちゅるるちゅーら」。
八幡西区(→小倉南区へ移転)と中間店、一度も行ったことがなく。中間に至っては、最
近まで場所も知らなかった(汗)「満月」中間店オープン日に向かう途中で、あれ、ここに
あったんだ・・・。小倉南区長行の店は複数回行ってたし、中間より遥かに近いこともあり。
ところが、その本家本元の大将(巷では偽ヨン様と言われているとか)が居る中間店が、
この19日で閉店するとのことでネット上で最終訪問を、と賑わっている。今の仕事先から
だと、そう遠くもないし、時流?に乗って行ってみようかな、という感じで初訪問。

3be0ceb9.jpg

fd653465.jpg

メニュー・・・
この複雑で多彩なメニューが偶にしか行ってない人間には、やや苦痛で(苦笑)
今回、短期間で2度訪問して、じっくりメニューを眺めて(写真を後から見たのも含め)、
あるいはヘビロテしている方からのFBでの情報とかで、頭の中がかなり整理できた。
縦軸と横軸。縦はスープの種類(配合による5種類でマー油の量が多いか普通かで
+2種類。横はトッピングのバリエーション。
トッピングの必要性を軸に、あとはマー油が得意かどうかを考え、気分でスープを選ぶ。
トンコツオンリー → 濃厚トンコツ(マーユ量により黄・白2種)、あっさりトンコツ
魚介系ブレンド → ブレンド比率により3種(黒・赤・緑)+マーユ多め1種(青=黒と同じ
配合)
創作系 → ベースは「赤」と同じ配合。山芋とチーズのとろーん麺も人気だとか。
1abefe79.jpg


紐解けば、シンプルなラーメンを好む傾向にあるので、煮卵は範疇として横軸の下2列。
チャーシューは寄る年波・・・あまり多くなくても良いので。ただ、あっさりトンコツのチャー
シューは切らずに提供されるので、インスタ映えはしそうだし、炭火であぶって提供される
チャーシューは香ばしく余分な脂が落ちて意外とアッサリで。いつかは食べてみたいかも。

前置き長い💦

ということで、初回は小倉南でも食べたことがない、トンコツ白(トンコツオンリー)を選択。
夕方はよく提供できていないらしく、この日はあるとのことで即決。気分で煮卵入りにして
みた。
16b47890.jpg

4ed56023.jpg

66fe6774.jpg


見た目だけでも泡立ち+濃厚さが伝わるスープ。トローンとした粘度もあり、わ・・・こりゃ
しまったと心の中で叫びつつ~年齢的に、ちょいときつい感じなので~食べすすむ。元
タレが一発目からガツンと口中に広がるタイプなので、この濃いトンコツでも飽きることな
く食べ進めれたのは良かった。スープ自体もただ濃いだけでなく味の深みもあったし。
元タレはデフォよりもやや控え気味の方が食べやすいと思ったし、タレ控えめ・抜き・スー
プを多めとかの細かい注文もOKのようだ。
入店時に、ちょいと戸惑ったので店主は初体験と思ったのだろう・・・少し手が空いた時に
説明してくれた。(一時、小倉南店にも居たと思うのだが)店主と話すのは初めて。魚介ス
ープ(の香り・味)に負けないトンコツスープを目指しているので、かなり濃厚と。アッサリ味
(意外と濃厚らしい)も用意はしているんですが・・・と。あ、なるほど。魚介系ブレンドが真
骨頂なのか?。。。と勝手に受け取った(笑)

2回目・・・アッサリトンコツか、緑か、赤か、チビにして2種類行くかと散々考えつつ訪問。
入口に、「本日トンコツ終了」と貼っていたので、いちばん魚介スープの配合が高い(7割
くらいか?)の「緑」に即決。前回訪問時も、緑の注文が多かったしね。カウンターに座るな
りガラスの向こうの店主から会釈された。あれ、憶えられてるよ。

ecbc58b9.jpg

516951ed.jpg

542deb30.jpg


着丼と同時に、魚介系・・・カツオ?の香り。さすがに魚介分が強そうさ。色は前回の「白」
よりも濃い感じなのだが、スープは真逆。魚介の旨味・風味を残しつつも、ちゃんとトンコツ
が、「俺も居るぜ」という感じで旨味を感じる。注文時にタレ控えめを忘れていて、追加した
ものの間に合わなく、しかし、スープを多めにしてくれた。丁度良い塩梅であったが、魚介
用の元タレをレンゲに数滴入れて味の変化を楽しんだり。刻みゆずの香りも合うし・・・あ、
このスープ、コショウよりも卓上に用意している刻み唐辛子が合いますね。
少し戸惑った前回と違い?ズズッと一気に食べきった。
89cd5483.jpg


実のところ、南店で食べて以降、あまりリピの気分ではなかったのだが、久しぶりに食べた
からか、そこがやはり本家の「ヨン様」の力によるのか、旨いな~と思った。もう閉店まで行く
ことはないだろうが、また、どこかで「ヨン様」の作るラーメンが食べ見たい、そう思った。

福岡県中間市東中間2-3-5 /定休・木曜 /P・あり

国道3号線からJR赤間駅に抜ける道・・・地元の方であれば赤間駅側からの方がはるかに近い
のだが・・・その道沿いにある、日田焼きそばの店。店主さんは、かつて「想夫恋飯塚店」で腕を
振るっていて、他店から研修に来るくらいの評判店だった。私は1度だけお邪魔したことがある
が、それまで食べた福岡・北九州の想夫恋より美味しくいただいたし、小さかった子どもへの配
慮がよくて安心して食べることができた。その店主が、一旦、引退した後、宗像でお店を開いた
という。ちょうど、福岡方面への用事があり、立ち寄ることに。
 
2e33b83c.jpg

 
店内 カウンター数席とテーブル席、小上がり席あり
 
5a49cbf9.jpg

edc69a5f.jpg

f9bdd991.jpg

メニュー
焼きそば780円から・・・高いと思う方も多いと思うが、最近では、中津で食べた「想夫恋」で800
円+税という設定だったから、それよりは若干安め。
 
ed2fdd86.jpg

 
e7b06c17.jpg

 
炭水化物同士とわかっちゃ居るけど、ご飯が欲しくなるので、焼きそばセット900円に。
レモンの入ったピッチャーが置かれる。だいたいが味が濃いので、サッパリ感がある水は
良いよね。
 
4c821392.jpg

 
 
99c4d2da.jpg

 
 
若かりし頃、初めて福岡の井尻にあった「想夫恋」で、美味しいと同僚に連れられ、日田焼きそ
ば食べた時に、キャベツも人参もない、もやしとネギだけで、カリッカリに焼かれた麺に、違和感
あって、安くもないし、何でこれが旨いの?と思ったものだ(笑)馴れとは不思議なもので、その
後、何度か食べていると、受け入れてしまっていた。
 
さて、ぴりっとスパイスの辛口、味は濃い目、もやしはシャッキリ、パリッとした麺。油分は作り方
から多目だが、それがしつこくなく仕上げているのは、流石。ここが技術の差なんだろうなぁ。味
噌汁も旨かった。少し飯塚の時の話をしたら、いろいろ話してくれた。話好きの方なんだなぁ。
子どもには、懐かしい氷菓子のプレゼント。
 
会社関係が少ない場所柄、外食も少なそうな感じだが、頑張ってもらいたいものです。
 
福岡県宗像市田久4-1-15 /定休・水曜 /P・あり
 




今日は父一人(笑)子供連れて福岡ドームへ。道中、食べますよ(o^-')b

まずは黒門です。


↑このページのトップヘ